*All archives* |  *Admin*

年金開始、75歳も選択肢に 厚労省が検討中。 「お国のために老体に鞭打って75歳まで働き続け、年金支給開始前に死んでください」ですか…なんと美しい国だこと。(-"-)

年金開始、75歳も選択肢に 毎月の受取額は2倍 厚労省が検討

経済 2019/1/26 2:00日本経済新聞 電子版
n.jpg

厚生労働省は公的年金の受給開始年齢を75歳まで繰り下げられるようにする検討に入った。毎月の年金額は65歳開始に比べて2倍程度とする方向だ。いまは70歳開始が上限だが、一段と高齢になってから年金をもらう選択肢をつくる。働く高齢者を増やす呼び水にし、元気な高齢者に社会保障を支える側に回ってもらうのが狙いだ。

公的年金をもらい始める年齢は現在60~70歳の範囲で加入者が選ぶことができる。政府は2018年2月に閣議決定した「高齢社会対策大綱」で70歳超への繰り下げを認めることを検討する方針を打ち出しており、受給開始を何歳まで認めるかが焦点になっていた。

19年は公的年金制度の持続性を確認する5年に1度の財政検証の年にあたる。厚労省は今夏までにまとめる検証結果を踏まえ、社会保障審議会(厚労相の諮問機関)で受給開始年齢を75歳まで繰り下げる案を軸に議論する。20年中に関連法改正案の国会提出を目指す。

公的年金は国民年金(基礎年金)と厚生年金の2階建てになっているが、両制度とも70歳までの繰り下げ受給を可能にしたのは30年以上前。この間、平均寿命は男女ともに6歳程度延び、元気に暮らすことができる「健康寿命」も長くなった。70歳を超えても元気に働く高齢者は増えている。

「人生100年時代」をうたう政府は現在65歳まで希望者全員の雇用を企業に義務づけている高年齢者雇用安定法を改正し、70歳まで就業機会が確保される社会づくりを目指す方針だ。厚労省はこれに合わせて年金の受給開始時期の選択肢も広げ、70歳を超えても働き続ける高齢者を支援する方針。人口減と少子高齢化が進むなかで、支えられる側から支え手に回る高齢者を増やす狙いだ。

現在は年金をもらい始める年齢を60~70歳の間の何歳にしても、加入者が平均的な寿命まで生きた場合にもらう年金の総額が変わらないよう設計している。基準となる65歳よりも前倒しして受け取ると年金額は1カ月あたり0.5%ずつ減り、後ろ倒しなら同0.7%ずつ増える。60歳で受給開始なら基準額から3割減り、70歳まで遅らせれば42%増える仕組みだ。

厚労省の試算では70歳で厚生年金を受け取り始めた場合、夫婦2人のモデル世帯で年金額は月33万円。60歳で退職して65歳から年金をもらうのに比べて11万円多くなる。

今回の改革では受給開始を70歳超に繰り下げる場合は増額率を70歳までよりも引き上げ、年金額を上乗せするインセンティブをつける方向だ。例えば増額率を同0.8%にすると、75歳まで受給開始年齢を後ろ倒しした場合にもらえる年金額は基準額から1.9倍に増える。

70歳以上で就業している人の割合は17年時点で15%だが、日本経済新聞社が今月まとめた郵送世論調査では、70歳を過ぎても働く意欲を持っている人は3割に上った。高齢世代の就労意欲は今後一段と高くなっていく可能性がある。

ただ実際に年金をもらい始める時期を遅らせる高齢者が増えるかどうかは不透明だ。60歳の定年後に再雇用制度がある大企業では、60歳を過ぎると50歳代に比べて賃金が半額になることも少なくない。生活水準を維持するため、年金を受け取ることを選択せざるを得ない人が多い。

今の仕組みでは受給開始年齢を65歳よりも後ろ倒しする人は1%しかおらず、むしろ前倒しする人が多い。こうした状況を変えるには、年齢ではなく能力に応じた賃金制度を普及させるなどして意欲と能力のある高齢者の賃金水準を引き上げることがカギを握る。

もう一つの焦点は一定の収入がある高齢者の年金が減る「在職老齢年金」だ。60~64歳で年金と給与の合計が月28万円を超えると、超過分の半分の年金が減額されるので、就労抑制につながっているとの指摘が根強い。内閣府の分析では、この制度がない場合、高齢者がフルタイムで働くことを選ぶ確率は上昇し、14万人分の押し上げ効果がある。

ただ在職老齢年金を撤廃すると年金財政は悪化する。総額で1兆円以上の給付が必要になるためだ。年金制度の改革によって高齢者の就労を後押しするには、公的年金等控除の見直しなどと合わせてきめ細かい制度設計が必要になる。(新井惇太郎)
転載元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4047893025012019MM8000/

Remember311919

お金がなくても病院に受診できる無料低額診療施設とは。インターネットで、各都道府県の無料低額診療施設、無料低額診療事業、と検索すれば、お住まいの無料または低額で受診できる病院の情報が出てきます。https://t.co/sDsxcvcuf8
01-25 00:12

山本太郎『会派を国民民主党と組む?』https://t.co/RK0ZGb42Bt
01-25 00:20

RT @syouwaoyaji: 東京五輪フランス検察当局が「電通」に切り込んだ!!政界に波及する可能性もあるぞ!!French Olympic probe raises questions about Japanese firm https://t.co/aBf7
01-25 16:46

「 紙」の死はジャーナリズムの死…https://t.co/KgwcS1rTDK
01-25 16:54

RT @GeorgeBowWow: 【自民党の国場幸之助はなぜこんな人間を秘書として雇っているのか】「ハンストはテロ行為」「さっさと死ね」田中彗琉球新報 2019.1.25 https://t.co/Mzzo0z14xW
01-25 16:55

RT @yoshifusaace: 何もかも改竄している政府の何を信じろというのか?政府発表は、全て信じる事ができない。とんでもない事態だ!自身で情報を集め、自身の感性で判断しなくてはならない暗黒の時代にたった数年でしてしまった安倍政権は、他に類を見ない極悪政権だ。黙…
01-25 16:56

RT @moonright1231: スピノザの言葉を。 「平和とは戦争がない状態を言うのではない。平和な状態とは善のあることであり、心の安定、親切な行い、信頼と正義があることだ。」悲しいけれど、今この国は平和ではありません。 戦争は人の心が起こすもの。既に人々の心か…
01-25 17:06

RT @mipom11: こんな時、公明党は何をしているのだろうか?福祉の党!平和の党!を旗頭にしていたはずが、安倍政権の暴走にブレーキをかけると言っていたはず。生活保護費減額は安倍政権の暴走ではないとでも?生活弱者の死活問題なのに。https://t.co/PIcpN4WQ
01-25 17:06

RT @Beriozka1917: 政府のウソが余りにも多すぎて個人ではとてもではないが追いきれない。とんでもない人物が政権を握り続けてきたのだから当然だが、怖いのは今よりもポスト安倍時代。今漏れ出しているウソは恐らく氷山の一角だろうから、次は国家が消し飛んでしまうかもしれない。
01-25 17:06

嘘を大嘘で塗り固めたこんな政権を支持する人は、自分にも火の粉が降りかかっていることにいつ気づくのだろう? https://t.co/e1sOfOXYrJ
01-25 17:09

にほんブログ村ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



細野氏、自民会派入り調整 入党はせず、静岡県内政界に影響もhttps://t.co/ULO12n2pgm
01-25 17:19

RT @tadashishimizu: なぜ民間賭博がこの国で長年にわたり禁止され、取締りの対象となってきたのかご存知ですか。あまりにも弊害が多く「規制」などとてもできないからですよ。先人達の知恵と伝統だとは思いませんか。それを多少儲かるからといって(実際には社会的経済損失の方…
01-25 17:20

RT @hym1343myh: 安倍の下劣な悪政に比べれば、私の揶揄なんてかわいいものですよ。低脳なのはあなたみたいに権力に尻尾を振る連中でしょうな。ご存じないらしいから教えてあげるが、自民党の得票率は有権者数の15%前後なんだよ。目を開いて、公平に政策や現状を勉強して見…
01-25 17:23

にほんブログ村ブログランキング

関連記事

テーマ : みんなに知ってもらいたい ジャンル : 日記

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ