*All archives* |  *Admin*

まだ使えるものでもさっさと捨てさせろ!新機種を買わせろ!釣った魚に餌はやるな!を地で行く携帯通信会社ってあこぎな商売よねぇ。
約7年程前に白ロムで買ったガラケー電池パックがパンパンに膨らみ、
リアカバーが持ちあがって来て隙間から
電池パックが見えるようになり、充電ができなくなった。

3年程前にも、パンパンに膨らんだ電池パック
無償交換して貰ったのだが、
今回はドコモショップに行く前に
電池パックのことをドコモのホームページで調べてみたら、
既に電池パック提供終了機種一覧の中に我がガラケーも入っている。

携帯端末はどこも傷んでないし、
電池パックさえあればまだ使えるのだが、
電池パックがなければ携帯電話端末はただのゴミ・・。
事前にアマゾンと白ロム店で
互換バッテリーを調べてみたら、
現在在庫切れで入荷は未定との表示がでる。
ドコモオンラインショップでは、電池パックはおろか、
我がガラケーは「検索結果がありません。
検索条件を選びなおしてください。」と表示される始末。

ちなみにもう使えなくなった我がガラケーの電池パックの
過去のアマゾンレビューを読んだら、
「携帯電話の純正バッテリーは使用状況に関係なく容量の減少に加え、
早期から本体の膨らみが発生してしまうため・・云々」
と書いている人が大勢いる。
つまりは、最初から電池パックをそういう風に製造しているらしい。

そこで、仕方無しに3年振りにドコモショップに行くことにしたのだが、
もし良心的なドコモショップならば、
もしかして電池パックの在庫があるかも?
と期待してドコモショップへ行ったら、昨夜彼氏とケンカでもしたのか?
不機嫌でなんとも感じの悪い無愛想なお姉さんに当たってしまった。

在庫があるかも?と微かな期待を抱いて電池パックのことを訊いたら、
案の定、無愛想姉さんは淡々と
「提供は終了しましたのでありません」と言う。
「じゃ私はどうすればいいの?」と訊くと、
「新しい端末を買うしかないと思いますが・・」とそっけない。

ついでなので、今後の参考のためにと
スマホの端末価格と料金プランを訊き、
利用料金を計算してください。
とそれとなく頼んだら、
ああ、めんどくさ・・的な態度で
カウンター裏の倉庫に行き見本品のスマホを持ってきて私に見せ、
月々の利用費を一応は計算してくれたのだが、
その無愛想姉さんの言うことには、
「あのですね。ご年配の方々の中には、
携帯電話からスマホに機種変更されても、
使い方が面倒だとか機能が複雑すぎて判らないだとかと言って、
再び携帯電話に戻す方が多いんですよね。
それにお客様が参考になさりたい機種の
らくらくパケ・ホーダイの場合ですと、
月々の利用料が4000円+通話料の支払いになりますよ。
それからですね。スマホって、毎日充電しないと電池が持たないんですよね。
外出先で使わなければならないほど
頻繁に旅行にでも行かれるんですかぁ~?
新しい携帯電話をお買いになったほうが
今までよりも安い利用料金になりますよ。
私としてはそちらの方はよろしいよ思いますが~」と、
変な意味で親切なんだか、意地悪なんだかは判らないが、
この客はスマホを買う気はない!的な上から目線の態度で、
しきりにガラケーを勧める。

端末代よりも月々の料金プランに拘った質問をしたので、
余程の貧乏人に見えたのだろうか?
それとも、初老の女はメカに弱い・・とでも思っているのか?
そりゃあ、髪には白髪が混じり、
老眼鏡をかけたり外したりしている私の姿は、
無愛想姉さんに比べたら、間違いなく年配者ではあるけれど、
同年代女性に比べたら、メカ操作にはかなり強いと自負している。

その無愛想姉さん・・
ますます、面倒くさそうな応対になってきて、
「早く決めてよ!」的な対応と目の色になって来たので、
もし、どこかのオンラインショップにあればの話だが、
もう少し待ってから純正品ではない電池パック、
もしくは端末を白ロムで買って
フォーマカードを入れ替えれようか?
それともドコモショップで端末を買って、
今までの半額になる利用料金プランにしたほうが良いのか?
と超高速で頭を回転させていたのだが、
ドコモショップで端末を買わないと
安い料金プランには入れないという
利用者には意地悪な料金システムになっているので、
一時の端末代金をケチるよりも、
月々の利用料金が今までの半額になれば、
一括支払いの端末代は2年で元がとれる。
と私の直感が、「今ここで買っちゃえ・・」と囁いてきた。

結局はそのドコモショップで一番安い端末であるという、
35000円也の端末を一回払いで購入し、
月々の利用料は1000円以下(無料通話分1050円を含む)
になる契約をしてきた。


それにしても、つくづく思うに、
端末本体はどこも壊れていないにも関わらず、
勝手に電池パックの製造を中止して、
更には訳のわからない利用プランをたくさん提示して、
使っても使わなくても利用者から
金を巻き上げるという仕組みで成り立っている
電気通信事業者、特に携帯を扱う通信キャリアほど
あこぎな商売は無いと思った。


手続きも終わりドコモショップを後にしようとしたら、
無愛想姉さんが、あこぎ商売に追い討ちをかけるように、
「2年以内に解約すると解約金が発生しますよ!」と
「今回お買い上げの機種はドコモminiUIMカード
抜いて他の機種に入れて使うことはできませんよ。」
と、更にあこぎ度を増すことを言う。

「そんなことわかっとるわい!」
と心の中で叫びながらも、表面はニコニコと、
「ご心配ありがとうございます。
この機種の電池パック提供終了がいつかは分かりませんが、
今後10年は確実に使いますので、どうぞご心配なく、
ではごめんあそばせね・・m(_ _)m」
と作り笑顔でお礼を言ってドコモショップを後にした。


家路に着こうと、ドコモショップ近くの某駅前のバス停でバスを待つ間、
私の前に並んでいた10代~20代と思しき男女8人の全員が
スマホという小さな函にに支配されなければ生きていけない
アンドロイドのごとくにスマホに見入っていた。
そのスマホ依存症?と思しき若者たちの姿に、
この世のものではない異様な光景を見てしまったような気がして、
なぜか背筋に言い知れぬ悪寒が走った。

そして、私の前にバスに乗った見るからに頭の悪そうな女子高校生は、
スマホに夢中で定期券と間違えたのか?
どこかの店のポイントカードを見せて座席に着こうと車内を進み
運転手さんに大声で呼び止められて注意されていたのには笑えた。

更には、我が家近くのバス停を降りて家路を急いでいたら、
幼子二人を電動自転車の前後に乗せて、左手に持ったスマホに見入りながら、
右手でハンドル操作をしている若いママさんが向こうからやってくるのが見えた。
私はさっと、道路横の路地に逃げたけれど、ほんと危ないわよねぇ。

それもこれも、あこぎな商売人とそれらを応援するあこぎな政治家たちが
君臨しているこの国では当たり前の光景と割り切るしかないのだろうか・・。

それでも・・私の友人知人の約半数以上はスマホはおろか、
パソコンもケータイも所有していない。
それでも日々の用は足りるし、生きてもいける。
スマホが体の一部と化してしまったかのような若人と、
季節の草花を愛でながら、旬を楽しむ年配者・・
いったいどちらが、人間の本来の姿なのだろうか?
と考えさせられた一日だった。
131026
ケータイを持たぬ友からの絵手紙に描かれた紅葉の朱赤(あかあか)しさよ
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : ひとりごとのようなもの ジャンル : 日記

tag : ガラケー 電池パック リアカバー 白ロム ドコモminiUIMカード 電気通信事業者 通信キャリア

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ