*All archives* |  *Admin*

長崎平和宣言の胸に突き刺さる痛切な願いと首相挨拶の軽さに見えるどうしようもない乖離感。
今朝、7日から我が家に預けられていた孫たち(小中学生)が帰り、
やっと、イベントやプールへの付き添いと飯炊き婆さんからも解放された。
本当に、「孫は来て嬉し、帰って嬉し」である。
また、孫の家ではゲーム禁止なのであるが、、少しならさせても良いわ・・
との娘(孫の母親)の言葉もあり、孫たちは目の色変えてゲームに夢中になっていて、
外出時以外はゲームをするために孫たちに占領されていた我が夫婦の各々のパソコンも解放され、
本日、久しぶりに自分のためにパソコンを開くことができた。


今はのんびりと新聞をまとめ読みしていている最中なのだが、
平成25年長崎平和宣言と首相挨拶を読んでいて、
長崎市長の「長崎平和宣言」は、
言葉の一言一言が重く胸に突き刺さり、心からの賛同と拍手ができたが、
首相挨拶には、広島平和記念式典での首相挨拶と同様で、虚しさと軽さと
「ハイハイ・・役人の書いた作文を棒読みであってもよく読めましたね。」
の思いしか湧かなかった。

長崎平和記念式典での首相挨拶の結びの言葉

結びに、いま一度、犠牲になった方々の御冥福を、心よりお祈りします。
ご遺族と、ご存命の被爆者の皆様には、幸多からんことを祈念します。
核兵器の惨禍が再現されることのないよう、非核三原則を堅持しつつ、
核兵器廃絶に、また、世界恒久平和の実現に、力を惜しまぬことをお誓いし、
私のご挨拶といたします。


広島平和記念式典首相挨拶の結びの言葉

結びに、いま一度、犠牲になった方々の御冥福を、心よりお祈りします。
ご遺族と、ご存命の被爆者の皆様には、幸多からんことを祈念します。
核兵器の惨禍が再現されることのないよう、非核三原則を堅持しつつ、
核兵器廃絶に、また、世界恒久平和の実現に、力を惜しまぬことをお誓いし、
私のご挨拶といたします。


広島と長崎での結びの言葉は同じである。
多分、同一の役人が書いたのだろうが、
一国のトップリーダーならば、
世界恒久平和の実現に、力を惜しまぬことをお誓いし、云々・・』等の
建前の言葉以外にも、一行でも福島第一原発事故にも触れるように!
と作文担当の役人に指示するのが筋であろうに・・。
福島第一原発事故には一言も触れていない。

無理もないか・・
原発再稼働を推進し、原発を海外に売り歩く人だもの。
それに、ベトナムの場合は原発を売って稼働した際に出る放射性廃棄物は
日本で運んで処理と処分をするという条件付きだそうな。

国家とは不都合な真実は声を大にしては言わないものであることは
判りすぎるほど判ってはいるが、
福島第一原発事故は収束どころか、未だ現在進行形であり、
高濃度の放射性物質に汚染された地下水が海に漏れだしている最中なのに
他国に原発を売って、そこから出る放射性廃棄物を
この狭い日本のどこに置くというのだろう?

福島第一原発事故は、広島と長崎に投下された原爆と原発は表裏一体であり、
同様の危険を孕んでいる。
もしも、少しでも心ある政治家なら福島第一原発事故に一行でも触れるだろうに・・
と思うのだが、我が国の首相様は一切触れない。
平和憲法改悪集団的自衛権見直しに前向きな人物を内閣法制局長官に起用なされて、
ご自分と米国様に都合のいい解釈をすることにだけにご執心でいらっしゃるご様子。



首相 「憲法改正は歴史的使命」
8月12日 22時53分

安倍総理大臣は、12日夜、山口県長門市で開かれたみずからの後援会の会合で、
「将来の憲法改正に向けて頑張っていくのが私の歴史的な使命だと思っている」と述べ、
憲法改正に取り組む決意を示しました。


この中で、安倍総理大臣は「日本に生まれた子どもたちが、
この日本に誇りを持てる国をつくっていくのが、私の大きな目標だ。
このための教育の再生、さらには将来の憲法改正に向けて頑張っていく、
これが私の歴史的な使命であると思っている」と述べ、
憲法改正に取り組む決意を示しました。
また、安倍総理大臣は「秋はまさに難問山積だ。
TPPや消費税をどうするかという難しい判断があるが、
未来に向けて適切な正しい判断をしていこうと思っている。
総理大臣は、万人から拍手を得ることはできないが、
ときには厳しい批判も恐れずに決断をしなければならない」と述べました。


そりゃま、自分の後援会の会合ならば、誰も批判も反対もしないでしょうよ。

広島、長崎の平和宣言に込められた痛切な願いと、
役人が書いた作文を棒読みするしか能がない首相との甚だしい乖離に、
可愛い孫たちの未来が気になってしかたがない。
私は近い未来にこの世から消え去る身ではあるが、
孫たちが大人になる頃に、日本は国として存在しているのだろうか・・。



『政治屋は次の選挙のことしか考えず、
真の政治家とは下々の民の暮らしと命と次の世代のことを考える人』
だと私は思っているが、政治屋ばかりが跋扈するこの国で
彼らは、自らの言動と行動のギャップにも、
また下々の民との気持ちの乖離にも、死ぬまで気付くことはないのだろうな・・。
130813r
「過ちは繰返しませぬから・・」人間の重さと軽さをこの碑は語りき 
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : ひとりごとのようなもの ジャンル : 日記

tag : 核兵器廃絶 世界恒久平和の実現 平和憲法改悪 集団的自衛権 内閣法制局長官

Secret
(非公開コメント受付不可)

Re: タイトルなし
くるりん様。こんばんは。
あら~♪くるりん様にもお孫ちゃんがいらっしゃったのね。
8才と5才の女の子のお孫ちゃまだったら可愛い盛りですわね。

>私が住んでいるのは 山陰の
> 田舎町ですが ぶつぶつ文句を言いながらも
> 皆さん 自民党に入れます。

なんとなく解ります。そういう日本人の意識的なものって根強いですものね。
そして、 くるりん様の御指摘のように苦しむのですよね。


> 長生きしたくないと 思っていますが……!?

そんなことおっしゃらずに、100歳超まで長生きしましょ。(*^^)v
こんばんわ! 暑い中 自身の身ももて余すこの頃です。お疲れ様でした。家にも 8才と5才の女児 がいます。孫です。 キミマロさんが、孫は
来てくれると嬉しいが 帰るともっと嬉しいと
漫談で 喋りますが同感です。
嫁さんのお腹には もう一人 来年 3月が予定日だと 今日聞かされました。
嬉しい半面、将来のこの国を 思うと 複雑な
気持ちです。私が住んでいるのは 山陰の
田舎町ですが ぶつぶつ文句を言いながらも
皆さん 自民党に入れます。そして 苦しんでいます。回りは限界集落だらけなのに…。
長生きしたくないと 思っていますが……!?
検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ