*All archives* |  *Admin*

事業者の責任はどこへ?福島第一原発の廃炉・賠償費用について、経済産業省が国民負担を検討。必要な資金を確保するため、原発を嫌って新電力に乗り換えた昔の客にも負担を求める。
img153.jpg
Remember311919

RT @mt3678mt: 南スーダンPKO活動に派遣される自衛隊員に、駆けつけ警護などの新任務が付与された。現地の情勢は極めて緊迫して危険な状態である。それにも拘らず、安倍政権は新任務の付与に突っ走った。その先にどのような展開が待ち受けているか。東京新聞のデスクメモが一つのあ…
11-20 15:30

RT @fj_333: 議員会館前11/19何の因果があって自衛隊員が南スーダンまで派遣されなければならないのか?日本国民の命を守るためならともかく。狂気に満ちた総理大臣と自民党にせっせと組織票を投じる無知な有権者の責任はあまりに重い。 https://t.co/YYuda
11-20 15:30

RT @honda_hiroshi: さすが経済誌❗️世界一高齢化が進んだ日本のGDP当たり医療費がOECD平均並みで、個人負担は最高(米国除く)であることに一切触れず‼️😂😠高所得高齢者の負担増、医療費1000億円抑制 政府原案:日本経済新聞 https://t.co/o
11-20 15:33

RT @knamekata: サンデーモーニング。岸井成格氏が、南スーダン新任務付与の問題を突く。「岸田外相は首都は大丈夫というが、国連がここは危険と言い、PKO5原則は崩れていることを認めている。大量虐殺の恐れがあるなど凄い報告だ。政府軍と戦う可能性がある。そういうことをよく…
11-20 15:34

RT @hiromi19610226: もしもし、トランプアベって ちょろいだろ?俺が テポドン飛ばすぞって言ったら ナンボでも アメリカから武器買うからさぁ必要なら 言ってよ、OK!マージンは また相談しようぜ https://t.co/VaEn7PU1SN
11-20 15:36

事業者の責任はどこへ?福島第一原発の廃炉・賠償費用について、経済産業省が国民負担を検討。必要な資金を確保するため、原発を嫌って新電力に乗り換えた昔の客にも負担を求める。 https://t.co/srCtQAfLDe
11-20 15:53

RT @takeokak: 安倍政権の朝貢外交。安倍首相、会談内容は非公開としたが、山口二郎大学教授が、 「安倍・トランプ会談の偽議事録」を作成。 (11月20日、「本音のコラム」東京新聞) 偽議事録とは言え、正に内容的には当たっている。 安倍首相は「トランプのアメリカ…
11-20 15:56

RT @heikurosan: 安倍と公明山口の今後の予定:南スーダンで自衛隊から戦死者を出し、武道館で大々的に追悼式、その流れで社会的儀礼として靖国へ。弔い合戦と国民感情煽り憲法改悪怒涛の一直線かな。街の公明党支持者「ダイジョブよ私達がお題目あげてるから、戦死した自衛隊員さん…
11-20 16:13

竹内候補の街頭演説には連日のように脱原発を掲げる著名人が応援に入った。原発再稼働容認の桜井陣営はそれがシャクの種だったようだ。田中龍作ジャーナル | https://t.co/oxsjxNy78o
11-20 16:33

「警察は少年が自ら金を渡していることなどから、恐喝事件にはあたらないと判断」⇐ 自ら進んで渡したのではなく、脅されて嫌々渡したんじゃないの。原発避難いじめ事件 警察“恐喝にあたらず”と判断 https://t.co/zkmdQMEWa0
11-20 16:54

にほんブログ村ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



トランプの「アメリカ・ファースト」は、「アメリカ国民・ファースト」ではなく、「自分及び親族の金儲け・ファースト」ってこと。日本では自民党籍の政治家が同じことをしている。会談にイバンカ氏「政治の私物化」 米でトランプ氏批判:朝日新聞https://t.co/jmeBMsmksQ
11-20 17:08

にほんブログ村ブログランキング
関連記事

テーマ : みんなに知ってもらいたい ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ