*All archives* |  *Admin*

幼稚なマザコン男、安倍首相の頭の中はすべて妄想で出来ている・・オフレコ懇談会で「野党なんてみんな解体だ。自民党にもオレに逆らえるヤツはいなくなった。私が訪問した国で喜ばれなかった国はないんだ。中国も韓国もいずれオレに擦り寄ってくる。」
この狂った自信というか妄想というか、
こういう思いはどこから湧き出てくるのでしょう・・。
私には全く理解できませんが、
こんな人を選んだ選挙区の方はどう思っているのでしょうか?
オラが村出身の名士サマ」だけでは済まない事態になりつつあるのです。

イラストにしてまで盛んに力説していた「米艦で邦人救出」の想定図ですが、
「米国軍艦に民間人を載せて救出する選択肢はない」と米国は拒否しています。

長年に渡り、自民党の天敵である共産党の機関紙赤旗の取材にも応じている
自民党の長老たちの意見にも全く耳を傾けず、
所構わず暴走しまくる狂走馬(安倍首相の干支は午)を、
党内のリベラル派の人で体を張って止める者はいないのでしょうか?

敗戦後、権力の暴走を止める役割のはずだった各大手メディアも、
幹部級の人物がたびたび安倍首相と会食をしているので、
暴走と狂走を止めることは出来ません。

祖父の亡霊に取り付かれているとしか思えない、
幼稚なマザコンな男が最高責任者としてふんぞり返るこの国は、
誰かが(仮面夫婦の妻と母親が不仲であってもこの二人がベスト)
強制的に精神鑑定で受けさせないと、日本は本当に危ない!と私は思います。
ap
何度でも書きますが、私が物心がついて以来、
国策に碌なものがあった試しがないことを
60有余年も見てきましたが、こんなにも最悪で狂ってると思った首相と、
こんなにも腐りきった政府与党には初めて遭遇した・・の感は否めません。


http://www.news-postseven.com/archives/20140616_259729.html

政治家が非公式に開くオフレコ懇談会(オフ懇)の内容は
原則的に外部に知られることはない。
オフレコを前提に本音を聞く、というのは建前で、
そこは読者には決して見せられない記者と権力者の馴れ合いの場だからだ。

 当時の出席者によるメモと話をもとに首相と側近記者たちの酒宴を再現する。

【2013年7月24日 赤坂エクセル東急ホテル「ジパング」(日本料理店)】

 自民党が参院選で大勝利した直後、
安倍首相は東南アジア訪問を前に赤坂のホテルで
数人のお気に入りの記者を相手に酔っていた。

記者:参院選のリベンジにカンパーイ!

<年長の記者が自民党選対さながらのセリフで音頭を取ると、
安倍首相はいきなりビールの大ジョッキを飲み干した>

記者:6年前のリベンジを果たせましたね。

安倍:おう。6年前は本当に悔しい思いをした。
ようやく悔しさを晴らすことができた。本当に良かった。

<首相は参院選勝利がよほど嬉しかったらしく、
「リベンジ」「リベンジ」と繰り返して勝利の余韻を噛みしめていた>

記者:これで政権は盤石ですね。

安倍:野党なんてみんな解体だ。
自民党にもオレに逆らえるヤツはいなくなった。

<首相はさらにもう一杯大ジョッキを飲み干し豪語する>

今井:総理、もうお酒はこのくらいにして下さい。

<お目付役としてついて来た、
経産省出身の今井尚哉・総理首席秘書官が
ストップをかけるも首相は止めない>

安倍:憲法改正は私の政権で必ずやる。
今はまだ直ちに本格的な憲法改正に動き出す環境は整っていないが、
まずアベノミクスをきちんとやった上で
憲法改正だ。私はアベノミクスで歴史に名を残す。

記者:もう残していますよ。

<記者にヨイショされながら、
話題は懸案の中韓との外交関係改善にも及んだ。
首相は意気軒昂に大見得を切る>

安倍:私が訪問した国で喜ばれなかった国はないんだ
中国も韓国もいずれオレに擦り寄ってくる。
特に韓国との関係が取り沙汰されるが、
そんなものは心配することはない。

今井:明日は早朝の出発なので、今日はそろそろ……。

<不用意な発言を心配した秘書官が
再度ストップをかけてこの日はお開きとなった。
この夜、首相はビール大ジョッキを3杯、大盛りの梅酒ロックを3杯飲み干していた>

※SAPIO2014年7月号



にほんブログ村ブログランキング

関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと ジャンル : 日記

tag : オラが村出身の名士サマ 米艦で邦人救出 赤旗 リベラル派 精神鑑定

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ