*All archives* |  *Admin*

ローマ法王が「焼き場に立つ少年」を掲載したカードを配布するよう指示。裏には「戦争が生み出したもの」と言葉を記載するよう要請。

爆投下後の長崎で、
亡くなった幼子を背負う「焼き場に立つ少年」。
撮影した米国の従軍カメラマン、
故ジョー・オダネルさんの妻が夫の生涯をたどり、
長崎原爆の日の9日に著書が出版された。
「投下した側」でありながら、
投下は過ちと訴え続けた足跡を写真と共に追っている。
オダネルさんは被爆後の広島、長崎などで、
私用カメラを使って約300枚を撮影。フィルムは封印していたが、
1989年に反核の思いが込められた彫刻像を見たのを機に、
「核戦争を繰り返さないことにつながるなら」と写真展を開いた。
原爆正当化論が根強い米国で批判に耐え、
2007年、8月9日に85歳で亡くなるまで各地で写真展を開き、
戦争反対を訴えた。

 本は「神様のファインダー 元米従軍カメラマンの遺産」。
掲載されている被爆地の写真で、
著名な「焼き場に立つ少年」について、
幼子を火葬にする少年の様子をオダネルさんはこう記す。

 「炎を食い入るように見つめる少年の唇に血がにじんでいる」
「少年があまりきつくかみ締めているため、
血は流れることもなくただ少年の下唇に赤くにじんでいました」

 妻で米在住の坂井貴美子さん(56)が
2年ほど前に出版社の打診を受け、
オダネルさんの遺志を尊重して、応じた。
坂井さんは取材に対し、「人間の存在の原点を、
占領者としてではなく同じ人間としてカメラに収めている」と表現。
そして核廃絶へのメッセージとして、こう語った。
「ただ『忘れない』ということが大切と思う」。

AS20170809003618_comm.jpg
焼き場に立つ少年。
幼子の亡きがらを火葬にする順番を、
歯を食いしばって待つ様子をとらえた
(1945年、長崎、ジョー・オダネルさん撮影、坂井貴美子さん提供)

転載元:https://www.asahi.com/articles/ASK877VJMK87PITB00V.html


 
Remember311919

フランスの有力紙フィガロまでもが伊藤詩織さんの事を報じている。https://t.co/aKFC0qaC6fしかし、日本はといえば、各メディアはほとんど報じない。(朝日ではベタ記事を読んだことはあるけれど→https://t.co/yV8N4IbF2O)それにつけても、日本のメディアは政権の顔色窺いと忖度がお好きなようで… https://t.co/oimFDxQH0g
01-03 00:10

RT @8icsRtq8Pz2NoMi: これは大きなスクープ!道新、すごい。戦争の背後には米国の影。覇権国はみんなグル?あの冷戦さえ、演出だった事が容易に疑われますね。 https://t.co/MsHdtLrWmc
01-03 00:12

★大賞 村本大輔(ウーマンラッシュアワー)「安倍さんは戦争の臭いがプンプンする人」「核の抑止力っていうのはほんとうに意味がない」〈僕は国よりも自分のことが好きなので絶対に戦争が起きても行きません〉 https://t.co/psWGetxUre
01-03 00:30

フランシスコ法王は、ローマ・カトリック教会が「世界平和の日」と定める1月1日に合わせて、原爆が投下された直後の長崎で撮影された、死んだ弟を背負った少年が直立不動で立つ「焼き場に立つ少年」を掲載したカードを配布するよう指示。裏には「戦争が生み出したもの」と言葉を記載するよう要請。 https://t.co/SIKKgwVInn
01-03 00:51

RT @momohanatoto: ニューヨークタイムズが個人による犯罪報道としては例を見ないほど広大な紙面を割いて詩織さん問題を報道。フランスでは、なんと有力5紙がこの問題を報道。トルコでも有力紙が大々的に報道。日本は強姦大国として国際的地位を確立しました。ネトウヨ…
01-03 16:31

RT @kou_1970: 落合陽一さんって、落合信彦さんの息子さんだった…。 https://t.co/uys1evn4bM
01-03 16:36

政府主導の「オールジャパン体制」とは、最終的には国民負担を強いるということ。https://t.co/lMAexyTItY
01-03 16:59

にほんブログ村ブログランキング
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと ジャンル : 日記

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ