*All archives* |  *Admin*

年金パラサイト疑惑が原因の遺産分割調停が終わる
やっと、夫が申立人遺産分割調停が終わった。
というか、やむなく終わりにした。

結局は故義母が介護老人保健施設に入居
(本人の意思ではなく無理矢理に入れられた)
した時点から義母の預貯金の出し入れをしていた自称成年後見人
を名乗っていた故義姉の夫(遺産分割調停における重要関係人)が、
裁判所からの質問状に対して、最初から最後まで
「何も知らぬ存ぜぬ!」のスタンスを崩さないため、
しかたなく遺産相続調停を終了せざるを得なくなったのである。

夫は更なる真実を知るために審判まで持ち込みたかったらしいが、
弁護士が「ボケ田さん。審判に訴えても、相手の今までの態度からして、
これ以上の真実が明らかになる可能性は限りなくゼロに近いと思われます。
真実を知るために審判に持って行きたい気持ちはわかりますが、
これ以上長引かせるのはあまり意味がないように思います。
それにますます弁護料が増えるだけです。
この辺で折り合いを付けたほうが良いと思いますよ。」
と提案してきた。

夫は母の遺産をもっとくれ!ではなく、
いつも蚊帳の外に置かれていた立ち場としては、
母は本当に幸せな老後だったのか?
という事実を知りたかっただけなのだが、
既に死人に口なし。方や同居していた自称後見人はダンマリを決め込むだけ。
これ以上の真実も事実も引き出せないと判断して、
今回をもって、遺産相続調停の幕を引くことにした。

過去10年の取引履歴から故義母が、
本人が自分で預貯金を引き出して自分のために使ったとは到底考えられない、
と調停委員が認めた使途不明金は合計で○千万円ほどあったが、
相手側の代表として裁判所に来ていた代襲相続人の一人が
「父に訊きましたところ、一つの引き出し項目だけに関しては、
「そのお金は使っちゃいました」と認めていますが、
他の引き出し項目については全く知らないと言っています。
父が使ってしまったウン百万円だけは私がすぐ返します。」
ということになった。

無断借用を認めた一つの引き出し項目だけは弁済してもらうが、
頑として認めない他の引き出し額(横領分)は、
返済する気などまったくないと判断して、不問とすることにした。
そして、その弁済分の○百万円を遺産総額に組み入れ、
法定相続人全員で法定分で分けることにした。


「私は嫁に行った立場だから」と言いつつも、
生前の母を訊ねては、子どもの大学入学準備金だとか、
その他諸々の御祝い金、また、おねだりをして
百万単位の金額を貰っていた3人の姉たちは
遺産争族調停中には特別受益として、
自分たちの相続分から差し引かれるのではないか?
と戦々恐々としていたようだが、
夫はそのお金は生前の母の気持ちから出たお祝金として、
遺産争族の再燃と今後の姉弟間のわだかまりを避けるために、
特別受益としては繰り入れないことにした。
ただ弁護料だけは夫とその姉三人で負担することに同意してもらった。

故義母名義の土地については、
自称後見人を名乗っていた代襲相続人である二人の娘の内の一人が、
年金パラサイト父がそこに建っている家に住み続けてもらうために、
代償分割を申し出て来たので代襲相続人が相続することになった。

結果、今回の遺産分割調停で一番得をしたのは
故義父母と同居していた故義姉とその夫
(一番事情を知っていて年金パラサイトをしていた人物)
代襲相続人である故義姉の子ども二人だけであった。

という思いが拭い切れないが、世間でもそんなものなのだろうか。


夫は長姉が亡くなったときに、嫌でも代襲相続人になる長姉の二人の娘と
3人の姉たちに高齢の母が亡くなったときのことを話合っておきたい。
と声をかけたが、忙しいから・・の理由で全員に断られた。
という経由がある。

老親名義の土地に中高年の子ども(またはその配偶者)が
自分名義で家を建てるときは、
法定相続人が一人ならば何も問題は起きないが、
兄弟姉妹がいる場合は、親が亡くなった場合のことや
代襲相続人が発生した場合の相続のことまでを想定し、
そんなこと縁起が悪い!などと言わずに、
第一順位の法定相続人になり得る人たちが納得するまで徹底的に話合って、
署名捺印した同意書を残しておくべきだわね。


夫と一緒に常に調停に同行した隣の町に住む3番目の姉は、
「もう実家も無くなったことだし、
二度と、あんなに遠い故郷にも墓参にも行くことはないわ・・。」と言う。
かくして、夫も実家を失い、還りたいときに還ることのできる故郷も失い、
故長姉の家族との縁も切れた。
そして、故義父母の遺骨だけが今も故郷のお寺で
目覚めることのない永遠の眠りについている。

故郷の風の匂ひよ父母(ちちはは)よ 手をのべたくももう届かない
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : ひとりごとのようなもの ジャンル : 日記

tag : 申立人 遺産分割調停 成年後見人 法定相続人 特別受益 代襲相続人

年金パラサイト疑惑の遺産争族調停が佳境に・・

先日、今年に入って初めての遺産争族調停があった。

故義母の動産の生前の変遷状況は
死亡時から遡って過去10年前までの取引履歴と、
故人(義母)の日記からしか判断できないのだが、
特に重要な証拠(預かり預金として預けた人物と金額)
の書いてある日記が抜き取られていたり、
またその部分だけが破り取られており、
最も事情を把握している故長姉の夫が沈黙を貫いているので、
義母の動産遺産の総額算定が出来ないでいる。

そして、ここにきて、代襲相続人である故長姉の長女が、
「祖母名義の土地を、無償で私に相続させて欲しい。」
と弁護士に言って来ている。

○○子(故長姉)への手紙と称して、土地の権利証を、
○○子(故長姉)へ譲ると書いてあった遺言書もどきがあるが、
故義母が生きているときに故長姉から、
無理やりに書かせられた可能性も否定できない。
それに、既に開封されていて、また遺言書の体を為してはいないので
裁判所の検印を受けるまでもないのだが、
その手紙を盾に、代襲相続人が祖母と母の気持ちを汲んで欲しいと、
切々と訴えているそうな。

相手側は自分たちに都合のいい証拠だけを出しては来るが、
肝心要の故義母の預かり預金については、
依然として知らぬ存ぜぬ!を決め込んでいる。

しかし、調停委員も弁護士も情では動かない。


故義母名義の土地については、
その土地に家を建てて住んでいる義兄(70代)が一人暮らしをしている。
彼の娘3人は皆嫁いでおり、酒好きでギャンブル好きで、
すぐ怒鳴る父を自分の家へ引き取る気持ちなどはさらさらない。

祖母から預かった預かり預金についても、たまたまバレた時点で、
「全部使ってしまって一円も無い。」
と平気で言うような父親との同居は第三者の私でも嫌だろうな・・と思う。


我が夫と姉たちVS○○家の対立という構図の遺産争族調停に、
○○家代表として、たまたま数時間で行き来の出来る場所に
住んでいるからという理由だけで、
たった一人だけで調停に出向いてくる代襲相続人(故長姉の長女)は、
「父は今のままで、今の家に死ぬまでいて欲しいのです。」
と弁護士に言ったそうである。

我が夫が土地を代償分割で相続して、
借地代を取る案も弁護士から提示されたが、
故義母からの預かり預金の総額も明確にせず、
明らかになった預かり預金のすべてを使い道も言わずに、
全部使ってしまいました。
と、しゃあしゃあと言うような故長姉の夫にはもう関わりたくもない。
ということで、土地は姉たちと相談の上、
代襲相続人(故長姉の長女)に代償分割で相続させることにした。

だけど、人間ってどんなに善い人の振りをしても、
所詮我欲には勝てないものね・・
夫が言うのよ。
「もし、その土地が都会の一等地だったら、
僕は手放さなかったよ。」だとさ。(^_^.)

それはさておき・・・・・・・
(^^ゞ


相続対象不動産である土地は初めから故義母名義であったが、
故義父が息を引き取る寸前に
すべての動産を義母名義に移し替えをしたらしいので、
故義父の遺産分割協議はなかった。
このことに付いても腑に落ちないでいる。
せめて事後報告ぐらいはして欲しかった。

それに、諸々の家の修理、ガレージ増築、リフォームや、
他にも孫たちの進学時や結婚時にも多額のお祝金を
故長姉に請求されていた事実(故義母が他の姉たちに愚痴をこぼしていた)
も発覚した。
故義母はいったいいかほどの動産(箪笥預金を含めて)を持っていたかは、
今ではすべて闇の中・・・

夫が弁護士に依頼した時点では、
調停で納得できない場合は審判も辞さない。
つもりではあったが、もう呆れてやってられない・・
気分になってきたそうである。


調停の度に調停委員と弁護士の質問に、
「その答えは次回の調停までに父に訊いてきます。」
で終わる毎回の遺産争族調停

娘がその父に調停委員と弁護士からの質問を訊いても真実を語る訳も無く、
今もダラダラと時間ばかりが過ぎて行く。

会社を休んでまで出席している代襲相続人(長女)よりも、
裁判所が最重要関係者と認定して、
出席しない他の法定相続人に郵送する質問状
と同じ文面の質問状を受け取っているその父親が出てくれば、
一回で済むはずなのに。とも思うけれど・・・
家族には威張ってどなり散らすが、
権威(調停委員や裁判官)には弱い性格なので、
アタフタするだけで、明確な受け答えなどできないだろう。


現在の我が夫の遺産争族調停では、
3つの年金を受給していた老親と同居をしていた長姉夫婦と、
その家族が一番得をしたという事実だけが重く残っている。

加えて、一番の問題は、故義母は娘夫婦との同居によって、
穏やかで心地よい最晩年を送ることができなくなってしまったということが、
日記に綴られていたことだ。


もし、無一文の義父母と同居していてくれたのなら、
長い間、ありがとうございました!とお礼を言い、
土地もどうぞ御遠慮なく相続してくださいませ。
と言うところであったが、調停の場でも
年金パラサイト疑惑はますます深まるばかり・・・

今の世で、成人した親と子の絆の源は、
老いた親側にお金があってのことなのだろうか・・。
130115r
手を伸べて受けると消える雪華はきっとまやかし親子愛もまた
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : ひとりごと ジャンル : 日記

tag : 年金パラサイト疑惑 代襲相続人 遺産争族調停 代償分割 審判

終わらない、遺産争族調停
今夏から始まった○○地方裁判所での
遺産相続調停が年を跨ぐことになった。

私は争いごと、特にお金が絡む争い事はもってのほか。
と常々思っており、夫の母の遺産相続に関しては、
通帳に記された最終残高を法定相続人たちで、
法定通りに分ければいいんじゃない?
と夫に言ったことがある。
夫も「そうだな・・そうしようか?」と言い、
遺産相続調停など眼中になかったころ、
祖母としての夫の母を慕ってくれていたであろう代襲相続人たちに
より多くの遺産が行くようにと取り計らっていたら、
他の姉たちから、長姉夫婦と母の同居生活の不都合な真実・・。
母の口から漏れたとされる母への長姉夫婦による
ネグレクト疑惑(真冬に鍵をかけて家に入れない)や、
年金パラサイト疑惑(悪く言えば横領)
等がチラチラと夫の耳にも届くようになり、
義母と頻繁に行き来のあった姉たちに
手紙と電話で詳しく話を聞いたところ、
母のまだらボケを良いことに、
長姉夫婦による母の預貯金から勝手に預貯金引き出すという
極めて横領に近い年金パラサイト疑惑は打ち消し難い・・
という結論に達し、知り合いの司法書士さん繋がりの弁護士と契約し、
現在も調停中である。

調停に顔を出すのは我が夫と同市内に住む姉と
東京に住む代襲相続人(故長姉の子)だけであり、
他の法定相続人と相続に関する重要関係者(故長姉の夫)は
遠隔地に住んでいるため、
月に一度の調停には一度たりとも出席はしていない。

たまたま姉が同市内に住んでいるので、
夫(申立人)VS他の相続人の対決になるので裁判所は近くて済んだが、
実際の対決は法定相続人である
夫の兄弟姉妹VS故長姉の子+故長姉の夫(関係者)
という構図になっている。
ところが・・一番事情を知っていて、
一番年金パラサイトの疑いのある故長姉の夫(自称後見人)が
「だんまり」を決め込み、
裁判所からの質問状にも「知らぬ存ぜぬ」
等の回答しか書いてこないそうである。
そうなると、嫌でも調停に毎回顔を出すしかない
故長姉の第一子(長女)にしか、
彼女の父であるこの調停の鍵を握る
重要関係者である故長姉の夫の思いや
事実関係を聴きだすしかないのだが、
いつも返事は、
「その質問に関しては次回までに父に訊いてきます。」
だけなので、なかなか進展しないのである。

そして、現在の調停状況はといえば、夫も弁護士も調停委員も、
故人の過去の取引履歴と故人が書いていた日記の内容から
日付けも金額も合致したので、自称義母の後見人を名乗っていた
故長姉の夫が故人の預貯金から勝手に、
そして、過分な額の金銭の引き出しをしていたことを
認めざるを得ない状況になってきている。
20121012

日記には、故人の年金の振り込み先の銀行預金が
1千万円を超えそうになるので
故長姉の夫に名義を借りて、新口座(預かり口座)を作り、
600万円入金した。と書いてあった。

今までは、故長姉の子は父は祖母の預貯金の引き出しに関しては、
祖母に頼まれて金融機関まで車で送迎しただけであり、
父は通帳にもキャッシュ・カードにも、
ましてや現金には一切手を触れておりません。
と父は言っています。
と全く意味の無い同じ弁明を繰り返すだけで何の進展も無かった。

前回、弁護士と調停委員が問題部分の日記の内容のことを指摘すると、

次回の調停までに「父に訊いてみます。」と言い・・・

そして今回、祖母に頼まれて作った、預かり口座の600万円に関しては、
「父が自分のために全部使ってしまったそうです。
父と相談しました結果、そのぐらいのお金ならすぐにでも弁償できます。」
との回答を得たのであるが、その600万円も、日記から推察すると、
故長姉の夫が隠し持っていた、
故義母からの預かり口座の預金である可能性が高い。

相続人ではない私でさえ、
いったい、幾つの預かり口座があったのよっ!(ーー゛)
と思うのだが、真相は「だんまり親父」と化してしまった故長姉の夫しか知らない。


母の生きた軌跡を知りたいからと、我が夫が希望した母の日記を
我が家に送って来るのなら、
送る側がたまたま見過ごしただけなのかもしれないが、
全部読み返して都合の悪い部分は破り捨ててから送ってくれば、
こんなことにはならなかったのね。(^_^;)


加えて、私がもうひとつ呆れたことがある。
調停のときに、いつも出席している夫のすぐ上の姉が
思い詰めた風情で弟である我が夫に告白してきたそうである。

「貴方以外の姉妹たちはね。自分の子どもの大学入学や、
結婚の時などにおねだりをして、
母から100万単位のお祝金やご祝儀を何回も貰っているのよ。
本当は黙っていたかったけど、
バレたときが怖いから思い切って言うけど、
その金額は生前贈与として、相続分から引かれるの?」

と恐る恐る聴いてきたそうな。

なるほど、生前贈与のバレるのが怖くて、
すぐ上の姉以外の姉たちは出席しないわけなのかもね。

普段は年賀状以外ではほとんど付き合いのない夫の姉たち・・
調停中ということで、
遠隔地に住んでいる次姉と3姉からもときどき電話が来るようになったが、
自分たちが受けた生前贈与のことなどおくびにも出さない。
もしかして、生前贈与がバレていないかどうかの確認の電話なのしらねぇ?
もうバレバレだけどね・・。(^_^.)

姉たちへの生前贈与(お祝金として)のこともすべて日記に書いてはあるが、
夫はそれらに関しては、
母の生前の意思として尊重し全く問題にはしていない。

問題は自称後見人と名乗り、
母の預貯金を自分のために勝手に使っていて、
調停が始まったとたんに「だんまり親父」と化してしまった
故長姉の夫に真実を語らせることだけなのだが、
弁護士は100%無理だろうと言っている。


前にも書いたが、義母の日記の或るページが破られていた。
その前ページには、やはり年金の振り込み先の銀行預金が1千万円を
超えそうになるので娘(故長姉)の夫に名義を借りることにした。
その金額は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
肝心な金額部分だけが破られているし、
取引履歴は10年前の分までしか出して貰えないので
20年以前の真実は、手の届かない深い暗い闇の中に消えてしまっている。


それから、義母が老健→特養に入居させられた際も、
「通帳と印鑑を預かります。」と特養側に言われたらしいが、
訊きもしないのに自分から、相続人でない私にだけ、
通帳と印鑑を預けない理由を語った意味が今もって解せない。

「特養なんてものは入居者のお金ば横領するけん、
絶対に通帳と印鑑は預けられんと。」だって。

身勝手な理由を付けて、
かたくなに通帳と印鑑を誰にも預けずに自分が管理し、
義母の預貯金を使い放題(ギャンブルと温泉旅行と酒)
だったことも明らかになり、
仏壇と着物しか置いてなかった義母の部屋にも、家賃と生活費の名目で、
月々15万円も徴収していたことが取引履歴で判明している。

夫には許し難いとは思うけれど、これ以上調停を長引かせれば、
ますます故長姉の夫を刑法上のの犯罪者にしてしまう可能性もある。
不満は残るが、それだけは避けたい・・と夫は言う。
それに弁護士も、そういう場合の引き際を指導してくれている。


結局は、義母は自分名義の土地に故長姉夫婦とその子どもたちのために、
新築の家を建ててやるほどのお金を出させられ、
難病を患っていた故長姉の医療費まで面倒を見ていた。
ということになる。

老親と成人した子が同居していれば、
多少のお金のやりとりはあるだろうが、
そのお金がのやりとりがあまりにも一方的で多額であるので、
我が夫はまだ納得はしていない。
さて次は使用貸借状態の故義母名義の土地の争族問題が残っている。

そして、夫が引き際を見極められるまでは遺産争族調停は続く。

2世帯同居の場合、一人っ子なら問題は起きないが、
法定相続人(兄弟姉妹等)が複数存在する場合は、
先ずは、親が死亡した場合の遺産相続について、
縁起でもない・・などと言わずに、
法定相続人間で同居前に納得のいくまで話し合い、
書面に残しておいたほうがいいかもしれない・・。

と、遺産争族調停を見聞きしていて思いましたとさ・・。(^_^.)



ここで、遺産争族調停には関係ないけれど、
義母が心不全で急死したのはお正月を少し過ぎた頃である。
年を越せば約3年になる。


「子どもが5人もおるのに・・
下の二人(我が夫とすぐ上の姉)は遠い処に住んでおるでしかたなかけど、
近くに住んどる娘も孫もひ孫も娘の婿殿も誰も会いに来てくれんと。
年寄りとはほんまこつさびしかもんやね・・・。」

と、お正月に話をしていたと、
葬儀に出席してくださった特養の義母担当の職員が話をしてくれた。
その時点では、施設側の要望(ショックを与えたくない・・)で、
義母には長姉の死は知らせていなかったが、
義母の死への引き金は、お正月なのに家族が誰ひとりとして合いにも来ない
「さびしさ」だったのかもしれない。
20121230r
絆とは麗しき誤解・・家族もまた美しき虚像なのかもしれぬ





このような泡沫ブログにお優しいコメントをくださいました方々と、
偶然に通りすがってお読み頂きました方に厚くお礼を申し上げます。
皆様どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : ひとりごと ジャンル : 日記

tag : 遺産相続調停 遺産争族調停 法定相続人 取引履歴 使用貸借 預かり口座

家族に読まれることを想定して書いていた哀しい虚飾日記
数ヶ月前に夫の実家から半強制的に故義母の遺品が送られてきた。
仏壇を含む家具類は業者が処分し、日記とメモ類を中心に、
その他諸々の品々を送って貰った。

義兄は家の中のありとあらゆる義母の痕跡を消し、
気分的にスッキリしたかったのだろうが、
せめて、「俺が元気なうちはおばあちゃんの供養はするよ。」
と言ってくれていたら、調停という最後の手段は選択しなかったかもしれない。

それはそれとして、
送られてきた故義母の数々の遺品の中に
戦後直ぐから亡くなる一年前程までに書かれた、
大学ノート何十冊もの日記兼家計簿があった。
メモ魔であった義母は朝起きてから、夜眠りに着くまでの
諸々のことを事細かに書き記していた。
また、その日の日記の最後には、
良くしてくれる???娘と娘婿への感謝の言葉が綴られていた。

しかし、それは表向きの「家族に読まれることを
想定して書いていた清書用の日記」であり、
本当の心情を綴った日記は新聞広告の裏面チラシを閉じたものに
走り書きされた下書きに隠されていた。
そこには、娘や娘婿への感謝の言葉など一言も無く、
お金を無心されるたびに、嫌な思いをしていることだけが、延々と綴られていた。

故義父母が姉夫婦との同居に際して、
間借り代及び生活費として毎月一人?万円を入れていたことや、
同居時は、自分のことは自分で出来ていた義母に、
「台所が汚れるから使っちゃダメ!」と言われて、
台所は水を飲む行為以外は使わせてもらえなかったこととか・・
実の娘の更年期のイライラの巻き添えで、「もう、帰って来るな!」
と言われて、外に追い出された上に玄関に鍵までかけられ、
交番の電話を借りて都会にいる娘に「迎えに来て・・」
と泣きながら電話をしたことなどが書いてあった。

如何せん、義姉は自分の夫名義の
木の香りのする新築の家に住まわせてやっている意識であり、
義母名義の土地は、母の死後は娘に相続させる旨の手紙を書かせていた。
(私も見たが法的に有効な遺言書ではなかった)

他にも孫娘の嫁入り時には多額のお祝い金を請求されたとか、
また病院への送迎のために、
義兄に免許を取らせる費用と車購入の費用とガレージを造る費用を
出して欲しいと言われ、
自分が娘夫婦と対等な立場でいるためには断われなかったことも書いてあった。
老母は義姉夫婦にとっては打出の小槌であったのかもしれない。
そして義母にとってお金を出す行為は、
家庭内で娘夫婦と対等な立場で在り続けるための唯一の手段であったのかもしれない。


今後の遺産分割調停において、故義母は年金を3つも受給していたので、
振り込み先の銀行預金が1千万円を超えそうになるたび、
故義姉と義兄(生存)名義の新口座に名義借りして、
数百万単位でお金を振り込んだことが書いてあるが、
10年以上も前の話なので、金融機関からは取引履歴は出してもらえない。
そして、その正確な金額が書いてあるはずの
清書日記の中の一番重要となるべき数ページが破り取られていた。
チラシの裏の下書き日記にも、誰が捨てたのやら、そのページは無かった。
誰が一番重要なページを破り取ったのかも、
名義を借りた際の預金の金額も現段階では証明できない・・。
調停における利害関係人である義兄が真実を語らない限り、
この相続問題は確実に争族になる。
(私から見れば、既にもうなっているんだけどね。(^_^;))
とは言っても、今までの義兄の態度からして彼が真実を語るとは思えず、
「知らぬ!存ぜぬ!」を貫き通すことだろう・・。


つてを頼ってやっと弁護士が見つかったので、来月から調停が始まる。


公開ブログ日記のように不特定多数の人に読まれることを想定して書く日記とは違い、
すべての出来事とすべての心情ををありのままに記録された日記・・。
「母の60余年分の日記を読むのは辛い・・」
と夫は言うが、夫は相続人として事実を知るために読み進め、
また私は義母という一人の名も無き女性が生きた9?年の歴史と軌跡をどうしても知りたいので、
夫の許可を得て読ませてもらっている。

それにしても、箪笥の奥に隠してあっても、本人の留守を狙って、
家族の誰かに読まれることを想定して書かなくてはならなかった日記って・・
なんとも切ない日記だわねぇ・・。

吾もまた二つの道を歩み来しかりそめの生と真実の生を
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 思ったこと ジャンル : 日記

tag : 遺産分割調停 遺品 取引履歴 相続問題 争族

年金パラサイト疑惑で遺産分割調停へ
今日日(きょうび)、年金パラサイトといえば、
親の年金に依存して生活している中年男女を差すが、
今まで放っておいた故義母の遺産分割協議を始めようとしたところ、
故義母と同居していた70歳代の故義姉と義兄(生存)が
親の年金にパラサイトしていた疑惑が持ちあがった。

事の始まりは、自称義母の後見人であり、
義姉亡き後に義母の預貯金を管理していた義兄から
故義母の預貯金通帳を渡されたことに端を発する。

長生きした故義母には旧年金法が適用されていたので、
私などとは比べものにならないほど高額な3種の年金が支給されていた。


80代前半で亡くなった私の母と比べても、
90代後半で亡くなった義母の預貯金通帳の残高金額が
予想していた金額よりも異常に少ない。
倹約家で浪費を嫌った故義母が年金収入のほとんどを出費しているはずはない。
また、義父が亡くなった時は、
義父が亡くなる寸前にすべての動産を母名義に名義変更したそうなので、
遺産分割協議はおこなわなかった。そして、その義父の遺産の使い道は?

もしかして、もしかしたら・・
義姉夫婦は義母の年金パラサイトだった(ーー゛)?????

との打ち消し難い疑惑と不信感が持ち上がり、
法定相続人である我が夫が
生前に義母と取引のあった金融機関に
過去10年間の取引履歴の照会をした。

義母は丁度10年前から義姉夫婦に老健施設に入れられ
その後、亡くなるまでの数年間は特養に入れられており、
一人で金融機関に行くことなどできない。

取引履歴照会によると、
年金支給月には受給額の100%が引き出されており、
他にも、約半年に一回程度の割で金融機関の窓口ではなく、
ATMで引き出しをした400万を最高額に、
200万とか300万とかの大金を引き出した記録も残っている。

義姉は義母の亡くなる2年前に既に死亡しており、死人に口なし状態。
なので、すべての事情を把握しているはずの義兄に3ヵ月間の猶予期間を与え、
法に則り、自称成年後見人ならば裁判所からの後見人であることの証明書と、
預金引き出しの事実確認と通帳を預かってから
の顛末記及び領収書等を書面で求めたが、
帰ってきた返事は半年も過ぎてからで、
また自称後見人の義兄からではなく、
義兄の3人いる娘のうちの長女からであった。

「長女である私が父の代理人としてお答えします。
父は祖母に頼まれて金融機関までの送迎はしましたが、
通帳には一切手を触れていない。と言っています。
また後見人などと言った覚えは無いそうです。」

との超簡素な返答であった。
では、要介護度2の義母の老健及び特養にかかる
利用費以外の預貯金は何処に消えたのか?
過去10年から死亡月までの年金収入から
老人施設利用費と施設での諸経費や雑費を引いても、
かなりの金額(家が一軒建つほど)が行方不明になっている。

老人施設に入居していて、車椅子でしか動けない、
またときどきボケがでている末期高齢者の老女が
わざわざ義理の息子を金融機関への送迎のためだけに呼び出し、
ATMで400万円を引き出すことは可能か?(ーー゛)
そして、その引き出した大金はどこに消えたのだろう?
怪しい宗教に嵌っていた形跡も無く、高額な買い物をした形跡も無い。
私は相続人ではないがこのミステリーな現象はどうしても解せない。


数日を経て、代襲相続人である義兄の長女から手紙が来た。
「父と相談致しましたが、動産については一円も要りません。
つきましては祖母名義の不動産を私に相続させてください。」
の旨の手紙が届いた。

また数日を経て、義兄から電話があり、
「こんな家、いつでも出て行ってやる!その変わりに慰謝料をよこせっ!」
と呂律の回らない口調(明らかに酔っぱらっている)での怒声と罵声が、
スピーカーフォン状態の電話機から私の耳にまで聴こえて来た。


義母名義の土地に義兄名義で家を建て、
義父母が義姉夫婦と同居したことを我が夫婦は事後に知らされた。
その時点で、今後のいざこざ回避のためにも
法定相続人と成りうる兄弟姉妹間での話し合いの場を設けて欲しい。
と、義姉夫婦に提案したが、
義姉に「親の面倒を見るのは私たち夫婦なのよ。部外者は口出ししないで!」
と無視された経由がある。


「これでは調停で決まりだな・・」と夫がポツリと言う。


義姉が義母より早く亡くなっているため、
義兄の長女は代襲相続人ではあるが、義兄は相続人ではない。
すべての事情を知っている義兄にしらを切られたら、
この相続は円満解決とはならない。
我が夫はこのままでは納得のいく冷静な遺産分割協議はできないと判断し、
年金パラサイト疑惑のある義兄を遺産分割調停の場においての
利害関係者に認定してもらうべく、遺産分割調停に踏み切ることにした。

親が亡くなれば誰にでも起こりうる相続問題・・。
老親と同居していれば、多少の金員のやりとりはあるだろうが、
それが一方的(親から子へ)で、あまりにも高額な場合、
そして、相手の態度が真摯でない場合はやはり調停しかないのだろう。

現在我が家は贅沢はできないが、遺産が入らなくても、
夫婦の年金を合算すればでなんとか人並みの社会生活は営んでいける。
夫は別に遺産を多く欲しいからではなく、
母の生存中の金銭の用途についての事実を知りたいだけなのである。

「難病を抱え、入退院を繰り返していた妻のために
医療費として義母のお金を使わせて貰いました。」
と義兄が正直に言えば、同居していた実の娘に対する母の意志として用立てた、と捉え、
最後の残高の記載された通帳の金額を法定相続人で法定通りに分割するつもりであったが、
義兄は質問に対して、知らぬ存ぜぬを決め込み、その上、義母の後見人だなどと、
夫の兄弟姉妹に真っ赤な嘘を付いていた。
義兄は人としてそのけじめは付けなければならない。

義母の年金は義兄に取っては「打ち出の小槌」だったのかもしれない・・。


それにしても、今の今まで根っからの善人だと思っていた人(義兄)が、
電話であのような暴言を吐くとは夢にも思っていなかった。
お金が絡むと天使から悪魔に豹変する姿をありありと聴いてしまったわけだが、
これが、私を含めた人間の真の正体なのでありましょうか。
自戒を込めて・・・。つづく。
20120726r
いつになく心に落つる雨音は亡き人々のささやきなのか
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : ひとりごと ジャンル : 日記

tag : 遺産分割協議 旧年金法年金 法定相続人 取引履歴の照会 成年後見人 要介護度 遺産分割調停

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ