*All archives* |  *Admin*

私の一票は0.53票・・ばーさん目線で考える一票の格差選挙
午前中に衆議院議員選挙の投票と最高裁判所裁判官の国民審査に行ってきた。
私の一票は我が選挙区での価値は衆議院議員選挙で0.53票。
参議院議員選挙で0.20票。

121216


なんだかなぁ?と思いつつも、私の清く正しく美しい?0.53票を行使してきた。
投票所は徒歩10分程の県立高校。お天気もよく温かく散歩日和でもあった。

それにしても・・投票所には立会人以外は早起きのヨボヨボ爺さんと
ヨロヨロ婆さんが数人居るだけで
若者(私からみて30代以下らしき人)は一人も見かけなかった。

この爺さんと婆さんたちは、きっと自民党に投票するんだろうな・・などと思いつつ
帰路に着いたら、私の家の前に車が止まっている。

創○学○の熱心な信者である斜め向かいの家の、
最近足腰が弱っている83歳のお婆ちゃんを投票所へ連れて行くための
俄か送迎専用車らしい。
選挙のたびの恒例の風景なので気にも留めなかったが、
お婆ちゃんの話によると、送り迎えの車の主は投票日当日は午後8時まで、
足腰の弱くなった信者仲間の高齢者を家と投票所をピストン輸送して、
公○党に投票させるのだそうな。

全国で同じような光景が繰り広げられていることを想像したら、
信教の自由は保障されているとはいえ、
心理的圧力の強い新興宗教絡みの組織票は不気味であり、少し怖い・・・。(-_-;)


現在、12月16日(日)午後5時15分。
今の時点ではどの党が政権与党になるのかはまだ判らない。
(大手メディアの世論調査では自民党が圧勝らしいけど・・)

やれ「デフレ脱却だ!」やれ、「日本を、取り戻す。」と言われても・・。
経済が上向いて、雇用が増えて、給料が上がる?
幼稚園児が考えても、そんな単純に上手く行く訳がなかんべさ。
それに、「日本を、取り戻す。」って、元々作ったのも壊したのも自民党だんべさ。

日本人として生を得て、6?年。
選挙権を得て、あれから4?年。
投票をしても何も変わらず、一度たりとも、バラ色の政策などはなかった。

それに、今日の私の「清く正しく美しい?0.53票」も多分、死票になることは確実。(ーー゛)

この際、「日本沈没」させてみたら、みんな目が覚めるんやないの?
と思わないでもない今日この頃・・。
でも、子や孫のことを思うとそうもいかない。

60代の平民ばーさん目線でいえば、
倹しくてもいい・・
食糧と生活必需品のすべてにおいて自給自足が可能な国で、
安心して日々の生活ができて、心残りなく死んで行ける
「ゆりかごから墓場まで」の社会保障制度があれば、
それだけで十分。(今日のところは・・)

人間が生きていくために、最も必要なものは、
政治屋の資本家のための官僚による経済成長などではない。

日本には他国に売れる資源と言えるものはない。
もし、日本へ食材を輸出している国が干ばつにでも見舞われたら、
日本への輸出はストップし、日本人はみんな仲良く飢え死にするしかない。
奇跡でも起きて、景気が回復しても、ヤギじゃあるまいし、
一万円札という紙切れを食べることはできない。
どの党が政権与党になっても、どうせまた、
一番弱いものにしわ寄せが来るという構図は変わらないのだ。

バカボンのパパならば「それでいいのだ!」かもしれないが、
私。。。ナス代ば-さんは「それではいけないのだ!」を信条に
生きている限り、這ってでも投票には行くつもりである。
121216r2

最後の木が切られ

最後の川が干上がって

最後の魚が捕まったとき

そのときはじめて

人はお金が食べられないことを知る
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : ひとりごと ジャンル : 日記

tag : 衆議院議員選挙 最高裁判所裁判官の国民審査 組織票 死票

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ