*All archives* |  *Admin*

神も仏も霊魂も聖霊も個々人の側頭葉に存在する。
巷では大型連休だそうだが、私などは死ぬまで連休が続く予定なので、
今しかない!と何処かへ出かける気力も経済的余裕もないので、
家の周りの草むしりなどをして、その後に玄関前の道路を掃除していたら、
お上品そうなマダムの2人連れが私の前で足を止めた。

ははん、エホバちゃんの布教活動ね。と服装とバッグの大きさで直ぐ判る。
目を合わせないようにして、知らんぷりをして掃除を続けていたら、
やっぱり・・「こんにちは~。」と声をかけてきた。
しかたなしに私も「こんにちは。」と返事をしたら、
案の定、「先の大震災や世界情勢についてどう思われますか?
あなたは今幸せですか?
今の政治の混迷についてどう思われますか?」
等々を矢継ぎ早に訊いてきた。

まったく知らない人に、また布教が目的の人に、
今現在、私が幸せかどうかなどのスピルチュアル的個人情報を
教える必要などは無いので、半分本音、半分冗談で、
「そうね。どちらかと言うと精神的にも肉体的にも経済的にも不幸のどん底かしらね。」
と答えたら、彼女たちの目がキラリと輝き、
「それはそれはお気の毒に・・・私たちは幸せになれる方法を知っています。
少しお話させてください。」と言う。

普段は、インターフォン越しに、
「今日は神様の御用聞きは間に合ってます。」と断るのだが、
世間では邪教だのカルトだのと言われている彼女たちの信仰の世界とはどんなものなのだろう?と、
束の間の暇つぶしを兼ねて、普段から疑問に思っていたエホバの証人の「聖書の解釈」に付いて、
いささか子どもじみた質問をしてみた。



本当に神は全知全能なの?


もちろん全知全能の力をお持ちです。


神が全知全能ならば、なぜ、東日本大震災と福島第一原発の事故を止めなかったの?
世界各地での戦争や紛争もなぜ辞めさせないの?
特にパレスチナ問題よ。
イスラム教もキリスト教も元は同じ神なのに、なぜ今だに全知全能の力でなんとかしないの?

A 
神は地上の個々の出来事には関知しない方針なのです。


この世には関知も関与もして欲しいことがたくさんあるのに、
知らんぷりしているなんて、神様ってずいぶんと意地悪なのね。


神はアダムとイヴを創造して以来、人間の自由意思を尊重しているのです。


人間はすべてアダムとイヴの子孫だと言うけれど、
なぜ、神はエデンの園に知恵の樹を植えてその実をイヴに食べさせたの?
神が全知全能なら、最初から知恵の樹を植えないで、
サタンの化身と解釈されている蛇を使ってイヴに食べさせるような行為をさせなければ、
人間は愛と善だけで永久に幸せに暮らせたのに・・と思わない。


それも・・神が人間に自由意思という素晴らしい能力をお与えになったのです


それは計画の上で?それともただの気まぐれ?それとも単なる戯れ?


すべては神の計画です。


神様って、ほんと底意地が悪いわね。
聖書ってユダヤ教の神話なんじゃないの?
例えば、ギリシア神話や日本のアマテラス神話のような・・。


いいえ、決してそんなことはありません。
聖書に書かれていることはすべて、正真正銘の神の御言葉です。
そして、この世に蔓延する諸々の悪はすべて、
この地上に降りたサタンのせいなのです。


えっ?サタン?
サタンって、地上にいるの?それだったら、人間の目には見えるの?
それで、普段はどこにいるの?


サタンはこの地上の人間界にいます。


それじゃあ、人間になり済ましているということなの?


そうです。サタンの多くは政治家という人間になり済ましています。


えええっ?ということは、政治家の多くはサタン軍団なの?


そうです。彼らが神に反抗して、この地上に悪を蔓延らしているのです。


へぇ~ そうなの~
サタンが多くの政治家になり済ましているなんて話は初めて聞いたわ。
それじゃあ、今の総理の野田○○さんが、
今の日本のサタンの統領なの?
でも、そのサタンを投票で選ぶ有権者の立場はどうなるの?
サタンに操られているおバカなの?

A
簡単に言えば、そういうことになります。


それじゃあ、あなた方も創価学会や幸福の科学みたいに政治に打って出て、
エホバ様の神通力とあなた方の団結力で、サタン軍団を一掃したらいかが?
あ・・・でも、神は地上の個々の出来事には関知しなかったんだわね。
ということは神は知っててサタンを野放しにしているのよねぇ。
神様って、なんて無慈悲で底意地が悪いのかしら?
そう思わない?


わたしたちエホバの証人は政治的活動は一切しません。
あくまでも政治姿勢は厳正中立的な立場を取ることにしています。


あらま!それじゃあ、あなた方の神様はサタンの存在を認めていながら、
人間の不幸を見て見ぬ振りをしていることと同じじゃない。
それに、勝手に人間を創造して、自由意思を理由にほったらかしておくなんて、
神様なんて無責任で、ぐうたらで、おまけに自分の仕事をズルしてるってことよね?
まるで永遠の無責任男(?)みたいじゃない?


神は無責任ではありませんし、それに絶対にズルなどしておりません!


ところで聖書は誰が書いたの?


聖書は神が秘書たちに命じて書かせました。


秘書たちって天使のこと?


判り易く、人間界に例えて言えば、
社長(神)が秘書(人間)に書かせたということになります。


神は何もないところから宇宙や人間を創造できる能力があるのに、
どうして神自身が書かなかったの?
それに身近に天使がいるのに、
どうして、なぜ、わざわざ人間なんかに書かせたの?


神とみ使い(天使)の能力と神の意思は別物です。


神様って、全知全能の割にはご都合主義なのね。


神には人間には判らない思いがおありなのです。


さよですか・・・。
ところで、聖書は大勢の秘書(人間)に書かせたのなら、
その人の主観が入る可能性もあるから、
聖書は100%神の言葉とは言えないわよね。


いいえ、聖書は100%、神の御言葉です。


証明できるの?


聖書を繰り返し読めば判ります。

Q
千年単位で何人もの人間によって書き継がれてきた訳だから、
きっと原本とは違う内容になってるわよねぇ。

A
そんなことはありません。
正真正銘聖書は神の御言葉ですっ!


ところで、創造主は今何処にいるの?


天にいらっしゃいます。


天は広いけど、方角は?浄土のあるらしい西方?


神には形はありませんので居場所は判りません。


神には形がないって・・もしかして透明人間風なのかしら?
それとも、霊魂のようなもの?


判り易く言えば、意思ある聖霊として存在していらっしゃいます。


神って意思のある聖霊なの?私にはイメージすらできない存在だけど、
あなたはその聖霊の意思を感覚的に感じたことはあるの?


残念ながらありませんが、神の存在は聖書に書かれていて、
わたしは100%正しいと思っていますので、
わたしは今も今後も聖書を信じて神の僕(しもべ)として生きるだけです。


「神様は意思のある聖霊」ということは判ったけど、
神の御子であらせられるイエス・キリストは今どこにいるの?


今現在は天国の王として君臨なさっています。


天国はどこにあるの?


天です。


だから天のどの辺なの?西方浄土辺り?


生身の人間には知覚できない場所です。



そうなの。西の方角ということも有り得るわけね。
イエスは死んだ人を生き返らせたりとかの奇跡を起こすことができる超能力者なのに、
なぜ、苦痛に満ちた磔刑に甘んじたの?
なぜ、超能力で奇跡を起こして苦痛から逃げなかったの?


よく訊いてくださいました。その理由は贖い(あがない)のためなのです。

(※ 新約聖書ではキリストの死によって、人間の罪が赦され、
神との正しい関係に入ることを示した。wikipedia)


それは神に選ばれた民であるイスラエル人、
つまりユダヤ教の人々のためだけの贖いじゃあないの?
八百万の神々が存在するこの極東の島国の日本人には当て嵌まらないんじゃないの?


いいえ、この地上の人間全員のためです。


そうなの。ずいぶんと慈悲深い御子様なのねぇ。
じゃあ、私もイエス様に贖いされる側に入ってたの?
私はおろか、私の知り得る限りのご先祖様もそのときはまだ生まれてなかったけど。


オーホッホ。イエス様は過去現在未来を超越されていますので、
時間による制約などは無いのです。


さよですか・・・。私の頭じゃよく判らないけど
まるで、時間と空間を超越した地球外知的生命体が出てくる
SF映画みたいな話なのねぇ。
ところで、ハルマゲドンはいつ来るの?


もう来ています。1914年に始まっています。
地上の人間の14万4千人は天国に行き、
残りの人々は地上の楽園=千年王国で永遠に幸せに暮らすのです。


えええっ?もう終末に向かっているの?
それじゃあ、その最終日はいつなの?


確定的な日時は聖書には書かれていません。


なあんだ、じゃあ、明日かもしれないし、千年後かもしれないってことよね。
ところで、あなたは天の国に行ける選ばれた14万4千人に入ってるの?


最終日は判りませんが、
わたしは14万4千人の中には入っていないと思います。


あら残念ね。あなたの貴重な時間を使って、
こうやって、一軒一軒回って神の宣伝をしてあげてるのに
イエス・キリストが王として君臨している天の国に行かせてもらえないなんて、
神様って、なんてクソ底意地が悪いのかしらね。
キリスト教徒だったら、絶対本物のイエス・キリストを見たいでしょうねぇ?
私は聖書は読むけどクリスチャンじゃないから、
地上の楽園にも呼ばれないし、
イエス様が王様として存在している天の国にも行けないわね。

そうね・・・できれば私がこの世に生きている間に
ハルマゲドンの最終日をこの目で見てみたいものだわ。
ところで、気になることがあるんだけど、
人は死んだらどうなるの?
魂は天国に行くの?それとも全てが無になるの?


そうですね・・。
ハルマゲドンの最終日については今はなんとも申し上げられませんが、
エホバを信じない大多数の人間は無になります。
でも必ずその日は来ます。
もし聖書をお持ちでしたら、是非お読みください。
答えが見つかるはずですから。


こんな私でも、一応は口語訳の聖書は持ってて、
睡眠薬変わりに読むことがあるのよ。
それでね。あなた方の神様の名前なんだけど、なぜエホバと呼ぶの?
神の本当の名前は「ねたみ」と言うんじゃないの?
世間では主だとか神だとかヤハウェだとか言ってるけど、
口語訳聖書の出エジプト記の34の14には、

「あなたは他の神を拝んではならない。
主はその名を『ねたみ』と言って、ねたむ神だからである。」


と書いてあって、凡人の私ですら、ものすごく印象に残ってるのよ。
もし、本当に聖書を信じているのなら、
だから、あなた方は本当は「エホバの証人」ではなくて、
「ジェラシーの証人」と名乗るのが正しい解釈じゃないの?
ちなみに新共同訳聖書では『熱情の神』となってるらしいわよ。
それに、私などはこの歳まで、
神社へもお寺へも数えきれないほど行って柏手を打ったり、
道端のお地蔵さんにも手を合わせたり、初日の出も拝み、
お葬式なんかでは、全部が仏教式だったから、焼香の度に
南無阿弥陀仏を何回唱えたかしれないわ。
ということは、一神教の考え方からすれば、
私は意識しないで偶像崇拝をしているおバカちゃんだし、
今後も多分、仏式のお葬式が続く予定だから、
きっと、キリスト教系の神からは、
信じる、信じない以前の問題外として、
ゼパニア書に書かれているように、
「糞土」のように処理されることになるわね。

だけど、神様の本名が『ねたみ』だなんてねぇ。(ーー゛)
永遠の存在で、全知全能ならば、
「ねたみ心」なんて湧かないと思うんだけど、
誰に、何に嫉妬しているのかしら?
まさか、たかだか80年ぐらいしか生きられない
ご自分が創造した不完全な人間になのかしら?
だって、永遠なる不死状態って飽きるらしいじゃない?





こんなバァサンとは話にならん!とでも思ったのか、
これ以後は彼女たちの答えは無かった。


最後に、
「もっともっと、聖書を読み込むことをお勧めします。
読み込めば読み込むほど、
あなたの疑問への正しい答えが導かれると思いますよ。
今日は長々お話を聞いてくださってありがとうございました。
それに、とても楽しく有意義なご意見を聞かせて頂きました。
また来ます。」

と言って、帰って行かれましたとさ。
私としてはもう二度と来て欲しくはないわよ。



私の子どもじみた質問に答える度に彼女たちがバッグから出して確認していた
「新世界訳聖書」は、
私がときどき読んでいる口語訳聖書とは解釈が少し違うらしい。


当たり前の話として、キリスト教系の新興宗教に限らず、
仏教系でも組織化されると、
自分たちの都合の良いように解釈された教義が作り出される。
所詮、神の存在や預言と言われるものは、
キリスト教系宗教団体においては、
国や訳者や個々人の聖書の解釈の違いでどうとでもなるのが、
世界的ベストセラーである聖書の真実なのでありましょうか。

信教の自由は認められている。
ゆえに、歪めらて解釈されていようが、都合よく解釈されてようが、
どのように書かれた聖書でも、私は否定するつもりは無い。
ただ、数多の犠牲者を出した東日本大震災以降、
エホバの布教が活発化していて、
彼らの根本教義である終末論を利用している感は否めない。

ちなみに、インターネットの世界では「エホバ」で検索すると、
あなた方のことを快く書いてあるサイトは皆無であるが、どう思うか?
と問うと、
「あら、そうなんですか。私たちはそういうサイトは一切見ませんので・・」
という答えが返ってきた。
信仰対象に対しての都合の悪い部分は
「見ざる、言わざる、聞かざる」らしい。
考えようによっては、自分の意思で生きるよりも、
聖書の中の神の意思で生きるほうが、
楽な生き方かもしれない。
神の命の長さは永遠らしいが、
人間の命の長さは、
運が良くてもたかだか70年から90年ぐらいでしかない。
それならば、人間の儚い生の時間は自分の意思で生き、
来世(あるのならば)は神の時間に魂を委ねるほうが、
今のこの現世での後悔が少ないように思える。

帰依心もなく、如何なる宗教への信仰心の欠片も無い私からみれば、
布教目的のランダムな戸別訪問は、
盲信とも思える強い信仰に裏打ちされた彼女たちの仕事とはいえ、
たった一度、「神の存在」ついて他愛のない話をしたからって、
その後は3日を置かずに布教に来るのは、尋常ではない行為だと思う。
見た目は身だしなみも良く、清潔感が漂い、また礼儀正しい言葉使いなので、
話をしていて不快にはならないが、訪問目的と話の中身は別問題である。
私には、彼女たちが、自分の意思よりも、また普遍的な聖書よりも、
自分たちに都合の良いように解釈した指導部の教義だけを崇拝し、
聖書の中の神の計画とやらに踊らされている、
機械仕掛けの布教ロボットor布教兼集金奴隷のようにしか見えないのである。



「どっちなんだ?人間が神の失敗作なのか、それとも神が人間の失敗作なのか」

「信仰とは真実を知りたくないという意味である」

               By フリードリヒ・ニーチェ



個々人の脳に宿りし神なれば我は死ぬまで異教徒なりし
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : ひとりごと ジャンル : 日記

tag : エホバ 大震災 スピルチュアル 聖書 邪教 カルト 全知全能 ギリシア神話 アマテラス神話 御言葉

Secret
(非公開コメント受付不可)

Re: 初めまして
ぱく様。はじめまして。

> いゃ~面白かったです。

面白がっていただけるだけで、
冥途の土産になります。
貴重なコメントをありがとうございました。(*^_^*)

初めまして
いゃ~面白かったです。

同感、同感、ブラボーな綴り、ちょっと羨ましいです。

暫くは退屈しないで済みそうです。
検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ