*All archives* |  *Admin*

麻生氏「さっさと死ねるように」 終末医療巡る発言

麻生太郎副総理・財務相は21日に開かれた社会保障国民会議で、
終末期医療にふれる中で「さっさと死ねるようにしてもらうとか、
いろんなことを考えないといけない」などと発言、終了後に撤回した。

 麻生氏は終末期医療や延命治療に言及した際、
終末期の患者を「チューブの人間」と表現し、
「私は遺書を書いて『そういうことはしてもらう必要はない。さっさと死ぬから』
と書いて渡してある」と発言。
さらに「いい加減死にてえなあと思っても、
『とにかく生きられますから』なんて生かされたんじゃあ、かなわない。
しかも、その金が政府のお金でやってもらっているなんて思うと、
ますます寝覚めが悪い」などと述べた。

 会議の終了後、記者団に対して、「個人的なことを申し上げた。
終末期医療のあるべき姿について意見を申し上げたものではない」と釈明した。
その後「国民会議という公の場で発言したことは、適当でない面もあった」として、
議事録から発言を削除する意向を示した。



余計なお世話だが、
遺書とは『死後のために書き残す文書や手紙』であって、
遺書に『そういうことはしてもらう必要はない。さっさと死ぬから』
と書いておいても意味はないような気がする。

然るに自分の終末期の希望については、
遺書』ではなくて、
『終末期医療の要望書』と書くのが正しいんじゃないのかな。(^_^;)


それに、いざとなったら麻生氏は差額ベッド代の高い広い個室に入って、
希望すれば自己負担での最先端の延命のための高度医療も受けられる。

金銭的にはなんの苦労もない恵まれた環境でお育ちになられた、
庶民とは金銭感覚の程遠いおぼっちゃま老議員なればこその発言なのだろうが・・・
私としては、

『しかも、その金が政府のお金でやってもらっているなんて思うと、
ますます寝覚めが悪い』

については異論がある。

「政府のお金」とは、払いたくなくても税金として徴収された
日本国民の血税から成るお金であり、
『政府=自公政権』のお金などではない。



「さっさと死ねるように」発言は、
社会保障費の財源がない政府が、
世界に類を見ない超高齢化が進んでいる
日本の低所得層の高齢者たちに向けた、
表向きの言葉で言えば『早めの尊厳死のススメ』
本音の言葉で言えば『貧乏人はさっさと死ねや』的な
発言と捉えられてもしかたがない。

議事録から発言を削除しても、人間の感性は様々であり、
その文脈の一節だけが独り歩きをして、歪められたまま残る。


自民党の社会保障対案は自立・自助を基本としている。

年金受給額は下がり続け、物価も上がり始めている。
2014年の4月からは消費税が8%になる。
私は老後の為に買い物も控えている。

ヨボヨボで低所得層の高齢者はいったいどうやって自助するのさ?(`´)


約半世紀ほど前まで、社会を支えていた各世代の同居による
家族間及び近隣で互いに助け合う共助は核家族化推進で
消滅しまった。

それを今さら、財源がないからと言って、
自らの努力と家族間の助け合いによって自立・自助で生き抜き、
終末期には公助は無理なので『さっさと死のうよ』では、
私にはそっちのほうが寝覚めが悪い。

私が末期高齢者になり、終末期医療が必要になったら、
「チューブの人間」になる手前までは、
なにがなんでも国庫負担金(税金)による公助で生き抜きたい。

あっ・・・無理か。自公政権が続く限りは・・・。(ーー゛)

死ぬことも生の一部で在ると知る病床で聴いた悲愴ソナタに
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : ひとりごと ジャンル : 日記

tag : 遺書 終末期の要望書 差額ベッド代 高度医療 超高齢化 社会保障対案 自助 共助 公助

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ