*All archives* |  *Admin*

美談演出のために文集は捏造、撮影前に目薬…日本兵の父親が戦死したことで「誉れの子」と呼ばれた子どもたちがいた。丸刈り頭の少年が、口を一文字に結んでいる。ほおには一筋の「涙」が光る。「実は撮影前、目薬をさされました」
homare.jpg
Remember311919

美談演出のために文集は捏造、撮影前に目薬… 日本兵の父親が戦死したことで「誉れの子」と呼ばれた子どもたちがいた。丸刈り頭の少年が、口を一文字に結んでいる。ほおには一筋の「涙」が光る。「実は撮影前、目薬をさされました」 https://t.co/7Q5BVXIA1U
08-16 17:08

RT @Medicis1917: 戦争が起きてから平和な時代の有難みを実感しても遅い。一人一人が平和を維持する努力を怠れば、どんどん戦争が出来る国づくりが進んでしまう。平和が破られて真っ先に巻き込まれるのは、煽り立てた権力者ではなく我々市民であるという事実を自覚すべき。
08-16 17:34

RT @NOSUKE0607: 総理の腹心の友は日本中を逃げ回り未だ雲隠れ。かたやファーストレディが「祈る」夫妻はブタ箱入り。これがこの国で今起きている事実。 https://t.co/xFkUGTz3wt
08-16 17:38

軍人さんがいたからいまの平和があるって言うやついる。もしいま戦争が起きたら10代20代の若い子が戦争にいく。これからの若い子が爆弾で体バラバラになってまで得る平和に強い疑問がある。 https://t.co/AD3pNknhq7
08-16 17:50

RT @kimuratomo: 今朝も「骨折の痛みに耐えて甲子園」を伝えるTV。これを美談とする空気が広がると「ケガや病気で休む」という当然の、否、必須の行動さえ非難の的とされかねない。休ませない断わらせない無言の圧力。自己犠牲は「美」だと勝手に決めつけ、戦時下の若者たちに押し…
08-16 17:50

RT @kidkaido: 鶴田さんは絶対ぶれない脱原発。鶴田さんは、児童虐待や動物の殺処分を食い止めるため、行政の現場と格闘してきた市民活動家。鶴田さんはイタリア語の研究者で、ヨーロッパの環境福祉教育政策に詳しい。こんな、すばらしい候補者が立候補してくれたのだ。茨城を…
08-16 17:52

加計ありき➡認可ありき。https://t.co/7BYOMH3cam
08-16 17:55

RT @aiko33151709: 現役の時、大学でホロコースト関連の話しをすると、あとで研究室に来て、ホロコーストは作り話だ、先生はなせ噓を話すのかと言ってくる学生がいました。彼らはネットを見て信じてしまっている。そういう学生には拙書を勧めたが、彼らは読みません。 https…
08-16 17:57

中国外務省の華春瑩副報道局長は記者会見で「真相を明らかにする日本の知識人の勇気を称賛する」と語った。尚、日本政府は731部隊の存在は認めているものの、具体的な活動内容については「資料がない」として認めていない。https://t.co/uAe5CN194h
08-16 18:00

731部隊研究の第一人者である常石敬一・神奈川大学名誉教授は、隊員数は3000人弱で、10年間に2000とも3000とも言われる人を人体実験によって殺害していたこと明らかにしている(『七三一部隊』講談社現代新書)https://t.co/aMRjW5wqkX
08-16 18:03

にほんブログ村ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



RT @tako_ashi: 本当に死者の尊厳を尊重するのであれば「あなたたちの尊い生命は、特攻のような愚劣な作戦によって失われるべきではなかった」と言うべきだ。なんとなれば、尊厳は、死によって失われた生命にではなく、生きている間の生命に宿っていたはずのものだからだ。
08-16 20:27

RT @hirohiai: @Remember311919 @ka25438 国は国民を守らない、至言、なんでもだ、公害問題でも薬害問題でも、原発でも、そして安保法制でも国は国民をきっと守らないだろう。
08-16 23:36

RT @mas__yamazaki: あのような死に方をした軍人や市民が不憫だ、という素朴な思いやりの気持ちで、「英霊」や「尊い犠牲者」という言葉を手向けのように使う人は多いかもしれない。しかし、その行為が「彼ら彼女らを死に追いやった当時の大義名分を肯定する」ことになる、という…
08-16 23:39

にほんブログ村ブログランキング
関連記事

テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ