*All archives* |  *Admin*

「ハローワークで募集、見習い僧侶が通夜なんて」を読んで思うこと。
今朝の新聞記事、「ハローワークで募集、見習い僧侶が通夜なんて」を読んで、
葬儀を執り行った遺族の方々には申し訳ないが、その対応に苦笑いしてしまった。

何に苦笑いしたかと言うと、
『高野山真言宗の寺が、ハローワークで募った僧侶見習いに、
1人で死者を弔わせていた。わからない儀式は勝手に省き、遺族の怒りを買っている。』

の「遺族の怒りを買っている。」部分についてである。

僧侶見習いがわからない儀式を勝手に省略したこと等について、
遺族が怒りを覚えているそうな。

其の1
「ひどい。やり直してほしい。」
※納骨の儀式を省かれた女性(52)

其の2
「妹は成仏できたのか。随分ばかにしている。」
※妹を亡くし、布施と寄付金計200万円を払った女性(80)

其の3 
父親を亡くした50代女性は遺言通り戒名を「大居士」
「居士」に準ずる「信士」を希望したら、住職に
「恥ずかしくないのか」と罵倒され嫌な思いをした。



今も多くの日本人は葬式仏教というビジネス戦略によって創られた
極楽浄土とかいう異次元世界を信じているのだろうか?

大多数の日本人の死生観から鑑みて、
遺族にとっては葬式仏教での葬送儀式は大事なこと。
であることは、致し方のないことだとは思うが、
死者の魂を利用してのビジネス葬式仏教を全面的に肯定してありがたく思い、
多額のお布施で読経を依頼し、戒名ソフトで作った高額な戒名を授かり、
祭壇の立派な葬送の儀式をしたからといって、
物言えぬ肉塊と化してしまった死者にはなにも通じない。
それに、自分には縁のない無名の死者のことなどすぐに忘れてしまう世間に対して
ただのビジネス用に創られた様式に乗っ取った
儀礼だけの葬送を行う必要があるのだろうか?


「本人の意思で仏教に帰依して真面目に修行した
僧侶であっても法力があるわけではなく、
煩悩深きただの人間です。もちろん、私もそうですが・・・」と、
故義父母の菩提寺の僧侶が雑談中に自らの口で語っていた。
もちろん、私も初めから僧侶の法力など頭から信じていなので、
もしも、「Buddhism exorcismus」(仏教のエクソシスト)
のような法力のある僧侶に遭遇でもしたら、
少しは葬式仏教に対する考え方が少しは変わるかもしれないけれど、
まぁ、無理でしょ・・。

昨年、その僧侶の魂抜きの儀式(お経だけ)によって、
夫の実家の仏壇を閉じたが
その報酬=お布施が3万円と聴いて唖然とした。
銭欲の煩悩ばかりで何の法力もないのにさ・・(ーー;)


思うに、ハローワーク募集で雇った僧侶見習いの経文だから、
死者は成仏できないわけでもなく、
また、戒名が「大居士」だからといって、魂の格が上ということでもない。
それに、お布施と寄付金計200万円を払ったからといって、
あの世で高い位に行けるわけでもない。


ビジネス葬式仏教の金儲けに利用されて遺族が怒っても、
死者にはそんなことは知る術もなく、
あくまでも、遺族の世間に対する見栄でしかない。

この歳になるまで、何回も葬儀に参列してきたが、
僧侶3人が経文を唱えていた大枚をかけたであろう、
立派な葬儀といわれる葬送はあまり心に残らず、
僧侶のお経無しで、火葬のみの質素で
倹しい葬送のほうが心に残る場面が多く、
死者を悼む気持ちも強かったと記憶している。

来世の存在とは宗教家の金儲けの手段のために創られた
想像上の世界でしかない。

要は、本当に遺族が死者を真摯に悼む気持ちさえあれば、
高額な戒名も必要ないし、
立派な祭壇での葬送儀式や僧侶の形式だけのお経などなくても、
死者は安心して成仏?できるのではないだろうか。


だが、成仏という言葉も生きている人間が勝手に
願望しているだけのことであって、お布施の額や僧侶の経文だけで、
死者が仏に成ることはあり得ない。


ハローワーク募集で雇った僧侶見習いに、
わからない儀式は勝手に省かれても、
また、怪しげなお経であの世に送られたとしても、
死者は何も答えず、二度とこの世に戻ることはない。

新聞記事の怒りの中にあるのは、成仏という仏教用語に名を借りた、
これからもこの世で生きていかねばならない、
遺族たちの世間体と見栄でしかない。

私ね・・・もし夫が先に逝ったら、誰もいないところで怪しげなお経を読み、
聖書もコーランも読んであげようと思ってるの。(^^ゞ
西方浄土、天国、完全無の世界・・どこでも好きな処に行けるように。(^_^.)

誰一人戻って来られぬその場所はきっと無常の雪降るところ
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : つぶやき ジャンル : 日記

tag : 葬式仏教 死生観 葬送儀式 ビジネス葬式仏教 戒名 Buddhism exorcismus 法力 魂抜きの儀式 来世の存在

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ