*All archives* |  *Admin*

こんな親戚いらない!尼崎のサイコパス鬼婆

 神戸市中央区の兵庫県警本部3階にある留置場に、
1人の女が拘置されている。角田(すみだ)美代子、64歳。


 昨年、尼崎市内で明らかになったドラム缶遺体遺棄事件で逮捕、起訴された。
今月に入って3人の遺体が見つかった尼崎連続変死事件の中心人物とされる。
捜査関係者によると、一貫して事件との関わりを否認しているという。

 彼女が逮捕まで住んでいたマンションが尼崎市東部にある。
10年ほど前、最上階の801号室に移り住んだ。

 大理石の玄関、鏡張りの壁。リビングを派手な欧風家具が彩る。
この暮らしを支える生業は何なのか、周辺からはまったく分からない。
複数の人が本人から、飲食店や輸入雑貨店を経営していたと聞かされている。
だが誰も「実業」の一端をのぞいてはいない。

 美代子は尼崎市内で生まれ育った。角田は母方の姓で、
父方は月岡という。実業がうかがい知れない一方で、
こわもての印象を周囲に振りまいている。
「何、見とんじゃ」「ちょっと家に来い」。
ささいなことでクレームを付け、土下座をさせ、
場合によっては仕事を変えるまで追い込む。

 そうかと思うと、「茶飲むか」「メシ食うか」と声をかけ、
気に入った人を家に呼び食事をふるまう。
落ち着いた色合いの服をよく着ていて、たばこを吸いながら低い声で話す。

 やはり、周囲にこわもての姿を見せていた人物が彼女の親戚にいる。
叔父である。美代子は若いころから親しく行き来し、
一緒になってトラブルを起こしたこともあったという。
かつての隣人は「とにかくややこしい、怖い一家だった」と振り返る。

 叔父はこの秋、病死している。

    ■   ■

 今年に入って、801号室の売却話が尼崎市内の不動産業者に持ち込まれ、
営業マンが査定のために部屋を訪れた。美代子の関係者が何人か立ち会った。

 元の所有者の男性について尋ねると「沖縄で事故死した」と言われた。
気味が悪くなった営業マンは、遺産分割の書類を見せてほしいと求める。
そこには名字の違う名前がずらりと並んでいた。
「この人は誰ですか?」「養女です」「では、この人は?」「私の夫の養女です」

 ここに事件の闇がのぞく。養子縁組を重ねて成り立つ「疑似家族」の存在だ。

 美代子自身、養子と養女がいた。いずれも約10年前に縁組したが、
養女は翌年に解消している。養子と養女の家系をたどっていくと、
同じ時期に少なくとも5人が養子縁組を重ねている。

 不可解なことに、短い間に縁組を解消し、新たに別の縁組をしているケースがある。
結婚と離婚を繰り返していたり、行方が分からなくなったりしている人物もいる。
自らの意思なのか、そうせざるを得ない理由があったのか。

 連続変死事件でクローズアップされた尼崎と高松の家族も、
美代子と関わって崩壊していった。その過程で、
養子縁組や結婚の形で彼女に抱え込まれる人、行方が分からなくなる人、
そして遺体となって見つかった人がいる。

    ■   ■

 この1週間の取材ノートに関係者のこんな言葉が書き込まれている。

 「これは美代子ワールド。リアルな家族は一つもない」。
本当の家族はばらばらにされてしまった。美代子に乗っ取られる形で。

 先に彼女の生業が見えないと書いた。もしかしたら、
家族の乗っ取りこそが生業なのかもしれない。そんな様相が取材を通して見えてきた。

=呼称略=

(事件取材班)

(2012/10/21 08:30)


とんでもない負のバイタリティに溢れた
サイコパス鬼婆が表に現れたものだわね。
それも、私と同世代だなんて・・・

サイコパスの特徴
・良心の異常な欠如
・他者に対する冷淡さや共感のなさ
・慢性的に平然と嘘をつく
・行動に対する責任が全く取れない
・罪悪感が全く無い
・過大な自尊心で自己中心的
・口達者




角田美代子というサイコパスに因って創り出された
カルト宗教もどき集団に於いては教祖の力は絶大であり、
また絶対であり、その集団での生活が信者たち?の
すべてになっていたのよね。

親戚の葬儀で「何で違う宗派の僧侶を呼んだ」
と難癖を付けたこともあったらしい。
難癖を付けるのは金銭要求の為の手段であり、
まさか宗派などに拘る人格などではないだろう。
それとも、角田美代子とその関係者たちは
噂されている某新興宗教の信者たちだったのだろうか?


あの和歌山の「毒入りカレー事件」の林真須美は
最後まで黙秘していたが結局は死刑判決がでた。
まだ記憶に新しい事件では「首都圏連続不審死事件」の
木嶋佳苗も自供なしに死刑判決がでた。
サイコパス人間は嘘を嘘とも思わず、
有罪判決後に刑務所に入ったとしても、
微塵も反省などすることはない。

まぁね・・サイコパスでない人間でも、
自分に嘘を付き通せばそれが真実になっていくものね。


徐々に明らかになる事実を読んでいて、
これからいったい何人の死体が出てくるのだろうか?
と考えていたら、


ホラー小説の「黒い家」や
2002年に起きた「北九州監禁殺人」
事件を思い出して背筋が寒くなった。
でも、こんな事件も氷山の一角で、
表に出ないだけで世間にはたくさんあるのかもしれない。

男性の100人に1人、女性の300人に1人は
サイコパスであるという分析結果もあるらしい。

この世では、とか神隠しとかエイリアンのような超常現象的な恐怖よりも、
生身の人間の中に潜むおどろおどろしい狂気の闇のほうが数倍も怖い・・。

もし独り暮らしだとしても、寂しさの穴埋めとして、
こんな人と知り合いや親戚になって恐怖でがんじがらめにされて
洗脳までされて、最後には殺されるぐらいなら、
独り暮らしの寂しさのほうがまだましだと思う。

人間関係も断捨離中の私、
これ以上知り合いも、とんでもない負の絆も要らない。
と思っても、角田美代子みたいなサイコパスに、
恐怖という心を操る道具で、
いつのまにか洗脳されてしまっているのかもしれないのよね・・・。
ご用心!甘い言葉と脅しには!ってことかしらね。


下の相関図を見てもまったく訳が判らないし、
そのうち池上彰さんに詳しく判り易く解説して欲しいものだわ。

20121024r


20121023r
隠し持つ見えぬ狂気の切れ味をマンドラゴラは試したくなる  
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 思ったこと・感じたこと ジャンル : 日記

tag : カルト宗教 毒入りカレー事件 首都圏連続不審死事件 エイリアン 超常現象的

Secret
(非公開コメント受付不可)

Re: NoTitle
すりむまま様。こんにちは。

尼崎のサイコパス鬼婆が首謀した殺人事件。

すりむまま様のおっしゃるように、
ほんと、「事実は小説よりも奇なり。」
ですわねぇ・・・。
NoTitle
私も「黒い家」を思い浮かべました。
事実は小説よりも奇なり。です。
検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ