*All archives* |  *Admin*

放射線を浴びたX年後 ビキニ水爆実験、そして・・・
録画しておいた「放射線を浴びたX年後 ビキニ水爆実験、そして」
(1月29日(日)24:50~日本テレビ系NNNドキュメント’12)を観た。


番組内容
1954年ビキニ水爆実験の放射性物質が日本をすっぽり覆った事実が判明。
第五福竜丸以外に延べ992隻もの魚船が被爆していた。
X年後船員たちはバタバタ死んでいった…

詳細
「直ちに健康に影響はない」原発事故後繰り返されたこの言葉。
放射線の影響はずっと後で出る事は誰もが知る事なのに。
58年前ビキニの水爆実験に巻き込まれたのは第五福竜丸だけではなかった。
延べ992隻の漁船が被曝、しかも放射性物質は日本をすっぽり包み込んでいた。
日米政府は僅かな金で幕を引いた。その後何も無かったかの様に実験海域の
マグロが日本の食卓にあがり続ける。X年後、船員は若くしてバタバタ死んでいった…

以下は朝日新聞の紹介記事
1954年、アメリカが太平洋で行った水爆実験による被曝あ(ひばく)事件の全容に迫る。
水爆実験の”死の灰”は日本やアメリカ本土にまで届いた。
南太平洋から戻ったマグロ漁船の船体や乗組員の衣服、頭髪、魚からは強い放射能が検知された。
だが事件から7カ月後、被曝したマグロが続々と水揚げされる中、
日本政府は突如、放射能検査を打ち切った。


Watch 日本テレビ NNNドキュメント「放射線を浴びたX年後 ビキニ水爆実験、そして」
in 社会活動・非営利 | View More Free Videos Online at Veoh.com


番組ではビキニ水爆実験の直後に死の灰を浴びたマグロ漁船の乗組員たちが、
40代や50代でガンを発症しバタバタと死にゆく事実を克明に検証していた。
日本はWHO加盟国のうち第一位の長寿国であるとともに、
総人口の半分にあたる人々の死因がガンであるという、世界でも珍しい国らしい・・。

戦後、日本は敗戦国としてアメリカのポチになり、今現在もポチの座に甘んじている。
(ポチで居たほうが儲かる人たちがいるからだろうけれど・・・)
そして、無理矢理に穀物や脱脂粉乳から始まる米産品を大量に輸入させられて
食生活を変えさせられたのも一因だと考えられるが、
日本人の二人に一人が、否応なくガンで死ぬ時代になった原因のひとつは
58年前ビキニ水爆実験も原因のひとつであることを否定もできない。
ただ証明しようにも、今となってはその方法がないだけで・・・。

福島第一原発事故直後、国からは、私たちが一番知りたい情報は何も知らされはしなかった。
番組を見て、昔も今も何も変わらない国の姿を見ただけであった・・。
X年後、福島の人々がどうなるかは専門家と称する人たちは誰も何も言わない。
言いたくても言えない事情は判るけど・・。

番組では当時と同じことが行われているフクシマの現実をも暴き出している。
そして、エンディングで、被曝したマグロ漁船船長(既に死亡)の未亡人が放った言葉が、
この国の昔も今もなにも変わらないという現実を的確に現す語彙として重く鋭く私の胸に突き刺さった。

「いつの時代も弱い者にしわ寄せがくるというのはいつの時代も一緒・・・・・
ウン.......... いつの時代でも一緒や・・・」


基本的人権知らぬ人々に従うほかなき家畜のごとく 
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 思ったこと・感じたこと ジャンル : 日記

tag : NNNドキュメント12 放射線を浴びたX年後 ビキニ水爆実験 X年後

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ