*All archives* |  *Admin*

「アベノミクス」というのは、下々の民のための景気対策などではなく、安倍首相の個人的悲願である戦争のできる国作りへの準備段階の富国(経済成長)と強兵(軍備増強)のための政策なのです。
今年4月に消費増税されましたが、
各メディアは景気が良くなっている!
と大嘘ばかりを報道しています。
景気が良くなったと感じている人は
円安で儲けた大企業とそこに勤める正社員や株主、
それに株売買を生活の糧としている人だけなのではないでしょうか。
私のような年金収入しかない者にとっては、
円安で物価は上がり、年金は減額され続け、
医療費(初診料)も4月に上がったばかり、
そして、坂道を転げ落ちるように感じる私自身の老いについても、
2015年度からは、特養入所の基準が要介護度3以上になります。
もし、寝たきりにでもなれば、
介護ヘルパーを頼んでの在宅介護を余儀なくされます。
そして、寝たきり状態が長引いて、預貯金を使い果たしたら、
私は堂々と生活保護申請をするつもりでいますが、
軍備に税金がかかりすぎて、生活保護申請さえも
受け付けてくれない時代になるでしょう・・。

政府は消費増税分を、増大し続ける介護給付費の
抑制を目的とした策だと説明しています。
また、消費税増税分の使い道としては、
年金や医療などの社会保障の安定化
充実に使われるとも説明していますが、
実際は国民のための社会保障になど使われず、
大企業の減税と自衛隊の軍備増強に使われるのです。
つまり「アベノミクス」というのは、
下々の民のための景気対策などではなく、
戦争への準備段階への富国(経済成長)と
強兵(軍備増強)のための政策なのです。
IMG02
日本という国の成長のピークは、
1980年代後半から1990年代初頭の好況期(バブル期)
を境に終わりを告げ、少子高齢化によって下降線を辿り、
日本は衰退から亡国への道を歩み始めたのです。

それゆえに、自分たち(自公政権)で、
わざと日本を取り巻く状況を厳しくしておいて、
今度は富国(経済成長)のために、武器商人を儲けさせ、
強兵(軍備増強)を謀るというのです。
方や少子高齢化で自衛隊員=戦闘要員が足りなくなるからと
国を挙げての産めよ増やせよの大合唱・・。
今どき、戦争で殺されるかもしれないと思いながら、
子を産む母親っています?
国の指導者たるものの考えにしては、
政治経済にはド素人婆さんの私でも、
あまりにも短絡的思考だと言わざるを得ません。
少子高齢化も自然の摂理以前に、こうなるだろうと知っていて、
今までなんら手を打って来なかった霞ヶ関の責任です。

そして、富国(経済成長)と強兵(軍備増強)を個人的悲願とする
安倍首相の許、小選挙区制という縛りで、
自公の候補者が当選するような巧妙な仕掛けになっています。

まず、名も無き民に犠牲を強いての
富国(経済成長)と強兵(軍備増強)は決して両立することは有り得ず、
武力対武力では歯止めなど効かなくなることは、
私の年代(60代)以上の人は、親から戦中の話を直に聴き、
また敗戦の残り香が漂う中で育ったので、誰もが知っているはずです。
ちなみに、米軍の空襲に備えての防空壕が、そこかしこに残っていました。

集団的自衛権行使容認で、国力はますますやせ細り、
富国どころか軍事費がかかりすぎて貧国になり、
次は亡国への道をまっしぐら!となるのです。

私は生の残り時間が短い身です。
人それぞれの価値観は認めた上で、
今ここで伝えなければ!との想いで、
吹けば飛ぶよな泡沫ブログではありますが、
最近は政治ネタを多くしています。

武力での抑止力には、どんなに為政者が否定しても、
必ずや流血と死が付き纏います。

人生これから!の若い人たちには、
貧しくとも倹しくとも、国家間の紛争に巻き込まれないで平和で幸せ♪
というような、緩やかで安寧な希望ある未来を残してあげたいのです。
そういう国こそ、真の美しい平和国家なのではないでしょうか。

にほんブログ村ブログランキング
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと ジャンル : 日記

tag : 円安 年金 生活保護申請 社会保障の安定化 アベノミクス 富国強兵 軍備増強 武器商人 自衛隊員=戦闘要員 産めよ増やせよ

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ