*All archives* |  *Admin*

『きれいなオネエチャンが食べたい』とツイッターで下品丸出しのNHK経営委の百田尚樹氏が都知事選で田母神俊雄候補の応援演説。自称皆様のNHKの行き着く先は?
NHK経営委員を務める作家の百田尚樹氏が3日、
東京都知事選で街頭演説に立ち、
南京大虐殺はなかったなどと歴史認識に関する持論を展開した。
経営委の政治的な発言を禁じる規則はないが、
不偏不党を求められるNHKの経営に影響力を持つ立場だけに、
籾井勝人(もみい・かつと)会長の従軍慰安婦に関する発言に続き、
波紋を広げている。

 菅義偉官房長官は4日の記者会見で
「放送法に違反するものではない。
個人的な発言で、政府としてのコメントは控える」と述べ、
問題視しない考えを示した。
また、政府が百田氏を経営委員に推薦した理由を問われ
「幅広く評論活動を行い、小説家としても出版され、
国民の皆さんに理解されている(から)」と説明した。

 一方、政府関係者は「権限を持っている経営委員の発言なので、
NHKの立場と思われかねない」と指摘。
「法的に問題がないとはいえ、
NHK会長の職務を監督することを考えれば評価は微妙だ
」と懸念を語った。

 百田氏は3日、都内3カ所で行った田母神俊雄候補を応援する街頭演説で
「1938年に蒋介石が日本が南京大虐殺をしたと宣伝したが、
世界の国は無視した。そんなことはなかったからだ」などと主張。
自ら政治的発言をすることにも触れ「プライベートで誰を応援しようが自由。
もしこれで『経営委員にふさわしくない』と言われたら、
いつクビになってもいい」と述べた。

 NHK経営委事務局は「ほとんどの経営委員は兼職が認められており、
個人の思想・信条に基づいた行動は妨げられない」としている。
【鈴木美穂、黒田阿紗子】
引用元:http://mainichi.jp/select/news/20140204k0000e010206000c.html




そろそろ、百田氏の危ない発言が出てくる頃だと思っていたら、
やっぱりでてきた。
それも、安倍首相と同じ歴史認識を持つ、
田母神俊雄候補の応援演説でだ。

ツイッターで「 NHK百田尚樹経営委員が、
選挙カーに乗って都知事候補の田母神氏の応援演説を行った。
これは完全にアウトだ。」と書いた人に対して、
『アホか!不偏不党は放送に関してのみ。
個人の思想信条は認められて当然。
これがダメというなら、NHKの経営委員など、いつでも辞めてやる!』
と逆ギレし、他にも、
『インフルエンザのお陰でほとんと食欲がない(涙) せめて、
きれいなオネエチャンを食べたい!』 1月27日
と豪語する百田尚樹氏。

https://twitter.com/hyakutanaokiより


そこらへんのアホバカネトウヨのつぶやきだったら、
せせら笑いで済むが、天下のNHKの経営委員、
そして、ベストセラー作家という肩書きを持つ公人としては
あまりにも下品で大人気がない。

慰安婦は世界中どこでもいたと個人的発言をひけらかし、
バッシングされると、
発言は個人的見解だからと取り繕い、
菅官房長官までもが、
慰安婦が「どこでもあった」と述べたことには、
「その後『取り消す』とと言ったのでまったく問題はない」
と述べている。
一部のメディアにバッシングされたからと、
発言を取り消して済むのなら、
そのような人物を経営のトップを置く、
公共放送としてのNHKの存在意義はどこにもない。

さらには「夫は外、妻は家」と、
男女共同参画社会基本法を批判し、
女性の社会的進出に異を唱え、
安倍首相を熱烈に支持する保守論客である長谷川三千子氏も
NHK経営委員に名を連ねている。

ちなみに、経営委員は、国民の代表である衆・参両議院の同意を得て、
内閣総理大臣により任命されるそうな。

安倍首相はNHKの掌握を狙い、
NHKを意のままにできる公営放送にするべく、
思想信条の最も近い人たちを任命したのだろうが、
こんな人たちばかり集めたら、国民は離れていくことは必須だ。

安倍政権下のNHK経営委員って、
任命する人も経営委員を受ける人も頭の中がどうかなっちゃってる!
としか私には思えないのでありますが・・
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : シニア・エッセイ ジャンル : 日記

tag : 田母神俊雄候補 百田尚樹経営委員 きれいなオネエチャンを食べたい! アホバカネトウヨ 慰安婦 菅官房長官 公共放送 長谷川三千子 安倍政権 男女共同参画社会基本法

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ