*All archives* |  *Admin*

朴槿恵大統領の退陣表明を受け、日本の各テレビ局は多くの時間を割いて、勝手な分析で朝から晩まで大々的に報道している。しかし、日本国内のデモ(国会前デモ)の時はほんの数秒の報道でしかなかった。新聞も三面記事扱い。この違いはなんだ?
slide_440352_5813062_free.jpg
abeyamero.jpg
20161113-3.jpg
Remember311919

RT @hiromi19610226: 今の お年寄りは 戦後の日本を支えてきた方たち今の子どもらは未来の日本を支える人たちその人たちを 大事にできないで、なにが愛国だ 保守だ?笑わせないでよ
11-30 15:56

RT @kaokou11: どうして今のマスコミは不祥事を起こした(とされる)芸能人や個人に対しては徹底的にあることないこと穿り出して報道するのに、他国の問題には適当な解釈で延々と報道するのに、自民党系の国会議員の不祥事や問題発言、政策、国会答弁などはほとんどスルーなんでしょう…
11-30 15:58

朴槿恵大統領の退陣表明を受け、日本の各テレビ局は時間をかけて、勝手な分析で朝から晩まで大々的に報道している。しかし、日本国内のデモ(国会前デモ)の時はほんの数秒の報道でしかなかった。新聞も三面記事扱い。この違いはなんだ? https://t.co/jwtLSDe698
11-30 16:49

少子化の原因を女に押し付け、社会進出するのが問題と言い出す‥開いた口が塞がらない。これは一部の議員の暴言などではない。なぜなら、現在安倍政権が押し進めている憲法改正の中身は、正に、「女は社会進出するな」と言っているに等しいからだ。https://t.co/D6tNKhXod4
11-30 17:04

つまり、建て替えで、「新・もんじゅ」を開発推進するということね。国民から、税を吸い取り尽くすまで、原子力ムラの「もんじゅサイクル」は終わらないらしい。https://t.co/ofQivF4EFs
11-30 17:16

RT @4444Daughters: @Remember311919 @nagakita21 夕方、各局を、のぞいてみたら、キャスター、コメンテーター、そろって、韓国大統領非難に、夢中になっている、皆さん、頭冷して、日本政府の、酷さにもメスをいれてくださいよ、10、20年先に、…
11-30 17:19

【拡散希望】安保法を語る(1)「自衛隊を南スーダンに送るな!! いのちを守れ!! 青森集会」での、自衛官の母親・平和子さんのスピーチ ぜひ、お読み下さい!https://t.co/bOXTR1O51u各種共有ボタンで拡散を!→ https://t.co/B8fDCPA8wK
11-30 17:33

CIAが歴史的な「機密地図」の数々を公開 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト https://t.co/vOl0BK3lDF
11-30 22:27

地図は「外邦図」と呼ばれるもので、米国にとって諜報活動に役立つ貴重な資料となった。敗戦国の情報だけでなく、新たに台頭してきた敵、すなわちソビエト連邦の情報も含まれていた。https://t.co/LSLVI4FWy2
11-30 22:31

RT @donvanx: 皆さんは朝鮮の人達を気が短い、感情に流されやすいと吹きこまれている。違うんだよ彼らはず~っと永い間、抑圧されていたんですよ。階層社会の弊害がまだ韓国社会の中に根深く残って居るのですその様な社会を改革しようとしている時に不正が発覚した、国民は悪徳を許さな…
11-30 23:03

にほんブログ村ブログランキング
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 伝えたいこと ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ