*All archives* |  *Admin*

原発事故の汚染水の処理については国が前面に出て『私(安倍晋三)が責任者として対応する』と言ってたっけ…トリチウム水を薄めて海に流すことの説明会、地元の漁師の方々にやってるみたいですけど、海って 世界中 繋がってるんだよね。汚染水はコントロールしてるって言ってた人、何してんの?


トリチウム水処分で公聴会

福島第一原子力発電所にたまり続けている「トリチウム」という放射性物質を含む水の処分をめぐり、国の有識者会議は30日、一般から意見を聞く初めての公聴会を福島県で開き、風評被害を招くなどとして海に放出する処分方法に反対する意見が多くあがりました。

福島第一原発で出る汚染水を処理したあとの水には、取り除くのが難しい「トリチウム」という放射性物質が含まれていて、原発の構内でおよそ92万トンが保管され、増え続けています。
この水の処分について国の有識者会議は、一般から意見を聞く初めての公聴会を開き、初日の30日は、富岡町の会場におよそ100人が集まりました。
国では、海への放出や地中への処分といった選択肢のうち、薄めて海に放出する方法が最も早く、低コストで処分できるとする評価結果をまとめていて、公聴会では、事前に選ばれた多くの市民や団体の代表が、海に放出する方法について反対の意見を述べました。
このうち地元で漁業に携わる男性は、「せっかく試験操業の実績を積み上げてきたのに、トリチウムの放出により、なし崩しにされることにおそれを感じている。さらに風評被害が上乗せされる」などと述べ、海への放出に反対しました。
また、福島県漁連の代表は、「我々は風評の払しょくには想像を絶する精神的、物理的な労苦を伴うことを経験している。海洋放出は、試験操業で地道に積み上げてきた福島県の水産物の安心感をないがしろにし、漁業に致命的な打撃を与える」と述べ、海洋放出に強く反対しました。
一方、大阪から来た研究者の男性は、「人体への影響レベルを超えない範囲内でしっかりと管理し、海洋に放出すべきだ」などと放射線量を監視しながら海に放出する方法を支持するという意見を述べていました。
国の有識者会議は、31日も郡山市と東京都内で公聴会を開き、あげられた意見を参考に検討を進めることにしていて、今後、どのような処分方法を国に提言するのか注目されます。

【県漁連会長「海洋放出されては困る」】
公聴会を終えたあと、福島県漁連の野崎哲会長は、「トリチウムを含む水が海に放出されれば、福島の漁業は壊滅的な風評被害の影響を受け8年近くかけて積み上げてきたものがすべてなくなってしまう。これから有識者会議の小委員会で議論は続いていくと思うし、すぐに放出という決定にはならないと信じている。私たちは1つ1つ漁業の復興を積み上げていくしかないが、その中で海洋放出をされては困ると言うことを、国にしっかり伝えていきたい」と話していました。

【放出反対以外の意見も】
トリチウムを含む水の処分をめぐって富岡町で開かれた公聴会に参加した大阪大学大学院の環境エネルギー工学の研究者、大槻宗司さんは、風評被害を最小限にとどめるためにも、全てのトリチウムを含む水の放射線物質の濃度を把握し、公表したうえで、海に放出する方法を提案しました。
公聴会のあと、大槻さんは、「風評に打ち勝つには科学的データに基づいた情報を広く知ってもらうことが必要でそれを発信する力で解決していくしかないと思う。海洋放出になると福島だけの問題ではなく日本全土に影響が及ぶことなので幅広い意見を聞くのは重要だと思う」と話していました。

いわき市の弁護士で、地域の復興や廃炉などについて住民の対話の場を設ける活動をしている菅波香織さんは、公聴会でトリチウムを含む水の放出を検討する際は、浜通り地域の漁業の将来像や、漁業関係者が自立して事業を行える支援策についても十分な検討をしたうえで、住民や自治体、国など全体で合意形成をする必要があると述べました。
公聴会のあと菅波さんは、「市民側と行政側の議論がかみ合わないと感じた。お互いの思いだけを言い合ってぶつかり合っているだけで、合意はほど遠く、きょうはスタートだと感じた。国がどんどん進めるのではなく私たち暮らしている住民と対話をして、信頼関係を積み上げ、合意を目指すことが必要で、それが難しいことだと改めて感じた」と話していました。

【漁業者などからは不安や反対の声】
県内の漁港では漁の準備をする漁業者たちからはトリチウムを含む水の海への放出に不安や反対の声が聞かれました。
新地町の46歳の漁業者の男性は「いままで試験的な漁を苦労して続け、消費者の理解を積み重ねてきたのに、トリチウムを含む水が放出されるとその信頼が失われ、漁の本格操業までさらに時間がかかるおそれがある。国は安全と言っているがその信頼性もわからないままの放出は絶対反対です」と話していました。
また漁協の地区の青年部長を務める新地町の36歳の漁業者の男性は「漁業は自分の息子や将来の子孫につなげていく大事ななりわいだ。トリチウムを含む水が海に放出されてふたたび風評被害が生まれれば次の世代に引き継いでいけるか分からなくなるのでやめてほしい」と話していました。

【若手漁業者 風評被害を懸念】
福島第一原発の北、6キロほどにある浪江町請戸地区の若手の漁業者小松諒平さん(35)は、福島県沖の漁業の再生が徐々に進むなか、トリチウムを含む水を海に放出すれば、再び風評被害が起き、これまでの努力が無駄になるのではないかと懸念しています。
福島県沖では、放射性物質の検査で安全性が確認された魚種と海域に限った試験的な漁が行われていて、漁の再開から6年がたった現在、ほとんどの魚で安全性が確認され、水揚げ量も年々回復しています。
小松さんも、震災後2年、漁に出られませんでしたが、いまは、週に3回は漁に出られるようになり、主力のシラスやコウナゴの漁も好調でなりわい再生の兆しを感じています。
しかしこうしたなかでトリチウムを含む水が海に放出されれば、再び風評被害が起こり、苦しい状況に引き戻されるのではないかと懸念しています。
また、かつて、汚染水が海に流出した際に試験的な漁が中断されたことや東京電力が汚染水の流出を把握していながら1年近く公表していなかったことなど対応に翻弄された過去もあり、東京電力や専門家の「安全」という言葉を信じ切れない思いもあるといいます。
小松さんは、「漁の回数も増え少しずつ信用を積み重ねて福島の魚が市場に出回りつつあるのにここで海に流すことになれば、またマイナスに引き戻され、頑張ってきたことが無駄になる。専門家は安全というが、実際に原発事故が起きて安全神話が崩れ、信用できない思いがある」と話していました。

【築地の卸売担当者は買い控え懸念】
東京・築地の魚介類の卸売の担当者は、トリチウムを含む水が海に放出されれば、風評による消費者の買い控えは避けられないのではないかと懸念しています。
福島県産の魚は、かつて「常磐もの」と呼ばれ、高値で取り引きされていましたが、震災と原発事故のあと取り引き量は大きく減りました。
それでも、漁協や県などが放射性物質の検査を積み重ねてきたことや首都圏などで安全性のPRを続けてきたことが評価され、徐々に市場に出回る福島県産の魚介類は増えてきたといいます。
しかし、大手のスーパーや量販店ではいまも原発事故の影響が残っているということで、トリチウムを含む水が海に放出されることになれば、風評による買い控えは避けられないのではないかと懸念しています。
中央魚類鮮魚部の山下直文副部長は、「国の基準以下としても、消費者が不安になれば、福島県産のものがまた売れなくなるのではないか。取り引き量は着実に増えてきているが、客の意向を無視して商売はできず、振り出しに戻るのは私たちとしてもつらいです」と話していました。

転載元:https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/20180830/6050002444.html



CdPMwx.jpgfcon.jpg
2con.jpg
Remember311919

RT @kohjohcho: またまた恐ろしいものを発見してしまった。某国会議員の去年の七夕のお願い…… https://t.co/As6bSlCITS
08-31 16:44

RT @Beriozka1917: 今回も「責任」をキャッチコピーに使っている安倍首相。皆さんお気付きかと思いますが、これまでも「責任を果たす」だの「進める責任」だのとポスターを出し、その後で文書隠蔽から改竄、虚偽答弁にデータ水増しと夥しい不祥事が起こしているにも関わらず、安倍…
08-31 16:51

RT @Hiromi19611: トリチウム水を薄めて海に流すことの説明会、地元の漁師の方々にやってるみたいですけど、海って 世界中 繋がってるんだよね。汚染水はコントロールしてるって言ってた人、何してんの?#自称汚染水の責任者 どこ? https://t.co/l3SW
08-31 23:48

NHKは、先日の安倍首相の鹿児島での出馬表明の生中継といい、ますます「アベ様のNHK」と化している。森友関連のスクープも、今後一切出す気はないだろう。 https://t.co/PaARAbMpW6
08-31 23:54

RT @jcpshimabuku: 【参加&拡散おねがいします‼️】9月2日日曜日午後3時より胡屋十字路にて日本共産党演説会を開催します。弁士には日本共産党市議団3名と、テレビでおなじみの日本共産党小池晃書記局長・参院議員がおはなしします‼️司会は島袋が務めます👏みな…
08-31 23:58

にほんブログ村ブログランキング
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : みんなに知ってもらいたい ジャンル : 日記

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ