*All archives* |  *Admin*

Nスペ「ノモンハン」で衝撃だったのは、無謀な作戦で2万人が戦死した責任を軍幹部が誰も取ろうとしなかったこと。現場に転嫁し「すでに靖国に祀ることになって」と説得して自決させたことも。戦後も幹部たちは、自決させた軍人の遺族の真実を知りたがる声にも惚ける。責任を取らない。今の政治と同じ。

Remember311919

RT @kou_1970: 昨夜の「ノモンハン事件」など、このところのNHK・ETV特集は秀作が多い。このような作品群を私は高く評価する。歴史の再検証は重要だ。だがNHKニュースの問題は違う。安倍政権に忖度するNHKニュースは現状を歪めている。いくら歴史を検証しても、それを現代…
08-19 17:10

RT @7pJ0i1W7QqJa35a: 何度も指摘していますが日本の警察は創設以来徹頭徹尾政治警察であるのだが安倍政権の誕生で曲がりなりにも憲法の縛りが効いていたカギが破壊されてその本性が剥き出しになっているのです。安倍が「こんな人達」と市民を敵視する姿勢がそのまま警察に反…
08-19 17:12

RT @Sk49Summerdream: テレビ局が本気で数字取りたいなら、安倍が暴力団に選挙妨害を500万で依頼したのにケチって300万しか渡さなかったから自宅に火炎瓶投げられた話やればいいんですよねぇ?笑#ケチって火炎瓶 https://t.co/mBeIOPQ0s2
08-19 17:15

事の発端は1999年。当時行われた下関市長選挙で、安倍氏の事務所は安倍家とつながりの深い清和会系の候補を当選させるため、暴力団「工藤会」とつながりの深い人物を使い対立候補の誹謗中傷をやらせ、清和会系の候補を当選させることに成功しました。https://t.co/qiDfPsw4vw
08-19 17:31

しかし、安倍事務所側が成功報酬として約束した500万円をケチって、300万円しか支払われなかったため、2000年に報復として工藤会が安倍氏の自宅に火炎瓶が投げ込むという事件が発生します。以上は裁判所の判決文に書かれていることです。https://t.co/0H71Mdbepv
08-19 17:34

RT @hiro_akasaka: Nスペ「ノモンハン」で衝撃だったのは、無謀な作戦で2万人が戦死した責任を軍幹部が誰も取ろうとしなかったこと。現場に転嫁し「すでに靖国に祀ることになって」と説得して自決させたことも。戦後も幹部たちは、自決させた軍人の遺族の真実を知りたがる声にも…
08-19 17:41

目の前のなにげない風景を描いただけで、憲兵に捕まり投獄。そして、小林多喜二の拷問に拠る死等々…。治安維持法の実態!https://t.co/OYlJvfyl6n
08-19 17:48


 
にほんブログ村ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと ジャンル : 日記

米軍との毒ガス戦を想定か。日中戦争や太平洋戦争当時に旧日本海軍が、毒ガス研究のため国内で人体を使って実験していた資料が見つかる。
にほんブログ村ブログランキング




にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



続きを読む

テーマ : みんなに知ってもらいたい ジャンル : 日記

日本人を置き去りにして一番最初に逃げたのは軍だった。残された若い女性はソ連兵に犯され、妊娠したら表ざたにならないよう、ひっそり無理やり国の方針により堕胎させられた。都合の悪い事は隠蔽、国民のことなど二の次。今も昔も日本政府のやることは変わっていない。
Remember311919

RT @asakayuka: 73年目の終戦記念日。2千万人を超えるアジアの人々、3百万人以上の日本人を犠牲にし、兵隊の多くが餓死…この悲惨な戦争は「正義の戦争だ」「日本は勝ってる」など政府の偽りで支えられました。「政府の行為によってふたたび戦争の惨禍がおきないよう」政府のウソ…
08-16 00:05

安倍総理を過度に忖度する人々は、悪いことをしてもお咎めなしで、法を犯しても不起訴になり、加えて大出世することになる。既に日本は独裁国家?https://t.co/OPxkoZnO4K
08-16 17:40

にほんブログ村ブログランキング


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 伝えたいこと ジャンル : 日記

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ