*All archives* |  *Admin*

いよいよ「小国民」育成教育が始まる?小中学校において、2、3年後に「道徳心」「愛国心」に成績をつけると文科省が決定。教育委員会の判断で内申書に記載し、入試の資料とすることも可能に。
Remember311919

TPPについては、大部分の農業者が不安に感じている。その不安に応えて国会では、「コメなど重要5品目は関税撤廃の交渉対象としない」などの決議を行った。しかし、交渉決着後の首相の説明では「国会決議は守った」「関税撤廃の例外を確保した」という。だが、これは事実と違う。(現代農業8月号)
10-31 16:08

協定の付属文書を見れば明らかだが、「例外を確保した」品目のほとんどで関税の段階的削減が明記されている。さらに協定発効7年経過後の再協議まで約束させられているのだ。しかし、農業者は人がいい。
10-31 16:17

野党とともに国会決議違反や政府の秘密主義を追求するよりは、「TPPから農業をどう守ってくれるのか」という点関心を寄せ、「安心してください」という与党に頼ってしまう。農業者がこうした政権依存を脱し、確信を持って営農を続けるためには、自ら政治的判断をしなければならない。
10-31 16:21

その判断基準①日本政府が他国と約束した付属文書を含め、TPP協定の日本農業への影響を品目別に検証する。②政府が決定した「TPP関連対策大綱」によって、協定発効後も安心して農業を継続できるかどうか。③グローバル化の中で農業を基幹産業として守るためには、どのような政策が必要か。
10-31 16:30

原発の「安全神話」が崩壊し、「アベノミクスへの期待」も急速にしぼんでいる現在、国民は「成長信仰」から解き放たれ、新たな価値観を求めて模索している。それは自然と共生しつつ、労働と生活の中に喜びを感じられるような社会の実現である。農業はそうした社会のもっとも近いところにある。
10-31 16:48

農業だけではなく、林業も水産業も重要である。農林水産業(第一次産業)はGDPの1.5%に過ぎないかもしれないが、農業の社会的価値はその数十倍あることに、農業者はもっと確信をもってよい。TPPで農業に問われていることの一つである。改めて言えば、農業の持つ社会的価値はすごいのである。
10-31 16:55

「希望の塾」は落ち目タレントのハローワーク?【小池劇場】都議選擁立示唆、政治塾にエド・はるみ、東大卒地下アイドル・桜雪、元テレ朝アナ・龍円愛梨さん参加…小池百合子知事は「プレーヤー」に彼女たちを使うのか - 産経ニュース https://t.co/KCjt4cQ5e6
10-31 17:06

小中学校において、2、3年後に「道徳心」「愛国心」に成績をつけると文科省が決定。教育委員会の判断で内申書に記載し、入試の資料とすることも可能に。民進党長妻氏の活動報告より2016.6.10子どもの道徳心に成績をつける? https://t.co/O0YKB6Fle3
10-31 17:17

RT @hiroshe12: <米軍ヘリパッド>ダンプカー100台搬入 https://t.co/3cTSF9drTz @theokinawatimesより
10-31 17:20

スクープ!「連合」内部から異論!「野党共闘進めていくべきだ」~安倍政権への「歯止め」が必要だと訴える「自治労」にIWJが直撃取材!明らかになる連合内の「温度差」! https://t.co/SHcK61GKmQ @iwakamiyasumiさんから
10-31 17:23

にほんブログ村ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



RT @tachibana1967: 「日本古来の〇〇」が好きなアベ国…。古けりゃいい、ってもんじゃねーだろ!(><) https://t.co/MsBeQLdFOd
10-31 17:26

ジャーナリストの常岡浩介さん拘束、イラクで モスル奪還を取材 ― スポニチ Sponichi Annex 社会 https://t.co/5Rlx0jcD3F
10-31 23:16

にほんブログ村ブログランキング
関連記事

テーマ : みんなに知ってもらいたい ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ