*All archives* |  *Admin*

ここまで来た「あの世」の科学―魂、輪廻転生、宇宙のしくみを解明する

宗教的にではなく、科学的考察と銘打つ
あの世」とはどんなところか?を知りたくて、
「ここまで来た「あの世」の科学―魂、輪廻転生、宇宙のしくみを解明する」
(¥150 税込 BOOK OFFで購入)読んでみた。
科学的とは言え、あくまでも仮説の域を出ることはないが、
「宗教によるあの世観」と対比するのも一興のような気がする。
著者はソニーのロボット犬「アイボ」を開発した
プロジェクトチームのリーダー技術者であり、
深い科学的知識を元に書かれているらしいが、
私は物理学にはまったく縁がないところに、
量子力学だの、相対性理論だの、超ひも理論だのが出てきてチンプンカンプンの箇所も多く、
半分も理解できなかった。
ただ、第7章の「死後の世界 輪廻転生前世の存在を検証する P169」と、
第8章「無意識は神の化身か? 深層心理学からのアプローチ P191」
についてはそれなりに面白く読めた。

簡単に言えば、理論物理学者のデヴィッド・ボームという人が
現実に見えているこの世界(この世)=明在系と並行して、
もうひとつの目には見えない世界=暗在系(あの世)が
存在しているという概念を提示しているらしい。
勝手に解釈すると、この世とあの世は密接にリンクしながらも、
この世の生身の人間には決して感知できないパラレルワールドの世界ということになるらしい。

では、私がそのうちに行かねばならない暗在系=あの世とはどういうところか?
を第10章の「宇宙はひとつの生命体なのか?集合的無意識の極致は愛であり仏性である P239」
の中の「●あの世は壮大な無意識のネットワークだ」 
から一部引用してみた。

『―無意識の構造は、あらゆる「個体」同士が、
それぞれ異なる強度で結合された、全人類に広がる、
巨大で複雑なネットワークと考えることができます。いかなる「個体」も、
このネットワークと無関係に存在することは許されません―』

『―宇宙意識の基本構造は、壮大な「無意識」レべルのネットワークであり、
生命を得て生まれてくる「個体」は、
その大海の表面に発生した小さな泡のようなものでしょう―』


判ったような、判らないような・・・(?_?)

つまりは、人間が肉体の機能をすべて失ったら、
壮大な「無意識」レべルのネットワークに組み込まれ、
自我は完全に消滅し、「我思うゆえに我あり」も消失し、
無意識だけがゆらりゆらりと宇宙意識の中を永遠に彷徨う。ということなのだろうか?
だが、死によって脳細胞が完全に機能停止をすれば、
無意識の存在さえも消失するのでは?と思うのだが・・・
無知な大凡婦には、「あの世とは無意識レベルのネットワークである。」
などと言われてもピンと来るものがなく、理解も不可能である。

霊魂という存在は目には見えない。
錬金術や、あの世を示唆する「超ひも理論」なる
ド素人には難しい物理学の理論等を或る程度でも理解していないと、
科学的な「あの世=暗在系」のことを理解するのは難しいようだ。



科学的な「あの世」よりも、今日、戸別訪問で来た宗教(エ○バの証人)の
神の国への勧誘ウーマンのあの世の話のほうが判り易かった。

インターフォン越しではあるが、
「あなたは今幸せですか?
もし少しでも不幸な気持ちをお持ちでしたら、
お話を聞いていただけませんか?」
というので、家事労働で忙しかった私は
「神の存在を信じていませんから、お話は結構です。」と答えたら、
「えーっ!?あなた様は進化論を信じている唯物論者でいらっしゃるのですか?
進化論は完全なる間違いであり、我々は神による天地創造で造られた人間の子孫なのですよ!
この世界は7日間で神が創造した世界なのです。
わたくしは皆さまも永遠の楽園で楽しく平和に暮らして頂きたくて、
こうして布教に回っているのです。
せめて、お互いに顔を見ながら私の話を聞いていただけませんか・・」と言うので、
「もう、何回も話を聞いていますので、これ以上神様の押し売りはいいです。」
と言ったら、
「神を信じない人は死んだらすべてが無に帰して魂さえも存在しなくなりますよ。」
と力説して隣の家に向かって行った。
いつもくる布教者よりもすこしばかり布教マニュアルから外れているな、
と思った。きっと信仰に入って間も無いか、布教は新米の人なのだろう。

彼らの信じる神を否定すれば、不老不死にも成れなくて、
信仰しない人は死ですべてが無に帰すのなら、「エ○バの証人」以外人々は
全員が死んだらおしまい・・になることになる。
キリスト教にも数多の宗派がある。
基はたったひとつ教義であるはずだが、時の権力者の思惑の許、
今なお聖書の記述のみを重んじる原理主義者から、
進化論を科学的論説として容認したカトリックまで数限りない宗派に別れた。
信じたい人は信じればいい。信じたくない人は拒否してもいい。
信じるも信じないもその人の自由であり、
どのような死後の世界に行きたいかもその人の自由。
私は死後は「無に帰す」で結構ざますわよ。<(`^´)>

ほとんどの宗教は個体としての今を生きている人間よりも、
不滅?である霊魂のほうが本質的な存在だと説くが、
私は死後は「無に帰す」ことを願っているので、宗教的あの世にも、
科学的仮説のあの世である暗在系にもそれほど魅力は感じない。

どんなに科学が進歩しても科学的あの世は仮説の域を出ることはできない。
宗教の説くあの世は想像の域を出ることはできない。
結局は一度行ったら帰って来ることのできない世界であり、
いろいろ思い煩うよりも、儚く残り少ない現世の時間を思い切り楽しみ、
自分に取って都合の良いあの世を夢想することで生の終焉を迎えることにしたい。

現在この地球上にいる人間は70億人を超えた。
ということは、極端に言えば、70億通りのあの世が存在していても不思議ではない。
私も・・嫌でもそのうちに行くのだから、
そこで明確な証拠?を感じられるだろう・・。
もしも、そこが「完全なる無の世界」であったとしたら、
それはそれで私には望むところではある。

霊魂の存在についてはある思い出がある。
母がまだ生きていた頃に家族の守護霊について、
近所の霊能者にお伺いを立ててもらったところ、
母方の曾祖母が私の右肩辺りに守護霊として、
ぴったりと張り付いているそうな。
私にはまったく守護霊の存在は知覚できないが、
右肩が40肩になってときどき痛み、いつも重く感じるのは、
曾祖母の守護霊が原因なのだろうか?(?_?)

無知ゆえに神にきづかぬ我もまた神の計画の一部と思へり
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 思ったこと・感じたこと ジャンル : 日記

tag : あの世 アイボ 量子力学 相対性理論 超ひも理論 輪廻転生 前世 深層心理学 デヴィッド・ボーム パラレルワールド

Secret
(非公開コメント受付不可)

Re: ひも理論YouTube
Tiffany様。こんにちは。(*^_^*)

「ひも理論」・・未だに理解できていませんが、
今のところは、死後は「無」でありたい。
と願っていますので、「ひも理論」の勉強はしばらくお預けにするつもりです。

今後、死後はやっぱり「有」でありたい。」などと気が変わったら、
改めて勉強してみたいと思います。
ご訪問、並びにコメントをありがとうございました。( ^^) _旦~~
ひも理論YouTube
私も死後は無で十分です。ちなみに、もうすぐ60歳です。(^_^)
毎回読ませていただいてます。内容はもちろんですが、YouTubeもいつも楽しんでます。
ひも理論はとても面白く視聴しました。
いつも考えさせられるテーマを投げてくださってありがとうございます。
これからも訪問します。
検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ