*All archives* |  *Admin*

「私の政治家としての美学、生き様に反する」…業者から現ナマを貰った甘利氏は、こんな言葉を残して閣僚を辞任。その後の国会を世界的にも珍しい症例の睡眠障害で欠席し、関係者の不起訴が決まるとさっさと復帰。…「ひたむきに、これからも。」の後に続く言葉は「斡旋利得稼業に精を出します」なのだろうか。
cat_013.jpgCz-ybo5VEAAbnFP.jpg
Remember311919

RT @hyodo_masatoshi: 多くの災いがこの国に取り憑いた一年だった。それも政治のトップによって、意図的人為的に日本は断崖へと追い詰められている。太平洋戦争の場合は、米国によってこの国は自暴自棄の戦争に追い詰められた。今回は、米国のしもべと化したこの国のトップによ…
12-31 16:20

RT @mipom11: 稲田朋美防衛大臣が、靖国参拝を行うのは、「英霊達に尊崇の念」ではない。『愚かなネトウヨ』『日本会議』『国家神道信者』達からの組織票が欲しいからだ。米中韓関係にヒビを入れても、稲田朋美は自分の立場しか考えなかった。ネトウヨよ、この利己主義女のこの靖…
12-31 16:22

RT @stopgp: 靖国神社とは「神社」ではなく、明治政府がつくった「思想喧伝の施設」です。この事実をご存知ですか? - 思索の日記 生きている人間を神とし、その一族を神の家系とする「カルト宗教」ですが、それを国家権力を用いて全国民に強制したのでした https://t.…
12-31 16:23

RT @akhila7: 日本人は放射線に強いのか。んなワケなかんべ。 https://t.co/kBE6oslNcE
12-31 16:24

安倍首相が行きたくて行きたくてしかたのない靖国。でも、アメリカ様の言いつけで行きたくても行けないので、アベ教の婦人部No1の盲信者(稲田氏)を自分の代わりに靖国参拝に行かした。一私人の参拝と言いながら、「防衛大臣」と記帳したという。これでは韓国と中国が怒って当たり前。#安倍ってる
12-31 16:58

「私の政治家としての美学、生き様に反する」業者から現ナマを貰った甘利氏は、こんな言葉を残して閣僚を辞任。その後の国会を世界的にも珍しい症例の睡眠障害で欠席し、関係者の不起訴が決まるとさっさと復帰。…「ひたむきに、これからも。」の後… https://t.co/QEqkY4BNIu
12-31 17:32

フランスの原発で、日本製の欠陥部品が使われていることが判明。フランスでは大問題になっている。しかし日本ではほとんど話題になっていない。◆最悪の場合はメルトダウンの恐れあり!?https://t.co/ne5li9e4gA
12-31 17:38

法務省が「共謀罪」の名称を「テロ等組織犯罪準備罪」に変更して年明けの通常国会に提出へ! https://t.co/wSKnGqxI4K
12-31 17:42

RT @twikirailala: 安倍ってる!! ←凄く良い文節。今年のツイート大発見…m(._.)m https://t.co/Q5R4BL0n8f
12-31 23:25

❤平和が一番❤#年越しアベ政治を許さない https://t.co/Bw0yoUUprF
12-31 23:33

にほんブログ村ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



うら若き乙女だった頃に買った、エーリッヒ・フロムの「悪について」を再々々々々々読中です。「強度のナルシシスティックな人は、自分が批判されると異常なほどに激怒・立腹するだけで、批判が正しいと想像することができず、悪意ある攻撃だと考え… https://t.co/HKreU25Yv6
12-31 23:51

もうすぐ午前零時。夜更かしは美貌?(¬_¬。) あやしい……の敵。「悪について」を読みながら眠りにつきます。皆様よいお年をお迎えくださいませ。 https://t.co/wcR1lJAJR5
12-31 23:59

にほんブログ村ブログランキング
関連記事

テーマ : 今日のつぶやき。 ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ