*All archives* |  *Admin*

おひとりさまの孤独と自由・・その男女差
私の年代(アラシックス)になると、
狭い交際範囲の中ではあるけれど、
ざっと数えても、
知り合いや友人には未亡人や男やもめになってしまった人が10人前後はいる。
中には離婚して「おひとりさま」になった人や生涯独身を貫いている人も含めれば、
その数は十数人にのぼる。


それらの人々は、世間様から、

「お独りでお寂しいでしょ?」

と訊かれることが多々あるらしい。



男性だから、女性だから・・と極論で語るつもりはないけれど、
私の身近な人々との会話から判断すると、


女性は皆が皆、
「寂しさよりも自由でいられる」ことのほうが幸福の比重が大きい・・と、
口を揃えて言い放つ。
思うに、女性側から見れば結婚生活とは、
耐えがたいとは言わないまでも、束縛そのものなのだろうか?


逆に男性にとって結婚とはなんなのだろうか・・。
ほとんどの男性は、
自分の世話をしてくれる、また心を癒してくれる、母というものに象徴される、
無償の愛を与えてくれる代理母を妻に求めているような気がしてならない。

そして、伴侶を亡くした男性や未だ独身の男性は
「寂しい・・・早く妻の元に逝きたい。」
「寂しい・・出来るならば結婚、又は再婚したい。」
などと口にする人が結構多い。




私の40数年来の友人(アラシックス)も30代でご主人様を亡くしたが、
当時は、数多くあった再婚話も断り続けていた。
その当時の理由は、
「どうして私がまた別な男の人の為に朝から晩まで家事労働をしなくちゃいけないのよ?」

そして、今現在は
「やっと子供も独立して、完全なる自由になれたわ。
独りで居る寂しさよりも、自由であることのほうが私の人生にとっては価値があるのよ。
今更再婚して、介護する側になるなんてまっぴらごめんよ。」
と何の躊躇もなくズバッと言い切る。

そんな彼女との対照的な一例として、

朝日新聞で連載中の「孤族の国」の記事から・・

還暦、上海で婚活したが 「孤族の国」男たち―2

に登場する還暦男性は

「どんなに手を尽くしても、日本人でなくても、伴侶が見つからない。
家業の手伝いや後継ぎを望むわけではない。
老いゆく自分の世話をし、みとってくれる相手が欲しいだけなのに。」



と記事には書いてある。





これが本音であり事実だとしたら、
女性の側から見たら呆れると言うか、驚くと言うか・・・
結婚にそんな事だけを求められれば、もし私が独身であっても、
大金を積まれても確実に逃げだす。
どうしても、「老いゆく自分の世話をし、看取ってくれる伴侶がほしいのなら」
「結婚とはどういうことなのか?」
をもう少し学んでから、
再度婚活をした方が良いのではないか・・と思えてならない。

若い時には一目惚れで結婚することも有り得るかもしれないが、
或る程度の年齢になっていたら、結婚にはお互いが納得する時間が必要となる。

己の老いを感じる年代・・焦る気持ちも判らないでもないけれど、
還暦にもなって、愛という曖昧なものの確認もせずに、
「老いゆく自分の世話をし、みとってくれる相手が欲しい」が為に、
たった二日で結婚してしまうという感覚が不思議でならない。

お金で結婚相手を買う・・と見紛うような結婚は、
心から真の伴侶を求めているとは到底思えないし、
再度騙されて結婚詐欺に遭う可能性のほうが高いような気がしてならない。

例えば、大邸宅に住み、メイドさんが居て、お抱えシェフが居て、
というような財産が履いて捨てるほどある人であれば、
初めから財産目当てで、
「是非とも世話をしたい!」と言う女性が現れるかもしれないが、
わざわざ、なけなしの還暦のおじさんを憐れんで、老いゆく相手の世話をし、
看取ってあげる伴侶になりたい、などと思う稀有な女性は先ずいない。

100%円満な夫婦関係など何処にも存在しない・・。
私は、真の結婚生活とは束縛を主成分として、
その束縛に折り合いを付けることで成立しているようなものである。
と思っている。

ほとんどの女性は独りでいる寂しさよりも
自由であるほうを幸せと感じる生き物なのだろうか・・・。
私の夫を含め、
ほとんどの男性は自由でいるよりも独りでいる寂しさに
耐えられない生き物なのだろうか・・・。
110106ri
いつの世も男は果てなき夢を追い女は眼下の深さを見ており
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : シニア・エッセイ ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ