*All archives* |  *Admin*

明日は我が身として考える。「胃ろう 回復見込めない人に6割」の現実と死の自己決定権について
9月13日(金)の朝刊に、
東京五輪決定のお祭り騒ぎ記事とフクイチの汚染水漏れ問題の影に隠れるように
ひっそりと載っていた
「胃ろう、回復見込めない人に6割 研究機関、情報分析 本来は一時的な栄養補給手段」の記事・・。

 口から食べられなくなったお年寄りらの胃に直接栄養を送る胃ろう。
本来、回復する見込みのある人への一時的な栄養補給手段だが、
実際には約6割で回復の可能性がない人につけられていることが、医療経済研究機構の調査でわかった。

 厚生労働省の補助金を受けて、昨年12月~今年1月、全国約800の病院、
約1360の介護施設から回答を得て分析した。
胃ろうにした1467人の患者情報が集まった。約2千人の家族から回答があった。

 胃ろうをつけた時点で将来、口から食べるよう回復する可能性があったのは24%で、
可能性なしは59%を占めた。つけた後にはのみ込みの訓練が必要だが、
訓練を受けた患者は全体の49%にとどまった。

 胃ろうにした時に困ったことを家族に聞くと、「本人の気持ちがわからなかった」が55%、
「時間的余裕がなかった」が31%。胃ろうにしてよかったことは、
「生きていてうれしい」が63%、良くないことは「本人が幸せかわからない」が59%だった。

 胃ろうなどの人工栄養について、日本老年医学会が昨年、
苦痛が増えるなど患者の人生に有益でないと判断される場合には、
差し控えや中止も選択肢とする指針をまとめている。

 調査を担当した飯島節・国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局長は
「後先考えずに胃ろうにするのは問題だ。回復の見込みがある場合につけ、
適切なリハビリをするという正しい使い方をしてほしい」と話す。(辻外記子)


新聞の切り抜きの整理をしていたら、「世界の老後及び死の自己決定」に関する
2013年4月の切り抜きが出て来た。

このブログで7月に記事にした、
延命治療を止めて欲しいのですが・・と相談したら、「ミイラにする気ですかっ!」
と医師に怒鳴られたと言う知人のA子さんと彼女のご主人様のことを思い出した。
A子さんのご主人様はもう胃ろう増設をしたのだろうか?
それともまだ鼻腔栄養のチューブから栄養を摂っているのだろうか?
と・・

私はその記事の最後で「もしかして、A子さんのご主人様の治療方針は、
医師個人の死生観から来ているのだろうか?それとも・・・・」
と曖昧さを残したままで締めくくっている。


今回、その続きはこの新聞の切り抜き記事に集約されていそうな気がしたので、
リンク元が削除される前にここに残しておこうと思います。




  2013年4月18日(世界の老後 最期は:中)オランダ 安楽死、自分貫きたくて

「気が強くて、厳しい人でした」。オランダ・アムステルダムの自宅で、
母アネカ・デネレさんの写真を手に次女ビレミンさん(54)はしみじみと語った
2010年3月、安楽死する母をみとった。89歳だった。

 独立心が強く、夫が亡くなってから十数年、一人暮らしを続けた。
いったん「やる」と決めれば、絶対やり遂げる。
そんな母が、亡くなる2年前、安楽死できる「薬」を集めるよう娘たちに指示した。突然だった。

 持病こそなかったが、75歳ごろから耳が遠くなり、
視力も衰えてきた。家中、手探りで物を捜しながら「どうして見えないのか」といらだった。
人生の一番の喜びだった読書もできなくなっていた。「もうこれ以上、このような形で暮らし続けたくない」

 その言葉にショックを受けたが、気が強い母には、「そのうちに」とお茶を濁すしかなかった。
1年以上たち、「認めるわけにはいかない」とはっきりと告げると、アネカさんは激高した。

 家庭医との面談が始まった。アネカさんは「非常に苦痛を感じる。
この人生はもう完了した。この先も治る見通しはない」と訴えた。

 目や耳が悪くなったという理由だけで安楽死を認めてもいいのか――。
医師の間でも意見は割れたが、最終的に家庭医が引き受けた。

 安楽死予定日の1週間前まで英語のレッスンを受けた。 
最後の3日間。海外で暮らす娘たちも訪れ、親子4人ですごした。
厳しかった母が、ほっとした表情を見せ、初めてリラックスしていた。おしゃべりしたり、散歩したり。

 「母とこれほど楽しいときを過ごしたことはない」

 娘それぞれに「遺品」が手渡された。ビレミンさんには婚約指輪だった。
死ぬ前に聞いておきたかったこともすべて聞けた。「安楽死だからできた特別なこと」だった。

 その日。時間きっかりに家庭医が訪ねてきた。
夫の書斎があった思い出の部屋にベッドを運び、医師から渡された薬を飲んだ。
娘たちが見守る中、徐々にしゃべるのが遅くなった。

 「横になったら?」と声をかけると、「私はまだまだ逝かないわよ!」。
母らしい最期の言葉だった。20分もかからず終わった。

 ビレミンさんは、母には死んでほしくないと思っていた。
だが、安楽死に至るまでに過ごした時間の中で、かたくなだった母から、
思うように生きられないつらさを聞かされるうち、その思いも理解できるようになった。
死期が分かっているからこそ、向き合う機会も出来たと思う。

 慎重に実施する必要があるとは思うが、今、「安楽死には大賛成」と話す。


 ■11年は3千件超、死亡者の3%弱

 オランダの安楽死の報告数は、
安楽死法が施行された02年は1882件だったが、
11年には3695件に増えた。全死亡数の3%弱を占める。

 国民の支持も高まった。

 1970年代から安楽死の合法化を推進してきたオランダ自発的生命の終結協会(NVVE)によると、
70年代の世論調査では支持は75%程度だったが、近年は約95%に達した。
同協会のデヨング事務局長は、宗教離れと個人主義の台頭を指摘する。

 「教会に行く人は減り、命は神から授かったものという意識は薄れてきた。
一方で、全てのことに自分で選べる選択肢があるべきだ、という考え方が強まっている」

 安楽死を求める声も広がっている。
「目が見えなくなった」「人生に疲れた」などを理由とする安楽死の要求が相次ぐ。

 ただ、痛みに苦しむ末期がん患者などと違い、こうした要求に対しては、実施を拒む医師も多い。

 これに対し、同協会は昨年、「生命の終焉(しゅうえん)クリニック」を始めた。
安楽死を家庭医に拒否された人のもとに、医師らのチームを派遣。法的に問題がないか調べ、
要件を満たせば安楽死を代わりに実施したり、拒否した医師に働きかけたりする。
開始10カ月で約600の要請があり、81人が安楽死したという。


 ■「生活改善が先」反対論も根強く

 一方で根強い反対も残る。

 キリスト教系団体、オランダ患者協会の政策担当エリーゼ・ファンフックさんは、
「順番が逆。まずは、よい緩和ケア、QOL(生活の質)の改善を徹底的に模索してから、
安楽死の議論が出るべきだ」と強調する。

 緊縮財政が続く中、福祉予算のカットも相次ぐ。
「QOLの低下した人が『自分の人生に疲れた』と言って死んでいく。
それこそ社会の破産だ」と警鐘を鳴らす。

 91年に安楽死を繰り返し求める女性の自殺を助けて自殺幇助(ほうじょ)罪に
問われたバウドワイン・シャボット元精神科医は、
「大切なのは高齢者に尊厳ある死について選択肢を与えること」と話す。
現在は、自ら食事や水を断つなどの「自己安楽死」を提唱している。

 ただ、シャボットさんは、安楽死法を他国へ導入することには慎重だ。

 「この法律は国民の30年以上にわたる徹底した話し合いの結晶。安易に採り入れられる制度ではない」

 実際、ベルギーやスイスなどで一部認められている以外、世界的には広がっていない。
日本でも裁判で安楽死が容認される要件が示されたことはあるが、法制化に向けた動きはない。

 (中村靖三郎)


 ◆キーワード

 <オランダの安楽死法> 世界に先駆け、
安楽死を明文で合法化する法律を制定し、2002年から施行。
「苦痛が耐えがたく、改善の見込みがない」
「自発的で、熟慮されている」などの要件を満たし、
医師が決められた手続きに従えば、安楽死させても刑事責任を問われない。
象は、医師が致死薬を注射する「積極的安楽死」と、
患者に薬を与えて自分で飲ませる「自殺幇助(ほうじょ)」。
延命治療の中止などは、通常の医療行為とみなされている。

 1970年代から数々の安楽死事件をめぐる裁判があり、ルール化が進んだ。




    2013年4月20日 生の終え方自分で描く

猛スピードで高齢化が進む日本。高齢者の死をめぐる社会環境は、
どのように変わってきたのか? 
家族社会学が専門の袖井孝子お茶の水女子大学名誉教授に聞いた。


 ――日本人の「死に方」はどのように変わってきたのでしょうか。

 「かつては、病気になれば医者に任せ、家族にみとられて逝く、
というのが当たり前の姿でした。
亡くなった後は、近隣の助けも借りながら、通夜から葬儀までする。
それが、日本人の当たり前の人生の終わり方でした。
現在は、こうした『お任せ人生』は難しくなった。
今は家族や地域の絆が薄れ、人生の設計だけでなく、死や死後といった、
もっと先までの設計図を自分で描くことが求められるようになってきました」

 ――医療も介護も「在宅へ」という流れがあります。
今は病院や施設で亡くなる人が多いですが、
自宅で亡くなるのが当たり前になる日が来るのでしょうか。

 「在宅化を進めようという国の方針は財政的な理由が大きいと思いますが、
『自宅で死にたい』というのは、高齢者にとって自然な願いです。自宅では、
あくまでも自分が『主人公』ですが、病院ではそうではない。
ただ、家族のかたちが多様化するなかで、
昔のように家族に介護され、家族にみとられて亡くなる、
というような人は実際はそれほど多くはないでしょう」

 「また、一人で自宅で最期を迎える、という人が増えてくると思いますが、
それには、介護や医療にかかる負担を考えると、
ある程度の経済的余裕がなければならない。
だれしもが『自宅で』というのは、難しい部分もあると思います」

 ――最近は、「平穏死」や「自然死」といった
最期の迎え方にも関心が高まっているようです。

 「これまでの『病院死』がひどすぎた、
ということへの反発が背景にあると思います
。医療が高度化する前には、高齢になれば特別な治療をすることなく、
死を迎えるのが当たり前でした。
80代、90代の人に長時間にわたる手術をしたり、
延命処置をしたりすることは考えられなかった。
現在は、
終末期の高齢者にも、過度な延命治療をしています。
無駄な治療をせずに安らかに死にたい、
という本人の意思は尊重されて来ませんでした」

 ――それは、日本特有の状況なのでしょうか。

 「昨年5月、スウェーデンの老人病棟の視察に行き、
病棟の責任者の医師の話を聞きました。
彼は死にゆく高齢者には、チューブによる
経管栄養も点滴もしないと話していました。
枯れるように死んでいくのが当たり前、ということでした。
家族が延命を希望することは少ないそうですが、
仮に希望があった場合は2日間くらい試してみて、
効果がないことを納得してもらう、と言っていました」

 ――日本では、高齢者の終末期における意思決定で、
家族が果たす役割が大きいようです。

 「スウェーデンでは、患者のQOL(生活の質)を重視して医師が決めます。
米国などでは本人の自己決定が重んじられますが、
韓国などアジア諸国では家族の意思が尊重されるか、
あるいは『家族任せ』という国が多いようです。日本ではさらに、
世間体や『遠くの親戚』の声も無視できない、
というのが実態に近いと思います」

 「ただ、家族や地域に頼ることが難しくなってきている以上、これからは、
日本もさらに自己決定を重んじる方向に変わっていくと思います。
自分の『生』とともに『死』の意味を考える必要性がますます高まる。
高齢者にとって、生の終え方はさらに重要な課題になっていくでしょう」

 (聞き手・立松真文)




最近思うことはといえば、
余りにも断定口調でガン治療はするな!医療を拒否せよ!の類の本と、
逆に、ガンは絶対放置するな!の相反する考え方の本が売れに売れていることの不思議さに
戸惑いを感じることが多々あります。
また、私のような、何にでも洗脳されやすい単細胞の人間は
何を信じたらいいのか判らなくなってくるので、
最近はそういう本は距離を置くようになりました。
なぜなら、それらの相反する思考の本に欠けているのは、
医師である著者たちが患者一人一人の意識変革を迫るだけであって、
医学界、医療界、引いては医師会全体の変革には触れていないことが
私には少しばかり違和感を感じてならないからです。

それらの本の極々一部をアマゾンからリンクしましたが、
リアルな知人、友人間での話では、
ある病院では初めに延命措置を訊かれ、
断ればチューブは付けずに自然死を待ってくれる。
またある病院では余命幾ばくもないことが判っていても、否応なく、
延命チューブに繋ぎ、延命を断れば、
即転院を申し渡す医療機関もあると聞いています。

医学界は今もなお山崎豊子の長編小説、「白い巨塔」と同じ構図であることは
今も昔も変わりはないのでしょうか・・。


加えて、終末期にまで、
患者本人とその家族の日本人としての死生観が大きく関与します。
日本人は死そのものを避けるようにしてきた文化と宗教観が染み付いて、
その志向が離れていかず、更には長いものに巻かれることを好み、
世間的な中庸感覚から抜け出すことを恐れ、世間体をとても気にします。

1.人が死んだらどうなるか?どこへ行くのか?
2.死後や死者をどう捉えるか?
3.生についての人々の考え方や理解の仕方。
4.生きることとは何か?死ぬこととは何か?

等を、ほんの少し考えて、大まかな意思を家族や血縁者に伝えておけば
問題ないはずなのに、もうすぐ死んでしまうシニアorシルバー世代になってもなお、
明るい話だけに終始し、死の話は縁起が悪いと避けたがる人が大部分を占める。

我が夫を例に出すと、終末期についても、
死後処理(葬儀やお墓)等についても
すべて、あなた(妻である私)にお任せします。と言っている。
自分の終末期の希望ぐらいは自己決定をして、
書面で残しておいて欲しいものですが、
6?歳にもなって、生涯現役にこだわり、死をタブー視する夫に
事前指示書を書きなさい!との無理強いはできません。



まだ記憶に新しい1998年の川崎協同病院事件を鑑みると、
その後においても、世界に類を見ない超高齢者社会を嘆くだけで、
活発な議論が為されるわけでもないままで、今に至っています。

17世紀初頭の仮名草子に「夢の浮世をぬめろやれ、遊べや狂へ皆人」
(ぬめろやれ=意味:浮かれ歩け)というがあります。
まさに欧米の「メメント・モリという意味」
(ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」
の警句)の日本版だと思うのですが・・。


なお、積極的安楽死を認めている国は下記の国々です。
スイス- 1942年
アメリカ(オレゴン州) - 1994年「尊厳死法 (Death with Dignity Act)」成立
オランダ- 2001年「安楽死法」可決。
ベルギー- 2002年「安楽死法」可決。
ルクセンブルク- 2008年「安楽死法」可決。
アメリカ(ワシントン州) - 2009年

欧米人は一般的に死に対してはシビアです。
例えば飛行機事故などで、
家族等の近親者の死が確定すると、遺体も遺骨も引き取らずに
さっさと母国に引き揚げてしまう人が多いそうです。
逆に日本人は最後の最後まで遺体と遺骨にこだわります。
端的な例では戦後68年を経た今でも、
かつての戦地まで遺骨収集に出かけることが美徳とされています。
そのことが可か不可かはそれぞれの風土、文化、
宗教に根付いている死生観から来るものであり、
死者に対しての畏敬と畏怖の念と供養のためであろうと思いますので、
ただただ、ごくろうう様です。と申し上げることしか言えません。

上記の例はあくまでも端的な死生観の一例ではありますが、
私が重要視したいのは、死後のことではなく、
死に至る前の自己決定権についてです。

日本は尊厳ある死の自己決定については
後進国であるということだけは言えます。


オランダ、その他の国や州の積極的安楽死を全面的に
肯定しているというのでは無いことを言い添えつつ、
急を要さない集団的自衛権の解釈などは後回しにして、
もっともっと、死の自己決定権について論議を深めて欲しいと思っています。

オランダでは、条件はありますが、
安楽死を望む人に対しての薬物投与による自殺幇助は合法であり、
なんら罪に問われることはありません。
実際に安楽死を希望する人の傍で、何の罪の意識も無く自殺幇助をする・・。
私には信じがたいことですが、それがオランダの死に対する現実のようです。
また、安楽死には臓器移植がセットされている場合も多いそうです。
それが、可か不可かは、今の私の中では結論はだせませんが、
日本でも、そろそろ安楽死ではなく、尊厳死としての厳しい条件付での許で、
自己決定によって死を選択してもいい時期に来ているような気がしています。


己が終末期に至ってもなお、死の自己決定権はおろか、
死の直前になっても、死を考えようともしない結果が、
悲劇的な死(老々介護殺人、介護疲れによる虐待死孤独死孤立死
等に密接に繋がっているように思えてならないのです。

齧ってはならぬと知ってる毒りんご甘美な芳香に齧りたくなり
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : ひとりごとのようなもの ジャンル : 日記

tag : 終末期 死生観 事前指示書 メメント・モリ 老々介護殺人 虐待死 孤独死 孤立死 安楽死法

Secret
(非公開コメント受付不可)

Re: NoTitle
くるりん様。こんにちは。

最近は3日に一度程度しかパソコンを起動しないもので、
ついついお返事が遅れてしまい、申し訳ありません。<(_ _)>

私はホームヘルパー資格取得のときに特別養護老人ホームへ研修に行ったことがあります。
そのときの私の役目は厨房で作られたミキサー食をねたきりの方に食べて頂くことでしたが、
時間の制約があるので、まるで、フォアグラを取るガチョウに無理矢理に食べさせるごとくに、
入居者にスプーンを咽喉の奥の奥までまで突っ込んで、無理矢理にゴックン!させたことがあります。
これが今の高齢者施設の現状のようです。ポスト団塊の私ですが、
もし、PPK(ピンピンコロリ)で逝けずに寝たきりになっても、
おそらく高齢者施設も満員で入れないでしょう。
自宅での孤独死が一番の幸せな死に方かなぁ・・などと考えている昨今です。
もちろん!100歳ぐらいで!が希望ですけど・・。(^_-)-☆v-510
NoTitle
こんばんは。
わたし、老人保険施設の 厨房で 働いた事が有ります。ミキサー食なんて ひどいモノです。その日のメニュー
例えば 唐揚げ ポテトサラダ 煮しめを すべて、ミキサーに入れ、湯を足して どろどろにします。すごい色です、次に 勤めた 特養は 一品ずつ ミキサーに。色はきれいですが。 こんなのを見ると 悲しくなります。
一品ずつ 味わえる 今に 感謝です。
検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ