*All archives* |  *Admin*

ダッシュ村でおなじみの三瓶明雄さんが、享年84歳で急性骨髄性白血病で永眠されました。だけど、なぜ全国紙は死因を書けなかったのか?
普段からニュースとドキュメンタリー番組と、
録画した映画以外はほとんどテレビを見ない私だが、
日曜午後七時からの「ザ!鉄腕!DASH!!」の
ダッシュ村のコーナーだけは夫婦ともども、
イチエフの事故以前から、いつも楽しみに見ていた。
それは、我が家は家庭菜園をしていて、
ダッシュ村三瓶明雄さんから農業の知識と知恵を学ばせていただきつつ、
またテレビの中に映し出される彼のお人柄に惹かれてのことだった。

そのダッシュ村で農業指導をしていた
三瓶明雄さんの訃報が昨日の新聞に載っていたが、
死因が書かれてない。
ak

我が家の購読誌は朝日新聞一紙だけだが、
天下の朝日新聞が死因を知らないわけがなかろうに・・
なぜに、死因を伏せなきゃあかんのよ。
と思いつつ、早速ネットで調べたら、全国紙はほとんどが死因は不明としており、
福島のローカル紙だけが、急性骨髄性白血病で亡くなられたと書いている。
ak2

もしかして・・否、もしかしなくても、浪江町三瓶明雄さんの発病の原因は
イチエフの事故の被ばくが原因だということを、世間に知らしめないように、
わざと死因を伏せたとしか私には思えないのである。
また、子どもたちへの被ばくの悪影響ばかりが話題になるが、
~ヒロシマ・ナガサキ・チェルノブイリの健康障害からフクシマを考える~
には、白血病は3~4年後から出始め,急性骨髄性白血病(AML),
慢性骨髄性白血病(CML),急性リンパ性白血病(ALL)の
3つのタイプが明瞭な線量依存性を持って過剰に発生している。

とあるので、免疫力等、個体差はあるだろうが、
高齢者には被ばくの影響は薄い、と言い切ることはできないのである。

そして、全国紙は挙って、なぜに三瓶明雄さんの死因を伏せたのか?
については、度重なる安倍首相と大手メディア幹部の会食が、
そのことを物語っているのではないだろうか。
2013a

私から見れば三瓶明雄さんは父親未満、兄以上のご年齢ではあったが、
平穏な浪江町での日々と、ちょっぴり刺激的で愉しかったであろう、
テレビカメラの前での笑顔溢れる農業指導も原発事故で奪われ、
私ごときが決めつけはできないが、もっと生きながらえたであろう命までをも、
被ばくに因って早めに奪われてしまったのかもしれない・・。

この記事を福島の方が読まれるかどうかは私には分からない。
そして、三瓶明雄さんが浪江町の人だからと言って、
死因を原発事故に因る被ばくと結びつけるな!
風評被害だ!感じる人もいるかもしれないが、
政府と東電はいつまでも賠償金を出したくないがために、
帰還困難なのを承知していて、帰還を早めようと躍起になっている。
例え不都合な真実であっても、もう目を背ける時期は終わったのではないだろうか。
私自身はエフイチから約244キロメートルほど離れている地域に住んではいるが、
原発事故直後は家の近くにもホットスポットがたくさん出現していた。
私は放射能計測器で計測したことがないだけで、
被ばくしていないとは言い切れないのである。
そして、原子力発電所を国策として推進しておきながら、
いまだかつて、原発事故の責任を取った人は、
国にも東電にも一人もいない・・。
という理解できない事実からも目を背けてはならないように思う。

三瓶明雄さんの畑仕事から炭焼きに至るまでの自然と対峙する
豊富な経験に基づく知識と知恵を、
俄百姓である我が夫婦の狭い家庭菜園でも
どれだけ参考にさせていただき、また役にたったことか・・。


三瓶明雄さんの一ファンである私は、心よりご冥福をお祈り申し上げます。合掌

にほんブログ村ブログランキング
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : シニア・エッセイ ジャンル : 日記

tag : ダッシュ村 三瓶明雄 急性骨髄性白血病 浪江町 イチエフ

Secret
(非公開コメント受付不可)

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ