*All archives* |  *Admin*

「人の為」と書いて「偽り」・・一過性?タイガーマスク現象
その昔・・・
善意の寄付を趣味としているという人と話をしたことがある。
毎年、某テレビ局が行う「愛は地球を救う」
が趣旨のチャリティ募金に出かけては、
一万円ほどのお金を寄付していたらしい。

そのときは、「まぁ!素晴らしい行いね♪」と感嘆したのだが、
話を聞いていくうちに、

「あれ?えっ? なんか違うんでないかい?」と思ってしまった。



障害のある方々が、幾多の困難に打ち勝ちながら、
前向きに明るく生きる感動ストーリードラマが大好きな彼女は
「社会的弱者を憐れみ、可哀想と思って、
寄付をする私は人間的に格が上なのよ。」
的発言をしたからである。

その一言が、私には、
「上から目線の善意の押し売り」=「自己満足な幸福感を得る為だけの偽善」
に見えてしまったのである。
つまりは、弱者に一万円の施しをすることで、
その見返りに自分自身の社会における優越感と自己満足感を買った・・。
としか思えなかったのである。




「人の為」と書いて「偽り」、「人が為す」と書いても「偽り」と読む。


語源を調べれば、他の意味もあるらしいが、
単純に漢字の意味を読み解くと、
人は、決して人の為になどいう崇高なスタンスでは生きられないことになる。


それでも、一万円の寄付で、自己満足しようが、優越感を感じようが、
結果、助かる人、又は救われる人がいるのなら、
それはそれで素直に善なる行為であると捉えても良いのではないか・・
と、今現在ブーム?のタイガーマスク現象でそう思えるようになった。

真の善でも偽善でも、善は善で良いじゃないの・・・と。


政府は余計なこと(私から見たら、
米軍基地のおもいやり予算や役人や政治家の天下り)
には有り余る予算を使い、
醜い権力争いに明け暮れ、庶民の事はほったらかしで、
本当の社会的弱者にはお金を出し渋る。
児童養護施設等にも、
行政から有り余る補助金がでるわけではない。
一定の限られた予算の中から運営維持をしなくてはならない。
民間や個人からの寄付は大歓迎だと思う。

政治家の言う、「国民の為」という言葉は
「自分の為」という言葉に他ならないのだなぁ・・
と改めて思う。





今の世の中、
介護殺人だとか、子供への虐待だとか、無縁死、孤独死、etc..........
そんなニュースばかりが目に付く中、
タイガーマスク現象のごとき「美談」には
久しくお目にかかっていないだけに新鮮で面白い。


今思いだすだけで、
「伊達直人」
「あしたのジョー」
「肝っ玉母さん 京塚昌子」
「桃太郎」
「坂本竜馬」
「ヒバクシャ」
「となりのトトロ」
「マスオ、サザエ」
「うさぎ年のおばあちゃん」
「アンパンマン」
「星 飛雄馬」
「伊達ニャオト」動物保護指導センターへ

と名乗る方々が
匿名での寄付行為をされている。
今朝の新聞(地方版)には特別養護老人ホームへの寄付者も現れたらしい。
個人的には、キャラ名はシャレが効いている
「伊達ニャオト」が一番好き♪ではある。


キャラに扮するアイデアは素晴らしいけれど、
善意の贈り主はほとんどの人が中高年の人だと推測できる。
子供たちへのプレゼントなら、
これから贈り主になりたい人は、
「月光仮面」とか、「あしたのジョー」では、
イメージも湧かないだろうし、この人誰?だと思うので、
せめて、
ワンピースの「ルフィー」だとか、
「NARUTO」。

受け狙いだったら、
「絶体絶命でんぢゃらすじーさん」
「もったいないばあさん」
などはどうだろうか?(*^^)v




タイガーマスク現象を喜ぶのはお上だけだと知った上で、
小さな優越感と満足感と幸福感を求めて、
今後も次々に、お金の有り余っている人や、善なる人々が、
いろいろなキャラに扮して楽しみながら、
一過性ではなく、そして、児童養護施設や特別養護老人ホームばかりでもなく、
善意の連鎖を断ち切ることなく、他の施設にも寄付行為を続けて欲しいと願う。


ただ、マスコミが、
報道を止めると一過性で終わる可能性が大きいことが目に見えてるのが残念だけど・・・。


私も、お金持ちだったら、孫がファンだった正義の仮面
「アクション仮面」を名乗って寄付をしたいけど、
か細い年金暮らしだから今は無理だわ・・・。(^_^;)

そのうち、宝くじで3億円が当たったら、
「デラックス・ナスヨ」の名前で一億円を寄付したいけど・・
当たるわけないわよね。年に2回、各一枚しか買わないから。
110114ri
偽りの愛は要らぬと思ふ吾の心に巣食ふ偽りの愛
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : ひとりごと ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

Re: NoTitle
すろ-も-しょん様。はじめまして。

> 感情のコントロ-ルができず、超孤独、自己嫌悪ですので、貧しいのですが自己満足したいんです。
> しかたなく生きていたのですが

どうなさいました?とは聞きません・・。
私も日々揺れ動く自分の心を持て余しながら、
ある日は前向きに、ある日は後ろ向きで
それでも必死で生きてます。

あなた様はご自身の心に正直であり、
ご自分の内面をしっかりと見つめていらっしゃるお方だと私は思います。


「ありがとうおばあちゃん」
なんと素敵な言葉でしょう♪

良い言葉を教えて頂きました。
感謝します。v-238

NoTitle
はじめまして
今日は1日中、やるべきこともせず、寄付先を検索しておりまして、こちらにたどりつきました。
赤十字にはお世話になったので、今まで赤十字だったのですが、養護施設のほうがいいかな、・・・でも、と・・・
感情のコントロ-ルができず、超孤独、自己嫌悪ですので、貧しいのですが自己満足したいんです。
しかたなく生きていたのですが、寂しい本棚にあったタイトルと似たブログ名で嬉しく、これから楽しみにさせていただきます。ちなみに、ありがとうおばあちゃんにはなりたい自分です。楽しいブログ、ありがとうございます。色付きの文字
検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ