*All archives* |  *Admin*

「臨死体験 思索ドキュメント死ぬとき心はどうなるのか」を観て・・臨死体験とは誰もが死の間際に見る可能性がある奇跡的な夢らしい。そして結論は死んでみないと分からない。
録画しておいたNHKスペシャル「臨死体験 死ぬとき心はどうなるのか」
(2014年9月14日放送)を観た。

『私』という存在は死んだらどうなるのか、
死ぬとき『私』は何を見るのだろうか――。
20年余り前、臨死体験について徹底的に取材し
考察を深めてきたジャーナリスト/評論家立花隆さん。
74歳を迎え、がんや心臓の病を抱えて死を間近に感じる今、
再び臨死体験の最新研究の現場を見つめ、
“死”について思索しようとしている。
死の間際に一定の人が見る臨死体験
臨死体験が世界で注目され始めた1980年代以来、
その解釈としては、脳内現象として科学で説明できるとする
「脳内現象説」と、肉体が死んでも“魂(もしくは自我を感じる「意識」)”
が存在し続けるという「魂存在説」―――これら二つの説が互いに相容れない、
激しい議論が続いてきた。そうした中、
立花さんは新たな臨死体験の掘り起こしをすると同時に、
そもそも「意識(魂)」と呼ばれているものの正体とは何なのか、
最新の脳科学・心理学・哲学にいたるまで、
徹底した取材に基づいて正面から挑もうとしている。
科学的に見て、死後の世界があると言える余地はどれくらいあるのか。
死後の世界がないとしたら、『私(自分)』という
意識(魂)はどう生まれどう消えていくのか。
私たちが当たり前と思っている『私』という存在はいったい何なのか。
有史以来、人類が答えを追い求め続けてきた生と死にまつわる壮大な謎―――
その謎に挑む立花さんの思索の旅を通じて、
大震災や紛争などで多くの命が失われる今、
命や『私』の存在する意味を考える。
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2014/0914/index.html



ご興味のある方はこちらで全編視聴可能です。

私は幼児の頃に心停止を宣告され、臨死体験をしたことがある。
当時は臨死体験と言う言葉などもちろん知らず、
臨死体験者のほとんどが体験するという
トンネル」も「光の存在」についての知識も見聞も無かった。

それでも体外離脱状態で見た光景は今でもはっきり覚えているし、
トンネル」も「光の存在」も脳裏に焼き付いている。

半世紀以上を過ぎてもなお、「あれは夢だった」
とはどうしても思えないほど鮮烈な体験だったが、
ヒトが死を迎える際に対して「トンネル」や「光の存在」が、
太古よりDNAに組み込まれているような気がする。
番組では、臨死体験とは、どうやら生と死のボーダーラインにおいて、
脳が防衛本能をフル回転して起こす奇跡的な夢であるらしい・・
と結論付けていた。

また、交通事故や脳内出血で数日から6カ月ほど昏睡状態が続き、
生と死の境界を経験した数人の友人知人に
臨死体験があったかどうかを訊いてみたら、
一人もそのような体験はおろか、記憶にも無いと言う。
どうやら臨死体験をする、しないには個人差があるのかもしれない。

番組では「死ぬときの心の行方」をメインテーマに据えていたが、
人が死に瀕するときには
死に至る苦痛と恐怖を回避するために脳内麻薬(エンドルフィン等)
が多量に分泌されて、多幸感に包まれた夢や幻覚を見るという
防衛本能が脳に組み込まれていると或る本で読んだ。

ゆえに、死に至る直前に肉体的には決してもがき苦しむことはないらしく、
あとは、科学も宗教も関係なく、あの世を信じるか?信じないか?
の個人の心の問題だけになる。
そして結論としては、「死んでみないと分からない」
ということになる。

私自身は来世も生まれ変わりもあるとは思っていないが、
否が応でも、もうすぐ確実に逝かなければならないあの世。
皆さま方は信じますか?

それにしても、知の巨人といわれる立花隆氏のような方でも、
生の残り時間が短くなったことを意識するようになると、
オカルト的なものや哲学的なものに救いを求めるようになるものなのでしょうか・・。



『臨終が近づいたら、たまたま地上に生まれさせられ、
いま死んでいかなければならないこのすさまじい残酷さをまっすぐ見つめ、
「わからない、わからない」とわめきながら、もだえ苦しんで死んでいきましょう。』
哲学者:中島義道『ぐれる!』より


『災難に逢う時節には災難に逢うがよく候 
死ぬる時節には死ぬがよく候 是はこれ災難をのがるゝ妙法にて候』
曹洞宗の僧侶: 良寛


相反するがごとき死生観ですが、
死に対峙しようとするときの思いは人それぞれ、
そして、生き方も人それぞれです。

人生というものに確たる正解がないように
生きる意味などというものも存在しない。
そして、ただひとつ言えることは「死ぬときは独り・・」ということだけであり
あの世を信じるも信じないも自由である。

また、他人(例えば医師とか宗教家)の言うことには、
或る程度は耳を傾けても、最後は自分自身の決断になる。
元気なときから自分の想う死の形をイメージしておけば、
最期はそれで事が済むのではないかと思う。

私は・・できるならば、多量の脳内麻薬の分泌で多幸感に包まれながら、
全身麻酔で数を5まで数えて意識を失ったような状態で、
この世からおさらばできたら・・と願っている。

最近、己が死については、念じて考える!ことが唯一の救いであり、
受容への近道なのだと思えるようになってきた。
どんなにもがいても、あがいても、死ぬほど悩んでも、
やがてはみんな必ず死ぬ、という事実は老いが深まれば深まるほど、
眼前に迫ってくる。
死の向こう側とは、今を生きている人間には
その瞬間が訪れるまで決して知ることのできない未知の領域である。
あの世があるかどうかは別にして、
臨死体験をした身から言えば、死の瞬間は決して怖いものではなかった!
と今は、はっきり断言できる。
ただ、余計な延命措置がなければ?かもしれないけれど。

にほんブログ村ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 備忘録的なもの ジャンル : 日記

tag : 臨死体験 トンネ 光の存在 体外離脱 脳内麻薬 オカルト的

私の臨死体験
長年月、あのとき見たものはただの夢だと思っていたが、普通の夢なら夕方には忘れているはず・・。
半世紀以上を経ても尚、脳裏に焼き付いて離れず、ときどきふと思い出すこの夢の正体はなんなのだろう?
と、いつも不思議に思っていた。
後年、たくさんの臨死体験関連本を読み、
もしかしたら・・・これが臨死体験かも?という思いが強くなった。









私は当時5歳。病名は疫痢。
医師からは「ご臨終です。」とハッキリ告げられたと後年母は何度も言っていた。
だが私にはそのときの肉体的苦痛の記憶はまったくない。
記憶にあるのは、あのときから半世紀以上を経ても鮮明に脳裏に浮かび来る
今持って消えることのない、体外離脱体験、地雷爆発の恐怖と
絶対孤独の原野に独り取り残された恐怖の記憶、赤レンガのトンネル、
至福の光への道とその先に人間ではない或る大きな安らぎの存在を
鮮烈に感じた体験の情景である。

キリスト教圏では、イエス・キリストや聖母マリアが出てくる人が多く、
日本人では、綺麗な花々が咲き乱れているお花畑や此の世と彼の世の境界線(川)を見る人が多いらしい。
そして、かつて愛してくれた親族が迎えに来てくれるという話しもよく耳にする。
だが、私には私が臨死体験をする以前にいつも見守ってくれていた人が霊になった存在はおらず、
誰も迎えには来なかったし花畑も見えなかった。



なお、宗教、文化の違いに左右されない臨死体験の一定パターンとして、
下記のようなことがある。
wikipediaより

1.死の宣告が聞こえる
心臓の停止を医師が宣告したことが聞こえる。
この段階では既に、病室を正確に描写できるなど意識が覚醒していることが多い

2.心の安らぎと静けさ。
言いようのない心の安堵感がする。

3.耳障りな音。
ブーンというような音がする。

4.暗いトンネル。
トンネルのような筒状の中を通る。

5.物理的肉体を離れる。
体外離脱をする。

6.他者との出会い。
死んだ親族やその他の人物に出会う。

7.光の生命。
光の生命に出会う。神や自然光など
自分の過去の人生が走馬灯のように見える。
人生回顧(ライフレビュー)の体験。

8.境界あるいは限界
死後の世界との境目を見る。

9.蘇生
生き返る。




死生観のことなど考えたこともなく、
ましてや臨死体験などという言葉すら知らなかった5歳の女の子が、
急病で死を宣告されたときに何を見、どのような生と死の境を経験したか?を
ここに書き留めておこうと思います。


こういう話は縁起でもないとか、
死の話しを毛嫌いする人は今すぐにここでスルーしてくださいませ。(^_^;)


☆------------------------------------------------☆

時は今から半世紀以上も前の或る八月の盂蘭盆会の黄昏が迫る頃・・
ふと気がつくと、私は家の中の天井付近を浮遊していた。

まるで西洋の宗教画に出てくる子どもの守護天使が身に纏っているような白い服を着て、
裾をひらひらさせ、体はふわふわと漂うような感じであった。

下を見ると、父母、祖父母、母方の祖父母と白衣姿の人(今考えると医師)の7人が
スヤスヤと眠っているかのような私を取り囲んでいた。
父母は泣きながら私の名前を呼び続け、祖父母、母方の祖父母は号泣しており、
白衣姿の人は気難しい顔をしていた。

取り囲まれているのは確かに私自身だというのに、
みんな、いったいどうして泣いているの・・?
と他人事のように思いながらも、私は宙を瞬時に自由に行き来できる快感に酔い痴れ、
開いている窓から家の外に出てみたり、また家の中に戻ったりと空中浮遊遊びに忙しかった。

そこでふと、私はお気に入りの絵本を母の実家に忘れてきていたことを思い出した。
こんなに自由に空を翔けることができるのなら、
暗くなる前に絵本を取り戻しに行こうと思い立った。
母の実家までは距離にして2キロ足らず、そんなに遠いという感覚はない。

私はいつも母に連れられて行った母の実家への道の上空5メートル付近を
ゆっくりと旋回したり浮遊したりながら、
ときどき西の山に沈もうとする夕日を眺めながら、
感覚的には数分で母の実家近くまで行った。

だが、母の実家の周囲に牛のフンのようなものがたくさん置いてあり、
それは、少しでも触れると爆発する地雷であるらしかった。
母の実家の窓はどこも閉じており、玄関から入るには地面に着地しなくてはならない。
恐る恐る着地しようとしたが、
あまりにも牛のフン型の地雷の数が多くてなかなか玄関前に着地できない。

そこでは爆発の危険に言い知れぬ恐怖を覚え、私は母の実家に入ることは諦めた。

仕方がないのでまた家に戻ろうとしたが、途中で私は自らの意思を無視され、
妙なところにテレポーテーションした。
気が付くと、巨大な灰色の鳥居(高さは約10m)が建っている荒涼とした原野に居た。
そこはモノクロの世界で空は灰色に澱み、
重い灰色の雲が今にも原野を覆い尽くそうとするほど低く低く立ち込めていた。
また原野には、背丈が大人ほどの身長のある灰色の枯れススキが生い茂り、
もちろん人の姿はおろか人影などどこにも見えない。
私は必死で母を呼んだが誰も応えてはくれず、そこでは子どもながらに
言葉には言い表せない絶対孤独の恐怖を感じていた。

その絶対孤独の中で呆然自失状態に陥りかけたときに、
突然また別なところにテレポーテーションした。

そこはいつも遊びなれた家の近くの田んぼ脇の空き地であり、
田んぼと道路を隔てて幅1メートルほどの川が流れている。
その川の下には赤レンガでできた幅3m、高さ3mほどのトンネルが田んぼ側から掘ってあり、
そこはどこか懐かしい感じがして私は水かさ10cmの川を渡り、
吸いこまれるようにトンネルの中に入った。

トンネルの両側には50㎝ほどの側溝があり、そこには体高10㎝ほどの亀が3匹いて、
「道案内に来たよ。」とテレパシーで私に話しかけてきた。
「どこへの道案内?」と私もテレパシーで応答したが亀は応えず、
ノロノロと本当に亀の歩みで進み始めた。
亀の進み始めた方向を見ると、針の先ほどの一条の微かな光が見え、
あの光の向こうには絶対的至福の世界があり、
私に永久(とわ)の安らぎを与えてくれる人間ではない或る大きな存在が待っていると確信し
急いで亀たちの後を追った。
初めは一条の微かな光だったが、光の輪郭がだんだんと大きくなり、
眩しいほどの七色の閃光と化し、あともう5mほどで光の中に入れる!と思ったときに、
なぜか私は後ろから光の中へ入るのを邪魔する強い存在を感じて亀の後を追うのを止めた。

私は「もうすこしこのトンネルの中で遊んでからあの光の中へ行かない?」
テレパシーを送ると、亀はあっさりと「いいよ。」とテレパシーで応答してきた。
私はトンネルの中で亀たちと「かごめかごめ」遊びを始めた。
なぜか此の世では味わえないような至福感を感じながら・・・。

至福の世界へ続く光への入り口は厳然として5m先に存在し、
人間ではない或る大きな存在が気長にいつまでも私を待っている気配をありありと感じてはいたが、
私は亀と遊ぶことに夢中になり、いつしか永久の安らぎが待っているはずの
神々しい光の中へ入ることを忘れてしまった。


☆------------------------------------------------☆


あのとき、至福の光の中へ入るのを邪魔する存在と感じたのは、
ずーっと私の名前を呼び続けた母だったらしい。

それから、牛のフン型地雷やあの世への道案内役としてなぜ亀が来たのか?
を分析すると、亀は祖母が毎夜話をしてくれた数多のおとぎ話の中の「浦島太郎」の
異次元世界的雰囲気が私の幼い脳にインプットされていたのだろうと思う。
牛のフン型地雷は当時家の近くの田んぼや畑では
牛に引かせて田畑を耕す道具の牛鍬(うしぐわ)が使われており、
仕事を終わり牛舎に帰る牛が道にボタボタとフンを落していったのを日常的に見ていたので、
踏んではならない!という意識とその光景が強く
インプットされていたのではないかと思われる。

(牛に引かせて田畑を耕す・・・って言っても、江戸時代の話じゃないわよ・・(笑)
まだ各家庭にテレビも普及していない時代で、一応は人口約4万人の地方都市とはいえ、
交差点には信号機が一機もなかった1950年代当時の日常風景の話よ。)


臨死体験は「脳内物質(エンドルフィン)が幻覚を見せる現象である」という人もいるが、
今は誰になんと言われても、私が体外離脱をしたという現象は100%の事実として認識している。

今まで、葬儀の度に何度も死に顔を見てきたが、
皆が皆安らかな、眠るような顔をしていたことを考えると、
人が死ぬときは肉体的苦痛が極限状態になると脳は自ら麻薬物質(モルヒネ)を出すらしいので、
昏睡状態に至った時には苦痛はなく、
ゆえに生と死の境は決して苦痛に満ちたものではないと考えざるを得ない。

今でも、人が死ねば肉体はただのゴミになると思っているが、
人生の経験値や生きた長さによって今際のときに見えるものには個人差があるのだろうが、
死のことを考えたこともなく、臨死体験という言葉など知る由もなかった私の子ども時代の
体外離脱経験を鑑みると、やはり、人間には今の科学では解明できない、
人生の経験則にも左右されない霊的なナニカ?が存在するのだろうか?
そして、あの神々しい光の先には「死後の世界という異次元世界」が
存在すると考えるのは死に近い人間としてのただの願望なのだろうか・・。

生と死の境にありて幼魂が亀と歌ひしかごめかごめよ
にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : みんなに知ってもらいたい ジャンル : 日記

tag : 臨死体験 体外離脱 テレポーテーション テレパシー 麻薬物質 エンドルフィン 霊的 死後の世界 異次元世界

検索フォーム
にほんブログ村
人気ブログランキング
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、六十路.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ