*All archives* |  *Admin*

小林多喜二のデビュー作『一九二八年三月十五日』。そこで恐ろしいのは、逮捕されるにあたり、なぜ逮捕されるのかという理由が警察からいっさい告げられない。 警察による拡大解釈が可能な現在の「共謀罪」でも、同じ状況が起きる可能性が…
Remember311919

府側には財務局の対応について「(学園に)親切だと感じた」と受け止めた職員もいた。https://t.co/I1hJOaEjrp
04-06 15:13

治安維持法違反容疑で逮捕されたのは33年。同法違反容疑で共産党員が大量検挙された「3・15事件」などで被告の弁護人を務めた「日本労農弁護士団」の約25人が一斉検挙されたときだ。「焼けた火箸を突きつけられて『言う通りに話せ』と脅された」https://t.co/vIwglxax5Y
04-06 15:23

RT @tlessoor: 公明党・創価学会の人々に向けたポスターを作りました。ぜひ使って下さい!セブンイレブンでプリント可能。プリント予約番号:QAA3KQTS 有効期限:2017/04/13 23:59(二枚目にハガキがついていて、公明党に送ることができます!) htt…
04-06 15:27

RT @tekina_osamu: 安倍を支持している連中の中でも最底辺にいるのが、「安倍さんは大局を見て動いている」とか「民主党がひどいから他に選択肢がない」とかとか「グローバリズムが規定路線である以上、そこで生きぬく道を探るしかない」とか言っているレベルの人たちですね。売国…
04-06 15:29

安倍首相は6日の衆院本会議で、今村復興相の野党からの辞任要求を拒否しました。「福島を見捨てた」とお思いの方々も多いとは思いますが、既に棄民国策は施行されており、更なる棄民を継続しているに過ぎません。いつの時代も為政者が望む民とは何… https://t.co/VeMaWG72iP
04-06 16:09

12歳が導き出した「道徳」とは? https://t.co/Fq3JolXiKw
04-06 16:29

RT @1979bbk: @Remember311919 非常に危険な法案と云うことがリンクを読むとよく判ります。
04-06 16:34

RT @vivacuba9: 「1度は抵抗するフリ」の猿芝居。 https://t.co/nnfNaDbvF8
04-06 16:35

小林多喜二のデビュー作『一九二八年三月十五日』。そこで恐ろしいのは、逮捕されるにあたり、なぜ逮捕されるのかという理由が警察からいっさい告げられない。 警察による拡大解釈が可能な現在の「共謀罪」でも、同じ状況が起きる可能性が…https://t.co/MpJmCW7HZF
04-06 16:56

にほんブログ村ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



掲載されていないのは2月17日、20日、23日、24日、25日の予算委員会。いずれも森友疑惑が取り上げられた。特に2月17日は安倍首相が「私や妻が関係しているということになれば総理大臣も国会議員も辞める」と答弁した日。 https://t.co/XpAIG8a79P
04-06 17:05

RT @kimuratomo: 「テロリズム集団とは組織的犯罪集団の典型として分かりやすいものを例示したもの」「テロリズムとの語はテロリズムの一般的な意味を前提として用いている」(緒方林太郎議員の質問主意書への答弁書)つまりこれ「テロ等準備罪」と呼ばせるクセに、肝心な「テロの…
04-06 17:06

RT @ota_director: 子供の頃。戦争ってどのようにして始まり「欲しがりません勝までは」てことになったのだろう?と考えた。だが、最近の日本を見て実感できた。国は密かに法整備を進め、反対するものは罰せられる環境を作る。マスコミは真実を伝えない。国民は目の前しか見ておら…
04-06 17:28

安倍洋子:嫁の昭恵は安倍家を貶めた。国民:あなたの息子、安倍晋三は日本を貶め続けている。  https://t.co/TkSEHPapmj
04-06 23:03

にほんブログ村ブログランキング
関連記事

テーマ : 伝えたいこと ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
にほんブログ村
人気ブログランキング
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、六十路.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ