*All archives* |  *Admin*

美談演出のために文集は捏造、撮影前に目薬…日本兵の父親が戦死したことで「誉れの子」と呼ばれた子どもたちがいた。丸刈り頭の少年が、口を一文字に結んでいる。ほおには一筋の「涙」が光る。「実は撮影前、目薬をさされました」
homare.jpg
Remember311919

美談演出のために文集は捏造、撮影前に目薬… 日本兵の父親が戦死したことで「誉れの子」と呼ばれた子どもたちがいた。丸刈り頭の少年が、口を一文字に結んでいる。ほおには一筋の「涙」が光る。「実は撮影前、目薬をさされました」 https://t.co/7Q5BVXIA1U
08-16 17:08

RT @Medicis1917: 戦争が起きてから平和な時代の有難みを実感しても遅い。一人一人が平和を維持する努力を怠れば、どんどん戦争が出来る国づくりが進んでしまう。平和が破られて真っ先に巻き込まれるのは、煽り立てた権力者ではなく我々市民であるという事実を自覚すべき。
08-16 17:34

RT @NOSUKE0607: 総理の腹心の友は日本中を逃げ回り未だ雲隠れ。かたやファーストレディが「祈る」夫妻はブタ箱入り。これがこの国で今起きている事実。 https://t.co/xFkUGTz3wt
08-16 17:38

軍人さんがいたからいまの平和があるって言うやついる。もしいま戦争が起きたら10代20代の若い子が戦争にいく。これからの若い子が爆弾で体バラバラになってまで得る平和に強い疑問がある。 https://t.co/AD3pNknhq7
08-16 17:50

RT @kimuratomo: 今朝も「骨折の痛みに耐えて甲子園」を伝えるTV。これを美談とする空気が広がると「ケガや病気で休む」という当然の、否、必須の行動さえ非難の的とされかねない。休ませない断わらせない無言の圧力。自己犠牲は「美」だと勝手に決めつけ、戦時下の若者たちに押し…
08-16 17:50

RT @kidkaido: 鶴田さんは絶対ぶれない脱原発。鶴田さんは、児童虐待や動物の殺処分を食い止めるため、行政の現場と格闘してきた市民活動家。鶴田さんはイタリア語の研究者で、ヨーロッパの環境福祉教育政策に詳しい。こんな、すばらしい候補者が立候補してくれたのだ。茨城を…
08-16 17:52

加計ありき➡認可ありき。https://t.co/7BYOMH3cam
08-16 17:55

RT @aiko33151709: 現役の時、大学でホロコースト関連の話しをすると、あとで研究室に来て、ホロコーストは作り話だ、先生はなせ噓を話すのかと言ってくる学生がいました。彼らはネットを見て信じてしまっている。そういう学生には拙書を勧めたが、彼らは読みません。 https…
08-16 17:57

中国外務省の華春瑩副報道局長は記者会見で「真相を明らかにする日本の知識人の勇気を称賛する」と語った。尚、日本政府は731部隊の存在は認めているものの、具体的な活動内容については「資料がない」として認めていない。https://t.co/uAe5CN194h
08-16 18:00

731部隊研究の第一人者である常石敬一・神奈川大学名誉教授は、隊員数は3000人弱で、10年間に2000とも3000とも言われる人を人体実験によって殺害していたこと明らかにしている(『七三一部隊』講談社現代新書)https://t.co/aMRjW5wqkX
08-16 18:03

にほんブログ村ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



続きを読む

テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと ジャンル : 日記

「降伏認めず放置され餓死…人間扱いされなかった」。戦争で亡くなった日本軍の軍人、軍属約230万人のうち、過半数が飢餓や栄養失調による戦病死だった。「お国のため」と万歳で見送られた若者たちの多くはなぜ、戦闘でなく飢えによって命を失わなければならなかったのか。誰のために。何のために。
DHGP8J2V0AAMNip.jpg
Remember311919

RT @kimuratomo: この時期披露される「国のため、愛する人のため身を投げ出した若者の魂は美しい、敬うべきだ」と「我こそが若き戦死者の理解者」然とした思考。国の始めた戦争に、若者全てが自己犠牲を進んで望んだか否かなど一切構わず一括り。こういう勝手な個の尊厳の無視こそが…
08-13 00:00

RT @shiikazuo: 「危機打開のため米朝は無条件で直接対話を」―声明を発表、米朝はじめ関係国に伝達しました。米朝両国の恫喝の応酬はたいへんに危険です。軍事衝突は絶対に回避しなければなりません。米朝両国に対し危機打開のため無条件で直接対話を呼びかけます!https:/…
08-13 00:10

520人が亡くなった日航ジャンボ機墜落事故から今年で32年… https://t.co/GQvbxTMTgb
08-13 01:29

RT @Medicis1917: 北朝鮮に隣接する中ロ韓が慎重になるのは当たり前の話で、各国の思惑は兎も角として戦争回避という共通の目的を達成する為には必要な対応。度し難いのは、軍事的な威嚇行為を含む戦争行為が憲法によって禁止されている日本が、トランプとタッグを組んで急先鋒を演…
08-13 17:07

RT @democracymonst: 何でそこまで加計問題をやってるんですか?自分の地元の事件だからってこともあるけど、96億の補助金出すのに図面・見積チェックゼロとか、市長らの贈収賄が強く疑われるとか、実は似たようなことが皆さんの町でもきっと起こってることなんです。そろそろ…
08-13 17:08

RT @tsubaki131: もう少しで岡山さきて4年になる。帰省でぎねーごどにも慣れできた。同窓会の話だってスルーでぎる。だいぶ色んな人離れだし、音信不通にもなった。んでも、大事なものが明確化されだがら、いいんでねーがなど。少ないげんと大事なものや人を大事に生ぎでいぐ。
08-13 17:10

RT @48daisyukai: 高田健さんより連帯挨拶です https://t.co/pkzZbrAIo2
08-13 17:10

危惧するのは、首相が憲法改正という実績を示すためだけの「自爆改憲」に向かいかねないことだ。https://t.co/uRWRORiNXw
08-13 17:14

RT @KazuhiroSoda: 三浦瑠麗さんは「左右」両方をたしなめるようなことを必ず付け加えることで、「冷静で中立的」な印象を自分につけようとするのですが、これ、実はただの歴史改ざん主義です。要はネトウヨと変わりません。イデオローグではないことを装ってるイデオローグだから…
08-13 17:15

『IOCの理事会は、夏の開催以外は認めない』『夏以外の開催期日を申し込んだ都市は立候補すら認められなかった』『やむを得ず夏の開催を認めてオリンピックを招致した』と言っているんです。https://t.co/ymyA32TsKwラジオ書き起こし-2017年8月12日放送
08-13 17:27

にほんブログ村ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



続きを読む

テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと ジャンル : 日記

原爆投下後の長崎で、亡くなった幼子を背負う「焼き場に立つ少年」…炎を食い入るように見つめる少年の唇に血が滲んでいる。少年があまりきつく噛みしめているため、血は流れることもなく、ただ少年の下唇に赤く滲んでいた。夕日のような炎が静まると、少年はくるりと踵を返し、沈黙のまま焼き場を去って行きました。背筋が凍るような光景でした。
yaki1.jpg
yaki2.jpg

yaki3.png
yaki4.jpg

10才くらいの少年が歩いてくるのが目に留まりました。
おんぶ紐をたすきにかけて、幼子を背中に背負っています。
…しかし、この少年の様子は、はっきりと違っています。
重大な目的を持ってこの焼き場にやって来たという
強い意志が感じられました。
しかも彼は裸足です。少年は焼き場の渕まで来ると、
硬い表情で目を凝らして立ち尽くしています。
…少年は焼き場の渕に、5分か10分も立っていたでしょうか。
白いマスクをした男達がおもむろに近づき、
ゆっくりとおんぶ紐を解き始めました。

 この時私は、背中の幼子が既に死んでいる事に初めて気づいたのです。
男達は幼子の手と足を持つとゆっくりと葬るように、
焼き場の熱い灰の上に横たえました。
まず幼い肉体が火に溶けるジューという音がしました。
それから眩いほどの炎がさっと舞い上がりました。

真っ赤な夕日のような炎は、
直立不動の少年のまだあどけない頬を赤く照らしました。
その時です、
炎を食い入るように見つめる少年の唇に
血が滲んでいるのに気がついたのは。
少年があまりにきつく噛みしめている為、
唇の血は流れることなく、ただ少年の下唇に赤くにじんでいました。
夕日のような炎が静まると、少年はくるりと踵を返し、
沈黙のまま焼き場を去っていきました。
背筋が凍るような光景でした。


 「これほど残酷な人災があるだろうか。
これは人類に対する重罪と言える」
(ジョー・オダネル)



解かされた封印 ~米軍カメラマンが見たNAGASAKI 投稿者 dm_511f8257553bb


Remember311919

このような擁護派が蠢く国家戦略特区の隠された裏側を洗いざらい問題にしなければ、第二、第三の加計学園問題は今後も繰り返されることは間違いない。https://t.co/jsBXg2j8If
08-12 16:39

原爆投下後の長崎で、亡くなった幼子を背負う「焼き場に立つ少年」…炎を食い入るように見つめる少年の唇に血が滲んでいる。少年があまりきつく噛みしめているため、血は流れることもなく、ただ少年の下唇に赤く滲んでいた。夕日のような炎が静まる… https://t.co/XQeZ98Egb8
08-12 17:08

少年は焼き場の渕に、5分か10分も立っていたでしょうか。真っ赤な夕日のような炎は、直立不動の少年のまだあどけない頬を赤く照らしました。その時です、炎を食い入るように見つめる少年の唇に血が滲んでいるのに気がついたのは。https://t.co/L8dvjLHbof
08-12 17:13

事実隠す「玉砕」「生死の境は地獄そのものだった」戦時中、「玉砕」という言葉が使われた。人命を宝石にたとえた表現は、戦死のむごさから国民の目をそらし、泥沼化を招く一因にもなった。不都合な事実をごまかす美辞に、元兵士や遺族は厳しい… https://t.co/bRHDYVUDik
08-12 17:28

【速報】辺野古阻止へ決意 オスプレイ撤退 要求 県民大会https://t.co/YvleUyKaqd https://t.co/UDaCCUcZXM
08-12 17:38

#しんぶん赤旗 スクープ!愛媛県『加計ありき』認める。https://t.co/9TcEg4Z0lM
08-12 17:44

政治家が自分に都合の悪い発言を撤回しても、一度発した言葉は帳消しにはならない。国民を馬鹿にしているしっぺ返しは「内閣支持率急落」と言う形で表れ続けている。「記憶にない議員」は資質がないので引退を。「記憶にない官僚」も同… https://t.co/lp56cTQNsN
08-12 17:59

太平洋戦争末期、飛行機だけでなく船による「特攻」が行われた。爆雷を積んだベニヤ板製の簡易なボート。訓練を重ね、死を覚悟していた若者たちは揺らいだ。「お国のため」に捧げる命とは何なのか、と…。『大君の御盾となりて捨つるみ… https://t.co/9WLPmWQzLf
08-12 18:14

RT @nmawata: @Remember311919 竹やりで敵対した戦時中となんら変わらないねこんな状況を生み出したのは安倍晋三だよ安倍賀憲法を捻じ曲げて、自衛隊を海外に派遣するようなアメリカのアッシーになったからですよhttps://t.co/a4kiEyB
08-12 20:44

RT @asakayuka: 9日「カジノ」シール投票に少しだけ参加しました。気軽に自分の意見を表明できる場、もっともっと増やしたいですね。17日から全国9会場で開催されるカジノ公聴会は、意見表明者は各会場20人、傍聴者は100人。議員の傍聴枠も無く、議事録も作らない。これで「…
08-12 20:45


にほんブログ村ブログランキング



にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



続きを読む

テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと ジャンル : 日記

戦争で逃げ惑い殺されるのは常に無辜の民…「1945年6月、大阪大空襲。女性が炎の中を逃げ回っていると、ふと同じ方向に走る女の人が目に入った。赤ん坊をおぶっているようだが、その赤ん坊には、首がなかった。母親は逃げるのに必死で全く気付かない…。

asa815koe.jpg

もし生まれた時代が違っていたら、
私も首のない赤ん坊か、
その母親になっていたのかもしれない。
と考えるとゾッとする。

asa815koe9.jpg


Remember311919

RT @horiuchitetsuo: 本日は戦後71年、敗戦の日。1931年の「満州事変」に始まる「15年戦争」は、おびただしい犠牲と国土の荒廃を作り、二度と戦争するなという国民の叫びとなった。15日「毎日」は、私が14日に紹介した聖福寮、私の恩師の活動を特集している。 ht…
08-15 16:39

「逃げ惑い殺されるのは無辜の民」1945年6月、大阪大空襲。女性が炎の中を逃げ回っていると、ふと同じ方向に走る女の人が目に入った。赤ん坊をおぶっているようだが、その赤ん坊には、首がなかった。母親は逃げるのに必死で全く気付かない…。 https://t.co/tyB6g885H8
08-15 16:55

現憲法下の子どもたち母が臨月のお腹を抱えて防空演習のバケツリレーに駆り出された話に、「なぜ断らないの」君が代を歌う時は直立不動で、友人がトイレに行きたくても行けずにお漏らしした話に、「バカだなぁ」元小学校教員(83)の投稿(8/15 朝日声欄)の一部抜粋。
08-15 17:11

RT @37_2_le_matin: コンクリ事件までも共産党の犯罪として利用する。「日本赤軍はいまなにになってると思いますか?シールズですよ!」とびっくりな論理展開。 https://t.co/5knZ71LVWr
08-15 17:16

RT @hayakawa2600: 生ける英霊勢ぞろい https://t.co/53fRoolk1c
08-15 17:18

RT @hayakawa2600: 子どもが怖がっていた https://t.co/sihGY0NmbD
08-15 17:18

RT @kzx750f1: 今日の中日新聞より。青い目の人形を見てただけで『非国民め』とビンタ、生徒に青い目の人形をいたぶらせ、それを拒否した生徒をまたもビンタし炎の中に人形を放り込む戦中の教育者。 https://t.co/3wdBJ5PCNb
08-15 17:20

RT @akomaki: うちのフォロワーさんたちは、やはりSMAP解散よりもセルゲイ・イワノフ解任に対する反応が熱いのであった。
08-15 17:25

首相、靖国神社に自民党総裁として私費で玉串料奉納 高市、丸川氏が参拝 | 2016/8/15 - 共同通信 47NEWS https://t.co/yAmsGewpgP
08-15 17:36

安倍首相の式辞全文 戦没者追悼式 (朝日新聞デジタル - 08月15日 12:41) https://t.co/uxXchWQFua
08-15 17:41

にほんブログ村ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



続きを読む

テーマ : みんなに知ってもらいたい ジャンル : 日記

敗戦後、進駐軍が来て、米兵がジープからチョコをばら撒いた時に必死で一つだけ手に入れ、そのチョコを自分は食べずに一度もチョコを食べたことのない母親に食べさせようと走って家に帰った当時8歳だった叔父の切ないチョコレート物語。
バレンタイデーなどという
営利目的のチョコレート商戦など影も形もなかった
69年も前の叔父から聴いたチョコレートに纏わる想い出話です。

叔父が8歳の時に敗戦。
直後に進駐軍が家の近くの学校の校庭にやってきて、
ジープに群がる子どもたちにチョコレートをばら撒いたそうです。
大人たちの中には、ついこの間まで鬼畜米英だった奴らなんかから、
施しなんか受けられるかいっ!
と苦々しい顔をしていた人もいたそうですが、
子どもたちは常に空腹に晒されていたので、そんなことはお構いなし。
ましてや、当時砂糖は配給制で、甘いモノにも飢えていたので、
施しだろうがなんだろうが、ギブミー・チョコレートギブミー・チューインガム
大声で叫んで、夢中で落ちたチョコレートを拾っていたそうです。

叔父はやっとの思いで一つだけ拾い、
そのチョコレートを一度も食べたことのない
明治生まれの母親に食べてもらおうと
全速力で家に走って帰りました。
すると母親は「いいから、おまえがおあがり・・」と言って、
母は口にしようとはしなかったそうです。
それでも叔父は一口でも母親に食べて欲しくて、
無理やりに母親の口に一片のチョコを押し込みました。

「初めて食べたけど、甘いねぇ♫ 
これがチョコレートの味なのかい?」
との感想の後に母親の目からは涙が溢れていたそうです。

叔父はといえば、残りを自分の口に入れたとたん、
口いっぱいに甘く蕩ける、その小さなチョコレートの味に、
えも言われぬ幸せと、子ども心にも、
もう戦争は終わったんだ!の実感を改めて噛み締めたそうです。
叔父にすれば、あれから70年目ですが、
今でもあの時の光景を鮮明に覚えているそうです。



モノが溢れ、おカネさえ払えば何でも手に入れられる時代です。
ただし、チョコレートの原材料のカカオ豆は原産国が限られていますが、
食品類(加工品を含む)の原材料はほとんどが輸入品です。
仏壇に供えて一年も腐らない、
防腐剤(農薬)をたっぷり含んだグレープフルーツもあるようです。



また、悪い癖でついつい話が大きく逸れますので、今日はここで終わりにしますが、
私の孫たちには、
二度と叔父が過ごした子ども時代のような状況にはなって欲しくないものです。

にほんブログ村ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : シニア・エッセイ ジャンル : 日記

tag : 鬼畜米英 ギブミー・チョコレート ギブミー・チューインガム 進駐軍

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ