*All archives* |  *Admin*

『政権の「敵」は容赦なく攻撃する安倍首相に対し、意をくみ自らを縛る議員たち』自民党、野党、官僚、メディア。それぞれが「1強」のもとで、「パノプティコンの住人 」のように支配されていないだろうか。
pano.jpg
pal2.jpgpap2.jpg
Remember311919

RT @kou_1970: 強調したい。森友問題は、まったく終わっていない。疑惑は大きくなるばかりだし、張本人の昭恵さんは逃げ隠れ。谷さんはイタリアへ赴任という噂。財務局が捨てたという書類は復元可能と財務省自身が認めている。さらには安倍首相の「腹心の友」(変な言い方)の加計学園…
04-18 15:46

今日の朝日新聞。1面と3面。読み応えあり。『政権の「敵」は容赦なく攻撃する安倍首相に対し、意をくみ自らを縛る議員たち』自民党、野党、官僚、メディア。それぞれが「1強」のもとで、「パノプティコンの住人 」のように支配されてい… https://t.co/6hGuc29jOs
04-18 16:50

「教育勅語」で皇国の民であることを植え付ける。「柔剣道」で軍事教練をさせる。「わが闘争」で日本人は選ばれし民族だと思わせる。「北朝鮮の脅威」を政府主導で喧伝し安保法制は必要だと認識させる。そして、「共謀罪」で思想弾圧をする。亡き母に聴かされ続けた戦前の情景と同じ。
04-18 17:07

RT @ukiyoeota: こちらの魚は、右が初代河原崎権十郎(九代目市川団十郎)、左が二代目澤村訥升の似顔絵となっています。このような考証も、学芸員の日頃の研究成果によるもの。「浮世絵動物園」展で4/26まで展示中。なお、この太田記念美術館のツイッターは、学芸員がすべて執筆…
04-18 17:24

RT @masa3799: 国民を舐めすぎ。笑えない💢 https://t.co/OzFgn4tcAU
04-18 17:26

RT @hyodo_masatoshi: 政権もメディアも戦争を止める方向で動いていませんね。異様な国です。米国に戦争をやめさせなければなりません。それが日本の使命です。中国のお手並み拝見、ではバカの国です。最悪の事態を想定して、米国に働きかけるべきです。いまの日本は米国の奴隷…
04-18 17:37

RT @hyodo_masatoshi: 日本の政治家もメディアも、戦争さえ止められない。米国のやることなら、地獄まで黙って従う。それが、はっきりしてきました。国民を守らない政治家とメディア。運良く戦争が起きなくても、いまの事実は残ります。これでは、若者が日本を愛する筈がないで…
04-18 17:37

RT @ingigo33: 今日行って来ました、太田美術館「浮世絵動物園」展。学芸員がいい仕事してましたよー。入館料700円は安い!大満足。 #学芸員のおしごと https://t.co/T75aDaTgPe
04-18 17:38

RT @kemuchiman: 「教育勅語」「我が闘争」ときて、これを、あれ?おかしくないか?と思わないのなら、それはもう鈍感以前の問題です。
04-18 17:38

RT @fj_333: この国の異常;一国の首相が選挙システムを独占的に手がける企業の株を大量保有し事実上、実権を握っている。この異常性をどのメディアも決して報じない。ブラックボックス化されたシステム内部を誰も検証できない。選挙で選ばれる身として、有り得ない行為。民主主義、…
04-18 23:36

にほんブログ村ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



RT @hatayama_kazuya: ブログ「はたろぐ」更新しました。“党派は違えど” https://t.co/zT47oQ0lUF 東京が夏日の一方、北海道では強風でケガをする方も‥‥大丈夫でしたでしょうか。国会は委員会審議が進み、私は明日、経産委員会で質問です。…
04-18 23:40

血は争えない?親子揃って、女性問題で政府の職を辞任…https://t.co/yV2Lb2M3R9
04-18 23:55

にほんブログ村ブログランキング
関連記事

テーマ : みんなに知ってもらいたい ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ