*All archives* |  *Admin*

「従軍慰安婦、どこの国にもあった」NHK会長の立場にある者のその政権寄りの発言は明らかに放送法第一条の二に違反し、受信料不払いに格好の餌をバラ蒔いたかも。
放送法はNHKを含めた放送事業者に「政治的公平性」を義務づけている。
NHKの会長がこのような発言をするのは極めて異例。

 籾井氏は従軍慰安婦問題について「今のモラルでは悪いんですよ」としつつ、
「戦争をしているどこの国にもあった」としてフランス、ドイツの名を挙げた。
「なぜオランダにまだ飾り窓があるんですか」とも述べた。
飾り窓はオランダなどにある売春街を指す。

 さらに「会長の職はさておき」とした上で、
韓国についても
「日本だけが強制連行したみたいなことを言っているから話がややこしい。
お金をよこせ、補償しろと言っている。
しかしすべて日韓条約で解決している。
なぜ蒸し返されるんですか。おかしいでしょう」と述べた。
その後、記者から会長会見の場であることを指摘されると、
発言を「全部取り消します」と話した。

 籾井氏は三井物産副社長などを経て、
資本関係のある日本ユニシスで社長を務めた。
昨年12月の会見では自らについて
「語彙(ごい)が不足している」と話していた。




NHK新会長の籾井(もみい)勝人(かつと)氏は25日の就任会見で、
従軍慰安婦について「戦争をしているどこの国にもあった」と述べた上で、
日本に補償を求める韓国を疑問視した。
従軍慰安婦問題を取り上げた過去のNHK番組に関連し、
この問題に関する見解を問われ答えた。
尖閣諸島・竹島など領土問題については、
国際放送で「明確に日本の立場を主張するのは当然
政府が右ということを左というわけにはいかない」と話した。
引用元http://www.asahi.com/articles/ASG1T5TK2G1TUCLV007.html

放送法第一条 
二  放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、
放送による表現の自由を確保すること。


により、NHK会長の立場にある者が堂々と「政治的公平性」を無視し、
「不偏不党」でもなく、「政府が右ということを左というわけにはいかない
などと臆面もなく「政権寄りの発言」をしたことは、明らかに放送法違反であり、
これでまた、偏向報道に対する受信料不払い者が更に増えることでしょうよ。

そのような人物をNHK会長に据えた安倍首相ですが、
持病の潰瘍性大腸炎もぶり返しているとの噂もある中で、
首相そのものが既に身体的に限界に達している感じが見えてきてならない。

ダボス会議に出席した際の、100年も前の第一次世界大戦前における
イギリスとドイツの関係を持ち出し、
それら一連の発言を廻って海外メディアの反発を招いている中、
今度は安倍首相が据えた右巻きだけの取り巻き連の一人(NHK会長)が
ドイツとフランスだけでは空き足らずに、
オランダまでをも侮辱する発言をしました。


日米同盟を声高に連呼している裸の王様である狂走馬の安倍首相は、
彼の声高な日米同盟連呼も虚しく、
靖国参拝という行為はアメリカには「失望した・・」とまで言わしめています。
今破竹の勢いに見えるのは、
彼の頭の中だけの拘りである靖国参拝等を勝手に実践しているに過ぎず、
国民の一人としては迷惑行為そのものでしかありません。
裸の王様政権の王様である安倍第二次政権は、
いずれはドイツ、フランス、オランダの各国家による
外交筋からの謝罪要求と海外メディアの批判に抵抗できずに、
再び、敵前逃亡とドタキャン辞任によって、
狂走政権は早期に終わりを告げるかもしれません。
栄枯盛衰は世の常ですので・・。







ところで、話は変わりますが、安倍首相の演説を観ていると、
ときどきですが、自分に酔っているのか?アドレナリンの出過ぎなのか?
ニュース等の映像の中で、手振り身振りを多用しているときがあります。
話の中身は早口で滑舌が悪いので、聴力の良い私でもよく聞き取れず、
心に響く語彙もなく、また聴く気もありませんが、
ふと、あの南アフリカのマンデラ元大統領の追悼式で
偽の手話通訳していた人物を思い起こさせて、笑わせてくれます。
私にはアホノミクスの恩恵は何もありませんが、
安倍首相は私のナチュラルキラー細胞の活性化にだけは、
笑い(嘲笑が多い)という形でのみ恩恵を与えてくれています。
果たして、喜ぶべきことなのか、それとも悲しむべきことなのなのか・・。
それとも嘲笑ではナチュラルキラー細胞は活性化しないのだろうか?
  うーん.......................................(ーー;).。oO
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : シニア・エッセイ ジャンル : 日記

tag : 放送事業者 政治的公平性 従軍慰安婦問題 飾り窓 売春街 強制連行 日韓条約 尖閣諸島・竹島 領土問題 政府が右ということを左というわけにはいかない

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ