*All archives* |  *Admin*

レイピストの山口敬之氏が自分は被害者だ!人権侵害だ!とFBに怒りの投稿。そもそもの原因を作ったのは誰なのでしょうか?

伊藤詩織なる女性が5月に記者会見を行って以降、私の家族の元には無数の罵詈雑言、誹謗中傷のメールやハガキが寄せられました。週刊新潮はその後何度も何度も、私の人格を否定するような誹謗中傷記事を書き続けました。そして伊藤詩織氏の主張を鵜呑みにし、私を犯罪者呼ばわりするテレビ、新聞、雑誌の報道も後を絶ちませんでした。10月18日には、事実と全く異なるが故に検察審査会によって退けられた主張を、繰り返し書き連ねた伊藤詩織氏の本が大手出版社から発売されました。私の家族は、高度のストレスを半年近く継続して浴び続ける状態に置かれました。そしてついに80歳を超える老父が、昨日倒れました。

倒れる前、父は「検察審査会の議決が出た後も、なぜお前を犯罪者と断定するようなメディアがあるんだ」と嘆いていました。

また、10月24日に伊藤詩織氏が行った記者会見の場で、TBSキャスターの金平茂紀が「理解できないくらい怒りを覚えている」と述べた事について、「金平という人物からお前に取材はあったのか?お前のTBSの同僚はあんなのばかりなのか?」と、老体を震わせて憤っていました。

また、東京新聞の望月衣塑子記者が、伊藤詩織氏の主張だけを紹介した記事を書いたことについても、「どうしてお前の主張は一行も触れられていないんだ」と聞いていました。金平からも望月からも、一切の取材も問い合わせも受けていない私は、黙ってうつむくしかありませんでした。望月は7月に公表されたインタビュー記事の中で、今回の案件に全く無関係な私の老父の職業を暴露した上で、事実と異なるデマをまき散らしていました。

金平や望月のように、伊藤詩織氏側の人権に寄り添っているようにみえる自称ジャーナリストにとって、私や、私の年老いた両親の人権など、一顧だにする価値もないのでしょう。


転載元&続きはこちら→https://www.facebook.com/noriyuki.yamaguchi?hc_ref=ARS4vyjV3YZpAS0QkOwk0Nm2ZUuN4Q0ZKx5BP_PAfcKGSIg27E_YqlQ3uZ0lMYpz0E8&pnref=story


Remember311919

レイピストの山口敬之氏がFBに投稿!そもそもの原因を作ったのは誰なのでしょうか?「老父が緊急入院しました。金平や望月、伊藤詩織氏側の人権に寄り添っているようにみえる自称ジャーナリストにとって、私や、私の年老いた両親の人権など…https://t.co/1MrNeBlgqU
11-02 00:20

民進党の大塚耕平代表:「立憲民主党、希望の党、民進党」の『3党物語』でしっかり連携して政権交代に向けて頑張っていきたい」https://t.co/5utzGftiJX3党物語で連携する?希望の党には極右で日本会議の中山成彬が…https://t.co/0XuiG7fl1Q
11-02 00:35

RT @nabeteru1Q78: もう、なくなるな。この政党は。むしろ、今さら野党共闘についてガタガタいうのが誰なのか、名前を全部知りたい。 / “民進、再分裂含み=共産との連携めぐり:時事ドットコム” https://t.co/q3LVl7QIk2
11-02 00:43

加計問題について、安倍政権は「深く反省」「丁寧で真摯な説明」「謙虚」と繰り返したにも関わらず、結果がこれ…https://t.co/sY4ybbFakx
11-02 23:52

にほんブログ村ブログランキング

関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ