*All archives* |  *Admin*

「僕は戦場で人を殺せません」と新聞に投稿した15歳少年と集団的自衛権を拡大解釈閣議決定する安倍山口連立政権。どちらが人間としてまとも?
集団的自衛権などを巡る与党協議が開かれ、
政府側は武力行使の新たな3要件の試案を柱とする閣議決定案を示しました。
公明党は「党の主張におおむね沿ったものだ」と評価する考えを伝え、
来月1日に開く次の与党協議で合意が成立して、
憲法解釈を変更し、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定は、
その日のうちに行われる見通しとなりました。2014年6月28日(NHKnewsweb)

タイトルでは「どちらが人間としてまとも?」と問いかけ風にしましたが、
考えるまでもなく、まともなのは「僕は戦場で人を殺せません
と投稿した15歳の少年に決まっています。
sg
(画像をクリックすれば老眼の方も老眼鏡なしで読めます)


この記事は、夏休みに遊びに来る予定の、
二人の高校生の孫息子たちに、
集団的自衛権の拡大解釈閣議決定、及び武力行使
についての意見を訊きたくて切り抜きしておいたのですが、
きっとこの15歳の投稿者と同じ返答が返ってくることと信じています。


「人は何のために生まれてくるのでしょうか。
戦いで人を殺したり、殺されたりするためではないはずです。
全ての人間に与えられる人生は、たった一度です。
人を殺した罪を引きずって生きたり、
自分が望まない時に命が無理やり終わったりすることは、
あまりにも残念で悲しいことです。」


この少年の赤裸々な想いとともに、
こんなにも深く重く、「戦争と命」というものに、
真正面から向きあい、考えることができる15歳の中学生がいた!
ということに、近くの中学校のアホ中学生しか見ていない私は
年甲斐もなく感激したのであります。
例え、ご家族の添削と声欄担当者の編集(投稿者本人に直接確認がある)
があったとしても・・



それにしても・・・
この下の画像の政権与党を代表する二人は、学歴だけはあっても、
哀しいかな、名も無き人々の命の重さなど考えることもできないほど、
権力欲に取り憑かれて何も見えなくなっている、または見ないようにしている
近くの中学校のアホ中学生にも劣る、
救いようのないアホタレノータリン大人なのではないでしょうか。
aho

にほんブログ村ブログランキング

関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと ジャンル : 日記

tag : 僕は戦場で人を殺せません 戦争と命 権力欲

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ