*All archives* |  *Admin*

遺骨、位牌、墓、この厄介なもの・・終わらない故郷の墓問題
今日、夫の次姉から電話が来た。
内容は夫の実家の墓の移転についてである。
次姉の言うことにゃ・・・
遺産相続でもらえるお金の中から10万ぐらいは出してもいいから、
長男であるあなたが住む地域にお墓を移転したらどうかしら?
それと、分骨してお東さんに納骨したら?」
という内容であった。

故義父母の遺骨は故義母が生前に買っておいたお寺の納骨堂に収められているが、
同居していた故義姉の夫とその子どもが、
「妻が亡くなったのに、
いつまでも故義父母の仏壇と位牌を家に置いておく義理はない。
早く引き取って欲しい!」と、しつっこく言って来ていたので、
寺側の了承を得て、2柱の位牌は遺骨と一緒に納骨堂に置いて貰うことにした。
そして、先日、祭祀継承については、特定の祭祀継承者は置かない。
故義母の遺産の中から維持管理費の20年分を前払いして、
お墓参りは行きたい人が行きたいときに行くことにして、
それで一件落着とする。
20年が過ぎたらもう管理費は払わない。
そして維持管理費を5年間払わないと
無縁仏として合祀されるそうなのでそれで良しとする。
ということで話が付いているはずなのに、
また、独り暮らしの暇な次姉がやいのやいのと電話をしてきて、
故郷の墓問題をますますややこしくしてくる。

20年後には現存する夫の姉たち3人が運よく生きていたと仮定しても、
80代後半から90代前半になっている。
今でこそ、お寺に近い遠いに関わらず、だれもお墓参りに行く気もないのに
こちらにお墓を移しても、お東さんに納骨をしても、
よもや、自力でお墓参りに行く気持ちも気力も体力もあるとは思えない。




脳の側頭葉に存在するという神の領域を含め、
人間の肉体は死んだらただの燃やすゴミ・・・
そのゴミの最終処分場(お墓や納骨堂)に
大金をかけても死者は何も答えてはくれない。
もし、お東さんに納骨をしたとしても、
そこのエライお坊様方に儀礼として経文を唱えて貰っても、
あの世の死者とコンタクトが取れるわけでもない。
また、「お東さんへの納骨」の際にも「ランク=金額の差」がある。
この世は紛れも無い格差社会であるが、
あの世というところも、
戒名のランクを見ても判るように格差のある社会(霊界)らしい。
あの世に行ってまで、ランク付けされた霊として
存在させられるのはいかがなものか?と思ってしまう。


我が夫婦は、この地上にお墓と言う厄介なものを持つ気も、
どこぞの寺と檀家契約をする気もさらさらない。
ゆえに、「その話はもう終わりにしたい。」
ということで次姉からの電話を切ったが、
まだよく判っていない様子であったらしい。

義姉たち三人には位牌を寺の納骨堂に収めるときに、
祭祀権者は置かない。ということを時間をかけて話をしたので、
納得して貰ったと思っていたが、
まったく理解していなかったようである。
要するに、長男で末っ子で一人息子でありボケ田姓を継いでいる我が夫が
実家の祭祀権を継承したと思っているらしい。
遺産相続に関しては嫁に行った行かないに関わらず、男女平等ではあるが、
祭祀権については、まだまだ、戦前の家督相続制度が生きているのが現実なのである。


加速する少子化と多死時代を迎えた今、この狭い国土で、
また家に近いところとなると、首都圏に住む私のような貧しい者が、
個人で地上に墓を持つことは無理な話である。
いっそのこと、火葬後の遺骨や遺灰は
希望者にだけ欲しい分を持ち帰ってもらい、
要らない人はそのまま置いて帰れれば、
悩ましい墓守り問題も起きないと思うのだが、
そのような慣習の変革は葬式仏教を生業とする
宗教法人や葬儀社、仏壇屋、石材店、
墓所販売業者が大反対するだろうて。(ーー゛)


今まで親戚縁者の死で各地域の火葬場に行ったが、
概ね、東日本の骨壷は一種類しかなく、それにバカでかい。
「遺骨は残さないで入るだけ入れてください。」
と言われて、入らない分は、棒で下の遺骨を叩いて砕いて、
ぎゅうぎゅう詰めにしなくてはならかった。
また、西日本の骨壷は概ね、大中小のサイズがあり、
遺骨を持ち帰るサイズは選ぶことができて、
東日本型のように叩いて砕いて入るだけ入れるようなことは無く、
丁寧に入れて持ち帰ることができた。
この違いは、地域の慣習なのか、
火葬場が民営か公営かの違いなのかは知らないが、
私個人の気持ちとしては西日本型の収骨が望ましい。 




近所にキリスト教徒のお婆さんがいるが、
毎月、自宅の庭の花を摘んで、
近くのお寺の敷地内にある実家のお墓参りに行くのを恒例としている。
その月一の祖霊へのお墓参りが一番、心が安らぐ時間なのだそうである。
彼女のように一神教のキリスト教を信じていても、
仏教系のお墓参りに行き、般若心経を唱えてくる行為は、
八百万の神々と共に生きてきた、また、為政者にそのように生かされてきた
日本人ならではの宗教観なのだろうか。

私はお墓参りに行っても、鈍感なのかどうか、メンタル的には何も感じないが、
友人たちに訊くと、極一部の人の感覚では、
お墓とは今を生きている者のメンタリティを鎮静させてくれる場所らしい。

思うに、「わたしはお墓参りに行った。ゆえに死者を忘れてはいない。
わたしは日本人として常識的な善なる行為をしている。」
という理由付けができる自己満足のためにあるものなのだろう。

それでも、現実的には地上にあるお墓は維持管理費がかかり、
我が家のようにお墓参りに行くとしても遠距離なので、
交通費(新幹線代、もしくは飛行機代)と宿泊代がかかる。

我が夫は実家というものを失った今、故郷を失ったも同然である。
加えて、自身がもっと高齢になれば自分の事だけで精いっぱいに成り、
遥か遠くにある故郷の親のお墓など、どうでもよくなるのは目に見えている。

私の墓に対する思いは、東日本大震災以降、
「何が何でも地上にお墓など要らない。」の
決意がますます確固たるものになった。

それでも、下記の今朝の新聞記事のように個々人の墓、遺骨に
対する思い入れは多種多様である。
故郷に帰れない理由は我が夫とはまったく次元が違うが、
葬式仏教とそれに付随する供養儀式にしがみ付きたい人は
しがみ付けばいいと思う。
お墓参りで心が洗われ、また救われ、安堵感が得られるのであれば、
それはそれでお墓とは生者にとってはグリーフ・ケアの代償としては
意味のあるものだと思うから・・・。
p20120426
朽ち果ててエピタフの文字消え失せし名もなき墓に野花置きたり
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 思ったこと・感じたこと ジャンル : 日記

tag : 遺産相続 納骨堂 祭祀継承 側頭葉 神の領域 霊界 グリーフ・ケア 葬式仏教 祭祀継承者

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ