*All archives* |  *Admin*

忘れてゆくことの幸福と老いて他者に迷惑をかけるということ
ご縁があって、このような拙いブログにお越しくだっさった皆様へ。
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

お餅を喉にひっかけて窒息死もせず、なんとか2011年を
迎えることができました。(笑)




またひとつ歳を重ねました・・。
実際の誕生日はそよ風の吹き抜ける爽やかな季節ですが、
ますます老婆への道を邁進することになりそうです。
ですが、ローマへの道も、老婆への道も決して一本道ではありません。
曲がりくねった迷い道、惑いの道、泣き笑いの道 etc........を
ヨロヨロ、アタフタ、しながら、
人生の下り坂を駆け下りてゆくことになりそうです。


そんな老いの日々ですが、
私は眠りに付く前に睡眠薬変わりに本を読みます。
ところが、朝起きてみると、
読んだ内容の記憶が眠っている間に零れ落ちてしまっています。
これが老い・・・なのだと判ってはいても、
なかなか自分を納得させることができないでいます。

夫には「忘れることも老人力のひとつだよ。」
とヘンな励まされ方をしていますが、
楽しい記憶はどんどん忘れ、嫌な記憶だけはいつまでも忘れないでいる・・
「こんな老人力なんかいらな~い!」と
嘆きつつも、命ある限り、老いは避けて通ることができません。


そんなとき、
今話題の詩人、柴田トヨさんのヒューマンドキュメンタリー番組を観ました。
ご本人様の詩の朗読はもちろんのこと、
詩も人生の応援歌のように素晴らしく、
なるほど、売れて当たり前!と思いましたが、
番組内での柴田トヨさんの或る一言にドキッとしました。


世間の高齢者が口を揃えていうセリフ。


「子供に迷惑をかけたくない・・」


ではなく、同居を勧める息子さんに。


「(自分が)気を使うのが嫌だから、同居はしない。」

と、自分の気持ち優先した言葉を発していらっしゃったことに、

あれっ?ほんまかいな??と思ったのです。

さも他者を思い遣るかのような、偽善者のごとき言葉。
「迷惑をかけたくないから・・」
ではない、自分に正直な素直なまっすぐな言葉が、
私のたそがれた心に突き刺さりました。


まだ元気なシニアorシルバー世代のほとんどの方々は、
「誰の世話にもなりたくない。 子供には迷惑をかけたくない。」
と言います。
確かにごもっともなお気持ちですが、
老いて病気になったり、
身体が思うように動かせなくなったときには、
嫌でも誰かのお世話にならなくては生きてゆけません。
ポックリとあの世に逝ければいいのですが、
死に方など誰にもわかりません。

私も、いずれは身体の自由が利かなくなる日が来ることでしょう。
自由の利かなくなった身体を家族に介護して貰い、
気を遣いすぎて心が苦しくなり、ストレスを貯め込むより、
介護保険を利用して、
ヘルパーさんに頼んで金銭で解決したほうがどれだけ気が楽なことでしょうか・・。
といつも思います。
子供と中途同居をしたがゆえに、
決して幸せではなくなった高齢者を多く見ているからです。



「老いては子に従え」という言葉もありますが、
「老いても自分の意思は持て!」
と思わせてくれた老詩人の一言に感銘しました。
そして、生きるとは、
結果より「どう生きたかという過程が大事」なのだということを
再認識させて頂いたような気がします。



心に残った柴田トヨさんの詩から。




忘れる

 歳をとるたびに
 いろいろなものを
 忘れてゆくような
 気がする

 人の名前
 幾つもの文字
 思い出の数々

 それを 寂しいと
 思わなくなったのは
 どうしてだろう

 忘れてゆくことの幸福
 忘れてゆくことへの
 あきらめ

 ひぐらしの声が
 聞こえる





  あなたに Ⅰ

 出来ないからって
 いじけていてはダメ
 私だって 九十六年間
 出来なかった事は
 山ほどある
 父母への孝行
 子供の教育
 数々の習いごと

 でも 努力はしたのよ
 精いっぱい
 ねえ それが
 大事じゃないかしら

 さあ 立ちあがって
 何かをつかむのよ
 悔いを
 残さないために




朝はくる

 一人で生きていく
 と 決めた時から
 強い女性になったの
 でも 大勢の人が
 手をさしのべてくれた
 素直に甘えることも
 勇気だと わかったわ

 (私は不幸せ……)
 溜息をついている貴方
 朝はかならず
 やってくる

 朝陽も
 射してくる筈(はず)よ




下世話な疑問ですが、
あの、一世を風靡した100歳のアイドル双子姉妹のキンさんとギンさんが残した名セリフ。
出演料は「老後の為に貯金します。」のように、
印税は老後の為に貯金されるのでしょうか?
気になるわ・・・。
110103ri
絡まりてもう解けない糸玉を忘却といふ海に流さむ
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : シニア・エッセイ ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

Re: NoTitle
シュンランママさん。
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いしますね。(*^。^*)

私も「貯金」という詩、読みました。


私ね 
人から 
やさしさを貰ったら 
心に貯金しておくの
さびしくなった時は 
それを引き出して 
元気になる

あなたも 
今から積んでおきなさい
年金より 
いいわよ



素晴らしい詩ですよね。

私さっそく「やさしさ貯金」を始めます。
年金は定額ですが、
「やさしさ貯金」には限度額はありませんものね・・・。
NoTitle
おめでとうございます。
今年も更新楽しみにしておりますね~

柴田トヨさんの本、私も読みました~
今後自分の身体は不自由になっても心は不自由にならず
トヨさんのように前向きで生きたいものです・・・

私は「貯金」という詩も好きです~
検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ