*All archives* |  *Admin*

〈わが生のあらむ限りの幻や送りし旗の前を征きし子〉戦死したひとり息子を詠みつづけた「尼崎の小山ひとみさん」の歌を読み、「切ないね」と言った母の一言が今も心に残る。
Remember311919

「これで、飛行機が…落とせるの??」「将来は自衛隊で決まり」。自衛隊群馬地方協力本部(前橋市)が、ウェブサイトで地元の中学生による職場体験の様子を写真付きで紹介した際、生徒が実際には発していないコメントを添えていた。 - 毎日新聞 https://t.co/zojc7Lpekp
12-02 11:32

RT @hyodo_masatoshi: 現在の自民党の中心は、戦争を知らない、幼児期から生活的にも恵まれた世襲議員によって構成されている。それが問題なのは、国民の窮状に冷酷な政治になって顕在化するからだ。それは、11月29日、年金のカットとなって現れた。これは家族の状況によっ…
12-02 11:51

RT @Medicis1917: NHKは、国会中継を恣意的なタイミングでぶつ切りにしたりする癖に、受信料だけはしっかり「徴税吏員」を使って巻き上げていくんだから見上げた根性だよ。公共放送には本来、資本の意向を受けやすい民放などと違って、市民の為に放送を行えるという利点があるが…
12-02 11:53

RT @mt3678mt: 公明党は“ブレーキのフリをしたアクセル”にすぎません。 https://t.co/oa0oBMuTMR
12-02 11:56

それで、急いでカジノを作ってギャンブル依存症患者を増やして、下々から税を吸い上げたいと?税収前年割れ:アベノミクス失速鮮明…法人税が減少 - 毎日新聞 https://t.co/Ahp6FMXXVv
12-02 12:06

RT @matsuikei: カジノ法案、公明が一転賛成へ、とTBSラジオの報道で。公明はもう、完全にこのパターンになってしまいましたね。反対→慎重→賛成と、ま、こう流れていくわけよね、いつも。与党ガス抜き担当、といいたい惨状ですな。
12-02 12:08

朴槿恵大統領の父の生家が放火のニュースで思い出す、加藤紘一宅放火事件。犯人は右翼団体幹部で、犯行の動機について、「加藤が小泉純一郎首相の靖国神社参拝に批判的な発言をしていたことに抗議を示したかった…」。奇しくも犯行日は、内閣総理大臣小泉純一郎が靖国神社を参拝した日だった。
12-02 12:22

〈わが生のあらむ限りの幻や送りし旗の前を征きし子〉戦死したひとり息子を詠みつづけた「尼崎の小山ひとみさん」の歌を読み、「切ないね」と言った母の一言が今も心に残る。https://t.co/T85GaAUXPi
12-02 23:17

RT @akahataseiji: カジノ法案に4紙が社説で反対・批判。タイトルも「唐突な採決に反対する」毎日、「人の不幸を踏み台にするのか」読売、「懸念解消を先送りするな」産経、「危うい賭博への暴走」朝日、と手厳しい。延長国会のどさくさに紛れ、手抜き審議で会期末成立に駆け込も…
12-02 23:18

RT @harumi19762015: 「安倍政権の成長戦略の目玉として掲げたカジノ法案」って報ステで言ってるけど、法案の是非はともかく成長戦略の目玉がギャンブルってほんと大丈夫かいな、この国は。
12-02 23:19

にほんブログ村ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



口先では、「休眠預金を福祉に利用」とはいうけれど、結局は微々たる額は証拠として福祉に回しても、残りは与党政治屋の懐を潤すだけだと思う。https://t.co/e5oGmQgUvw
12-02 23:30

悪意が無くて親しみを込めたつもりでも、「キン=菌」と口にした時点でアウト!https://t.co/4F1cwFfN78
12-02 23:37

「Aの曽祖父は最高裁判事、弁護士会会長を務め、高祖父は衆院議員、司法次官を歴任するなど、華々しい経歴の持ち主」⇐ 千葉県警がもみ消したかった理由。https://t.co/DpR96JwAex
12-02 23:46

にほんブログ村ブログランキング
関連記事

テーマ : 今日のつぶやき。 ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
にほんブログ村
人気ブログランキング
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、六十路.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ