*All archives* |  *Admin*

欧米にはなぜ、寝たきり老人と寝かせきり老人がいないのか?
ヨーロッパの福祉大国であるデンマークやスウェーデンには、
いわゆる寝たきり老人はいないと、
どの福祉関係の本にも書かれています。他の国ではどうなのかと思い、
学会の招請講演で来日したイギリス、アメリカ、オーストラリアの医師をつかまえて聞くと、
「自分の国でも寝たきり老人はほとんどいない」とのことでした。
一方、我が国のいわゆる老人病院には、一言も話せない、
胃ろう(口を介さず、胃に栄養剤を直接入れるため、
腹部に空けた穴)が作られた寝たきりの老人がたくさんいます。

 不思議でした。日本の医療水準は決して低くありません。
むしろ優れているといっても良いくらいです。

「なぜ、外国には寝たきり老人はいないのか?」
 答えはスウェーデンで見つかりました。
今から5年前になりますが、認知症を専門にしている家内に引き連れられて、
認知症専門医のアニカ・タクマン先生に
ストックホルム近郊の病院や老人介護施設を見学させていただきました。
予想通り、寝たきり老人は1人もいませんでした。胃ろうの患者もいませんでした。

 その理由は、高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、
口から食べられなくなるのは当たり前で、
胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、
国民みんなが認識しているからでした。逆に、そんなことをするのは
老人虐待という考え方さえあるそうです。

 ですから日本のように、
高齢で口から食べられなくなったからといって胃ろうは作りませんし、
点滴もしません。肺炎を起こしても抗生剤の注射もしません。内服投与のみです。
したがって両手を拘束する必要もありません。つまり、多くの患者さんは、
寝たきりになる前に亡くなっていました。寝たきり老人がいないのは当然でした。

欧米が良いのか、日本か

 さて、欧米が良いのか、日本が良いのかは、わかりません。
しかし、全くものも言えず、関節も固まって寝返りすら打てない、
そして、胃ろうを外さないように両手を拘束されている高齢の認知症患者を目の前にすると、
人間の尊厳について考えざるを得ません。

 家内と私は「将来、原因がなんであれ、終末期になり、
口から食べられなくなったとき、胃ろうを含む人工栄養などの延命処置は一切希望しない」
を書面にして、かつ、子供達にも、その旨しっかり伝えています。(宮本顕二)

引用元:読売新聞の医療サイト「yomi Dr. 」




長年、日本女性は世界一の長寿を誇ってきた。
(東日本大震災で死亡者が多かったために現在は香港に次いで世界第2位)
ゆえに、日本女性の誰もが私も長生きできる・・と思っているかもしれない。

確かに長生きは出来るが、残念なことに元気で長生きではない。
毎日元気で巣鴨地蔵尊に通って、赤い下着を買って、
残生を謳歌しているのは極一部の高齢女性たちであり、
日本女性を世界有数の長寿にしているのは、
「寝たきり」及び「寝かせきり」の数多の高齢者女性たちであり、
巣鴨地蔵尊に行けるほど元気で、
自力で動けるような高齢女性たちでは決してない。

今の医学、科学では、どんなにアンチエイジングに励んでも、
一過性であり、老化そのものを避けることは100%できない。
加齢に因る病気になって、大学病院で高度な医療措置を受けても、
ほとんどの人は最期の日まで元気で長生きは出来ない。
健康寿命が終わったら、病苦に喘ぎながら、
また苦痛に苛まれながら、やがては寝たきり及び寝かせきりの状態になり、
一日中天井を見上げながら、平均寿命まで生かされるしかない。

「欧米が良いのか、日本か」についても、
自分の生の終焉を選ぶのは自身であり、終末期医療の要望書に添って、
胃ろう等で寝たきり、寝かせきりの状態でも生きてたいと
事前に意思表示をしていた人はそのまま生きていていただけばいい。

また、あんな状態で生きてなどいたくないと
終末期医療の要望書で意思表示をしていた人には、
胃ろうは付けないで尊厳ある自然死をしていただけばいい。
但し、その場合は最大限の苦痛は取り去ることを条件とし、
施設入居時、または病院入院時に家族の意思ではなく、
終末期医療の要望書で本人の意思の確認を必須条件とする。

それから、終末期医療の要望書には「無理な延命はしないでください」と
書いただけでは医療者側には通じないので、
延命措置と思われる、ひとつひとつのと医療行為の項目を書き連ね、
これはOK!これはNO!と詳細に記述しなくてはいけないらしい。



また、意思表示もできず、終末期医療の要望書も書くこともできないほどの
認知症になってしまった場合は、自分自身の人生最大のイベントである、
死及び終末期を見ない振りをして、認知症になる前に考えておかなかったのが悪いので、
家族や近親者の思惑に従い、高齢者ビジネス産業に貢献していただくしかない。(^_^.)

そうすれば、胃ろうと寝かせきりで長生きできて、
家族は「家(うち)のおばあちゃんは天寿を全うしましたのよ。」(*^_^*)
と、対社会向きは体面を保つことができ、
心の奥底ではやれやれやっと死んでくれた・・・(ーー )
とホッとすることだろう。



私の友人や知り合いには50代から70代が多い。
その中の半数は配偶者及び親の介護中、または介護経験者でもある。
彼女たちは自分がもっと老いて体の自由が利かなくなったときには、
「子どもの世話になる気はさらさらない。
でも、自由に体が動かせなくなったり、認知症になったりしたら、
特養や老健や療養型病院に入るしかない。
だが、ここは一応都市部。市会議員とのコネもないので、
希望すればすぐに入れるとは思っていない。
それに蓄えもないので、逆立ちしても有料老人ホームになんて入れっこない。
結局は在宅での孤立死しか道はないのよねぇ・・」
と口を揃えて言う。
長年月、税金を真面目に納め、家族を支え
人生の秋を迎えたシニアorシルバー女性たちに
「孤立死しか道はない....」
なんて本気で言わせるこの国の福祉の在り方って・・・???

実体の見えない希望と絶望に終止符を打つ雨音がして秋 
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 思ったこと・感じたこと ジャンル : 日記

tag : 寝かせきり 巣鴨地蔵尊 健康寿命 自然死 終末期医療の要望書 高齢者ビジネス産業

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ