*All archives* |  *Admin*

『美味しんぼ』の原作者が『今の日本の社会は「自分たちに不都合な真実を嫌い」「心地の良い嘘を求める」空気に包まれている。』・・イチエフはアンダーコントロールどころか、未だに汚染水がダダ漏れ状態なのに心地良い嘘の中に居たいがために、その周辺の住民の間では汚染や被ばくの類の話はタブーになっている?
原作者自身がイチエフ取材後に鼻血がでたとして、
その描写をしたことで、物議を醸している漫画「美味しんぼ」。
その「美味しんぼ」の鼻血描写に関して、
昨日、某民放ラジオで、「水俣学の視点からみた福島原発事故と津波による環境汚染」
という科学的学術統計資料の紹介をしていました。
その資料とは岡山大、広島大、熊本学園大のグループが2013年に発表したもので、
福島県双葉町、宮城県丸森町、滋賀県長浜市が調査地域であり、
長浜市に比べ、イチエフに近い双葉町丸森町やでは
鼻血の報告数が多いことを証明する資料だそうです。
参考までにその資料のURLを記しておきますので、興味のある方はご覧くださいませ。

水俣学の視点からみた福島<原発事故と津波による環境汚染

2012年11月時点で,木之本町に比べて,双葉町で有意に悪く,逆に丸森町では有意に良かった。更に,調査当時の体の具合の悪い所に関しては,様々な症状で双葉町の症状の割合が高くなっていた。双葉町,丸森町両地区で,多変量解析において木之本町よりも有意に多かったのは,体がだるい,頭痛,めまい,目のかすみ,鼻血,吐き気,疲れやすいなどの症状であり,鼻血に関して両地区とも高いオッズ比を示した(丸森町でオッズ比3.5(95%信頼区間:1.2,10.5),双葉町でオッズ比3.8(95%信頼区間:1.8,8.1))。2011年3月11日以降発症した病気も双葉町では多く,オッズ比3以上では,肥満,うつ病やその他のこころの病気,パーキンソン病,その他の神経の病気,耳の病気,急性鼻咽頭炎,胃・十二指腸の病気,その他の消化器の病気,その他の皮膚の病気,閉経期又は閉経後障害,貧血などがある。両地区とも木之本町より多かったのは,その他の消化器系の病気であった。治療中の病気も,糖尿病,目の病気,高血圧症,歯の病気,肩こりなどの病気において双葉町で多かった。更に,神経精神的症状を訴える住民が,木之本町に比べ,丸森町・双葉町において多く見られた。今回の健康調査による結論は,震災後1年半を経過した2012年11月時点でも様々な症状が双葉町住民では多く,双葉町・丸森町ともに特に多かったのは鼻血であった。


先程、美味しんぼの原作者である雁屋哲氏のブログ
「雁屋哲の今日もまた」を覗いてきました。
2014-05-04更新の「反論は、最後の回まで,お待ち下さい」 の文中に、
「今の日本の社会は「自分たちに不都合な真実を嫌い」
「心地の良い嘘を求める」空気に包まれている。」
という文言があり、私自身も同様に感じているので、
今日のタイトルの一部に勝手に拝借しました。

美味しんぼ」の鼻血描写や「福島に住んではいけない」
等の表現の善し悪しとその可否を決めるのは、
政府関係者や数多の第三者ではなく、今まさにフクシマに住む人たちです。

そして、「美味しんぼ」の鼻血→風評被害よりも
憂慮すべきことがあるはずです。
それは、将来において、原発事故による被ばくを起因とする
遅発性障害が現れてきたときに、
自分の病気は原発事故によるものだということを立証することは、
とてつもなく困難であり、多くは泣き寝入りするしかないことは
日本の過去の事実であるミナマタ、ヒロシマ、ナガサキ、阿賀野川流域の
イタイイタイ病の認定と補償金を巡る訴訟やその裁判記事が
今も現在進行形の難題として紙面に載っているという事実から読み取れます。
水俣病と公式確認された第1号患者は昭和28年(1953年)です。
すでに60年もの時を経ていますが、未だにミナマタは終わっていないのです。
ミナマタの悲劇もフクシマの悲劇も、経済発展を優先した国策で起きた悲劇なのです。

また、政府関係者の言うことは、
例え、自民党公認で福島県選挙区選出のエラーイセンセイであっても、
あまり信用なさらないほうが賢い選択かもしれません。
そのときに置かれた立場(与党か野党か)で言動がコロコロ変わり、
↓こんなにいい加減な発言をするものなのですから・・・

森雅子消費者行政担当相は「影響力のある漫画が誤解を与える内容で残念。
原発視察と鼻血との因果関係は科学的に証明されていない」との考えを示した。


森まさこ参議院議員 (自民党の野党時代)
例えば、具体的にこんな心配の声をお寄せいただいています。
子どもが鼻血を出した、これは被ばくによる影響じゃないかと心配なんだけれども、
それを診察してもらった、検査してもらった、そのお金はどうなるんですかということです。







故・中沢啓治氏は、『はだしのゲン』で、
ご自分の体験を描いたにも関わらず、歴史の歪曲だという理由で、
或る特定の団体の人々に叩かれ続けています。
美味しんぼ』の原作者である雁屋哲氏は、2年間にも渡る取材と、
そのときのご自分の体験を描いたと主張されています。

はだしのゲン』も『美味しんぼ』も漫画であり、
私は今まで、漫画は多少のデフォルメがあって当たり前・・
の感覚で見てきましたが、(息子が独立するまで買ってきていた)
『美味しんぼ』の中の鼻血描写はデフォルメの必要のない
原作者が実際に経験した真実だとしたら、
私は漫画の一部の表現だけを取り上げて、
風評被害!風評被害!と騒ぎ立てることは、
更なる風評被害を増幅させるような気がしてならないのです。

また、時の政権の施策や方針に異を唱えるような表現をすれば、
バッシングを受けるというのは、それは社会正義でもなんでもなく、
まさしく意識した上での表現の自由を奪わんとする社会悪そのものであり、
自分と価値観が違うからといって、
原作者の人格まで否定する人が大勢いることのほうが
私には放射性物質よりも恐怖を感じます。

東電、全系統で汚染水処理停止 ALPSの白濁確認
2014年5月20日 13時05分(東京新聞)
東京電力は20日、福島第1原発の汚染水処理施設「多核種除去設備(ALPS)」で、試運転中の1系統の水が白く濁っているのが見つかり、処理を停止したと発表した。17日にも白濁が確認された1系統が止まったほか、処理機能が低下した別の1系統も3月から停止しており、3系統全てで試運転が停止した。放射性物質を取り除くALPSはトラブルが相次いでおり、全3系統の処理停止は3月以来。東電によると、毎日実施している処理水のサンプリング調査で、カルシウム濃度が通常より高くなり、水が白濁した。東電は、カルシウムを取り除くフィルターの一部が機能していなかったとみている。


イチエフはアンダーコントロールどころか、
「ALPS」は故障ばかりで、何も進展していないという現状を踏まえると、
本来抗議するべき相手や、粘り強く訴えなければならない
相手を間違えているのではないかと思えてならないのです。
日本人の特性として、「臭いものには蓋をせよ」の意識が根強くあります。
現地取材をしてきたというジャーナリストが、某民放ラジオで言っていたのですが、
被ばくの影響の心配をしたり、鼻血が出た・・などの話は、
雰囲気的にできないらしく、今現在は被ばく関連の話は、
タブー状態になっているらしいです。と報告していました。
まさしく、「臭いものには蓋」のようです。
イチエフ事故に依る被ばく問題を福島県の人々がタブー視することは、
風評被害も含めて、ますます自ら手で自らの
首を締めているような気がしてならないのです。
私はフクシマの今を現実問題として、もっともっと不都合な真実を見つめ、
そして、もっともっと声を上げないと、
フクシマの人々は心地の良い嘘を求め続ける人たちとして、
今のままでいいのだ!という政府及び第三者たちのイメージが固定化され、
ますますフクシマは忘れ去られ、過去の忌まわしい遺物として、
置き去りにされてしまうだろう・・と思うのです。
現に、私のリアル日常では、知り合い、知人、友人の間では、
原発事故の話は既に遠い遠い昔の出来事のようであり、
東京オリンピックは話題にしますが、フクシマを話題にする人は皆無です。
漫画「美味しんぼ」騒動が、忘れかけていたフクシマの今について、
再び私の目を開かせてくれたことだけは確かです。

【私説・論説室から】不安が隔離されていく(東京新聞)
人気漫画「美味しんぼ」の福島第一原発事故を題材にした表現が波紋を広げる中、一本の電話がかかってきた。事故の直後に取材した双葉町民の男性(50)だった。男性は事故後、「フクイチ」を取材した作品の主人公のように鼻血が出た。原発から四キロにある双葉町の家は放射線量が高い。現在暮らしている南相馬市から帰宅するたびに体調を崩してしまう。この間には心筋梗塞も患った。放射能の影響ではないかと不安でたまらないのに、国や県は「安全」を繰り返す。事故で出た放射線による健康被害は「確認されていない」、鼻血が出たという相次ぐ訴えにも「被ばくと因果関係はない」と言い切る。「原発推進が国策では、何を言っても無駄だ」。怒りが萎(な)えていたところに漫画の騒動が起きた。科学的根拠がないなどと、作品に対する批判は過剰とさえ思え、怖くなった。被災者の不安は封じこめられるのではないか。
それが電話の訴えだった。人々は被ばくの不安を抱える一方で、大丈夫だとも信じたい。そんな行き場のない思いをどこにやればいいのか。男性は記者の私に伝えたかった。表現に配慮がないと憤るよりも、口にできなかった不安が描かれていることに共感が勝った双葉町民がいることを。被ばくへの不安をタブーとしたり、隔離してはならない。 (佐藤直子)



にほんブログ村ブログランキング
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと ジャンル : 日記

tag : イチエフ 美味しんぼ 雁屋哲 中沢啓治 はだしのゲン

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ