*All archives* |  *Admin*

「元皇族の子孫」が売りのバラエティタレントが、中学生に「死に損ないのくそじじい」と暴言を浴びせられた被爆の語り部の方を批判しまくっていますが、なぜ原爆投下の悲惨さの実態を後世に語り継ぐことが反日思想を植え付けることになるのでしょう?

「作家の竹田恒泰氏がTwitter上で、被爆の語り部として活動する森口貢(みつぎ)さんへの批判を展開した。

5月27日、森口さんら被爆者が、長崎を訪れた横浜市の公立中学校の生徒らを、爆心地周辺の被爆遺構を案内していたところ、グループから離れて行動していた数人の生徒が「死に損ないのくそじじい」と大声で叫んだという。7日には、この件で森口さんが学校に抗議していたことが複数のメディアで報じられていた。

竹田氏は10日にTwitterでこの事件に触れ「年寄りに暴言は良くない。」とコメント。しかし、続けて「だが語り部の森口貢氏は、被爆していないのに被爆者を自称して一時間一万円で生徒に被爆体験を語るふりをし、実際は反日思想を植え付ける話をしていた模様。平和教育はもうやめたほうがよい」とつづり、森口さんの「語り部」活動を批判した。

その後、竹田氏は「たしかに森口貢氏は、原爆投下11日後に長崎市に入ったため、法的には被爆者とされる。」と投稿し、森口さんが「被爆者」であることは認めたものの、「彼が見てもいない原爆投下の実態について、被爆者として、しかもそれを有償で生徒に語るのはおかしい。天皇の戦争責任、首相の靖国参拝批判など、一方的な政治思想を押し付ける平和教育ならやめるべき。」と、森口さんの語り部としての活動については批判する姿勢を崩さなかった。

続けて「森口貢氏がやっていることは、平和教育の名を借りた反日教育である。修学旅行で平和教育をすること自体、弊害が生じていることに、そろそろ気づくべきだ」と、森口さんの活動を「反日教育」と断じた。



死に損ないのくそじじい」と言った中学生は、
語り部の森口さんが「出て行け」と言いたくなったほど、
あからさまにひどい態度で
落ち着いて話を聞けないおバカな子どもだったのでしょう。
いつの時代にもそんな子どもは少なからずいるものです。

それを、元皇族の子孫を売りにしているバラエティタレントが、
森口さんの活動を「反日教育」と断じました。
原爆被爆の悲惨さを語り継ぐことが「反日教育」になるのならば、
戦争、そして、原爆投下をも肯定することを意味します。

いみじくも昭和天皇は、「原爆投下はやむをえないことと、私は思ってます」
と述べられました。被爆者の苦しみなど微塵も感じておられないご様子で・・・

原爆投下直後の悲惨な状況を後世の者たちに語り伝え、
戦争に嫌悪と憎悪の念を持たせるということは、
私は反日教育ではなく、真の平和教育だと思います。

私は長崎原爆資料館へはまだ行ったことはありませんが、
広島原爆資料館へは行きました。
見終わってからはあまりの悲惨さに言葉も出ませんでした・・。
死ぬまでに行きたい10の場所に長崎原爆資料館も入っています。
そして、日本人なら一度は必ず行くべき場所だと思っています。
ですが、中学ではなく、少しだけ成長している
高校の修学旅行で行くほうがいいのではないでしょうか。








この人、自分と価値観が違うのが気に入らないからと言って、
他人の過去を勝手にほじくり返して、いったい何様のつもりなのかしら?
と考えたら、すぐに納得できました。
どうやら、下々の民のわたくしには理解できない、
ヘイトスピーチがご趣味であらせられる
出自だけが自慢の神話の世界の天照大神のご子孫のようです。(笑)

人間なんて、いつ死ぬか分かりません。
万が一にでも、竹田某氏が早世されるようなことがありましたら、
不敬になりませぬように、平和を愛する死に損ない婆さんのわたくしは、
薨去』(こうきょ)という言葉を使わせて頂きます。
それまで忘れないでいたら・・・。
にほんブログ村ブログランキング
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : ひとりごとのようなもの ジャンル : 日記

tag : 語り部 広島原爆資料館 長崎原爆資料館 反日教育 原爆投下 薨去 死に損ない

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ