*All archives* |  *Admin*

皆様のNHKがラジオでも言論封殺でABE様のNHKに・・都知事選中の脱原発論に待った!20年来出演していた大学教授が降板。
 NHKの朝のラジオ番組に出演予定だった中北徹・東洋大教授が、
番組内で脱原発をテーマに取り上げようとしたところ、
NHK側にテーマ自体の変更を求められ、番組を降板していたことが分かった。
都知事選中は原発問題はやめてほしい」と言われたという。

 番組は月~金曜の午前5~8時のラジオ第1放送「ラジオあさいちばん」。
中北教授は「ビジネス展望」というコーナーに20年来出演しており、
30日朝も「原発の再稼働のコストと事故リスク」をテーマに出演する予定だった。
だが、前日に原稿案を見せたところ、
ディレクターに「テーマを変えてくれ」と言われたという。

 原稿案は「事故発生時の損害額が桁外れに大きい」として、
原発稼働におけるコストの増大を指摘する内容だった。
中北教授は外務省を経て研究者となり、第1次安倍政権で
「アジア・ゲートウェイ戦略会議」の座長代理も務めた。
「選挙期間中だからこそ本質的な議論をするべきだ。
過剰に自主規制するNHKの対応は問題意識が欠けている」と話す。

 NHKは「脱原発論を放送しないというわけではない。
原発が争点になっている都知事選期間中は、
双方の意見を紹介するなど、より公平性を確保することが必要。
1人が出演するビジネス展望では困難だと判断し、
テーマの変更を求めた」としている。

引用元
http://www.asahi.com/articles/ASG1W5S3NG1WUTFK00D.html?iref=comtop_list_pol_n02





特定の政党から支持されている候補者を応援するような放送は、
もちろん、許されないが、
現在、都知事選原発問題を争点としている候補者もいるわけで、
有権者の中には脱原発がテーマの論評を聴いてみたい人もいたはず。

選挙運動期間中こそ、候補者選びに迷っている有権者のために、
候補者選びの判断材料やありとあらゆる情報を伝えるのが、
公共放送の役目であると思うのだが、
「ビジネス展望」に出演予定だった、
中北徹・東洋大教授の不出演のことには、何の説明もなく、
また一切触れず、何事もなかったかのようにリスナーからの便りを
読んでいた。

NHKは政権の批判を極度に恐れて、
言論封殺そのものをしているとしか思えない。

「NHKは1人が出演するビジネス展望では困難だと判断し、
テーマの変更を求めた」と言っている。
それならば、次の日か明後日等に、原発推進がテーマの論評を
放送すれば、不偏不党ではなく中立公平になるはず。

結局は、なんだかんだと理由を付けながら、
表向きは皆様のNHKでありながらも、
裏ではABE様のNHKとなってしまったことを認め、
ただただ政権の批判を恐れているだけなのだろう。

日中は日がなラジオを聴いているほどのラジオ好きの私ですら、
自ら言論封殺を平然と行使するラジオ局の報道に関するコーナーなど聴く気はない。

今までは、北朝鮮の朝鮮中央放送のニュースを見て、
独裁政権の代弁者としての、偉大なる指導者金正恩の視察状況唐を伝える
あの元女優の女性アナウンサーのわざとらしい大げさな話し方を笑っていたが、
NHKも偉大なるABE閣下!が送り込んだNHK会長の御意向には逆らえず、
朝鮮中央放送のアナウンサーのような派手な演技力は無いにしても、
放送の中身は朝鮮中央放送と似たりよったりになるわけよね。




ところで、英国の公共放送BBCは、
政府の見解と違うと思えば、堂々と批判する報道姿勢をとっている。
つまり、そのような放送をすることが、
真のジャーナリズム精神を高く評価され、
結果、本来の公共放送として、国民の信頼を得ており、
受信料の収納率は約98%と、ABE様のNHKに比べて、
受信料の不払い率も極端に少ない。


私は今後も今まで同様に、スポンサーの意向は維持しつつも、
NHKよりは自由な発想で放送される民放をだけを聴くことにするわ。
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと ジャンル : 日記

tag : 都知事選 原発問題 言論封殺 ABE閣下 NHK会長 朝鮮中央放送 皆様のNHK ABE様のNHK

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ