*All archives* |  *Admin*

人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではなく、「どれだけ心のふるえる瞬間があるかだ」
コーヒーを傍らに、ラジオ(文化放送)を聴きながら新聞を読む。
のが平日朝の日課となっている。
突然、ラジオからドキッとする言葉が聴こえて来た。

人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない
どれだけ心のふるえる瞬間があるかだ


の言葉と、ボブ・ムーアヘッドという人名だ。

詳しく知りたいと思い、調べてみたら、
アメリカのコメディアンのジョージ・カーリンという人が、
彼の最愛の妻が亡くなったときに、ボブ・ムーアヘッド牧師の説教を引用し、
友人に送ったメールの一部抜粋ということが判った。


『この時代に生きる私たちの矛盾』

ビルは空高くなったが 
人の気は短くなり
高速道路は広くなったが 
視野は狭くなり
お金を使ってはいるが 
得る物は少なく
たくさん物を買っているが 
楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが 
家庭は小さくなり
より便利になったが 
時間は前よりもない

たくさんの学位を持っても 
センスはなく
知識は増えたが 
決断することは少ない

専門家は大勢いるが 
問題は増えている
薬も増えたが 
健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し 
笑うことは少なく
猛スピードで運転し 
すぐ怒り
夜更かしをしすぎて 
起きたときは疲れすぎている

読むことは稀で 
テレビは長く見るが 
祈ることはとても稀である

持ち物は増えているが 
自分の価値は下がっている

喋りすぎるが 
愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる

生計のたてかたは学んだが 
人生を学んではいない
長生きするようになったが 
長らく今を生きていない

月まで行き来できるのに 
近所同士の争いは絶えない

世界は支配したが 
内世界はどうなのか

前より大きい規模のことはなしえたが 
より良いことはなしえていない

空気を浄化し 
魂を汚し
原子核を分裂させられるが 
偏見は取り去ることができない

急ぐことは学んだが 
待つことは覚えず

計画は増えたが 
成し遂げられていない

たくさん書いているが 
学びはせず
情報を手に入れ 
多くのコンピューターを用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている

ファーストフードで消化は遅く
体は大きいが 
人格は小さく
利益に没頭し 
人間関係は軽薄になっている

世界平和の時代と言われるのに
家族の争いはたえず

レジャーは増えても 
楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても
栄養は少ない

夫婦でかせいでも 
離婚も増え
家は良くなったが 
家庭は壊れている

忘れないでほしい 
愛するものと過ごす時間を
それは永遠には続かないのだ

忘れないでほしい 
すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることができるこの唯一の宝物には 
1円もかからない

忘れないでほしい
あなたのパートナーや愛する者に
「愛している」と言うことを
心を込めて

あなたの心からのキスと抱擁は
傷をいやしてくれるだろう

忘れないでほしい
もう逢えないかもしれない人の手を握り 
その時間を慈しむことを

愛し 話し 
あなたの心の中にある
かけがえのない思いを
分かち合おう

人生はどれだけ
呼吸をし続けるかで
決まるのではない

どれだけ
心のふるえる瞬間があるかだ







この最後の言葉に、目に見えない力で脳天を思い切り叩かれたような気がした。
だが、人間の欲望は果てしなく、私を含めて、
「呼吸の数+心のふるえる瞬間がたくさん」
の両方を渇望する人が多くを占めるだろうが、
人生は不条理の連続であり、そうは問屋が下ろさない。
私とて、この歳になるまで、
『心のふるえる瞬間』があったかどうかも思いだせない。
それは、きっと、何も気づこうとせず、
何も考えてこなかったからに他ならない。

それでも、「人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない
という「心のふるえる」言葉に巡り合ったからには、
残り少ない生の時間ではあるが、『心のふるえる瞬間』に向けて、
常にアンテナを張り巡らせていれば、本当に心のふるえる瞬間に
巡り合うことができるような気がする。
そうすれば、『人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない
ことを理解することができるかもしれない。
いや、「気がする・・」とか「かもしれない・・」
などいう曖昧な理解ではなく、是非そうありたい。

人生はいつでも今がプロローグ呼吸の数で幕は降ろせぬ
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : ひとりごとのようなもの ジャンル : 日記

tag : ボブ・ムーアヘッド ジョージ・カーリン 人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない どれだけ心のふるえる瞬間があるかだ

Secret
(非公開コメント受付不可)

Re: 感謝
ひな様へ。お返事がものすご~~く遅れてごめんなさい・・。
このコメントは非公開でなくてもいいのですよね?(*^_^*)

60歳を過ぎた私は今、老いという未知の領域での歩を進めています。
人生はいつでも今がプロローグ・・・の気持ちで。

暑い日が続いています。ひな様もくれぐれもご自愛くださいませ。


> なすよ様、何時も心に染み入る記事をありがとうございます。11日の記事と合わせて、今読み終えました。胸が熱くなり、そしてなすよ様の締めの一句、人生はいつでも今がプロローグ…にハッと我にかえりました。また受容=諦めでは無いという事にも気づかされました。やはり自分はまだまだ ヒヨッコで、 色々気づきはあるものの、次の日にはまた、カリカリ…でございます。 急に暑くなりました、くれぐれもご自愛下さいませ。
感謝
なすよ様、何時も心に染み入る記事をありがとうございます。11日の記事と合わせて、今読み終えました。胸が熱くなり、そしてなすよ様の締めの一句、人生はいつでも今がプロローグ…にハッと我にかえりました。また受容=諦めでは無いという事にも気づかされました。やはり自分はまだまだ ヒヨッコで、 色々気づきはあるものの、次の日にはまた、カリカリ…でございます。 急に暑くなりました、くれぐれもご自愛下さいませ。
検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ