*All archives* |  *Admin*

内閣総理大臣から県議まで・・日本はトンデモ自民党公認議員ばかりです。また、不正選挙システム「ムサシ」を使用しない地方選挙では自公は勝てない仕組みになっているのです。


(ハフィントンポスト 7月12日)

兵庫県議の野々村竜太郎氏が、
政務活動費から約176万円の切手代の交付を受けていたことが問題になったが、
他の兵庫県議も2011~12年度に、最大144万円の切手代を交付されていた。

市民団体「市民オンブズ尼崎」のメンバーでもある兵庫県議の丸尾牧氏(無所属)が
7月9日、県庁で記者会見して明らかにした。
丸尾氏は、2011~2012年度分の県議の政務調査費(2013年度から「政務活動費」)
を情報公開請求し、「切手代」として申請し交付を受けていた
県議10人の名前と金額を公表した。
2年間の交付額の合計は計400万4690円で、内訳は以下の通り。(敬称略)

原吉三(自民)       144万円
岩谷秀雄(自民)      121万1250円
梶谷忠修(自民)      65万2310円
伊藤傑(自民)       35万円
石井秀武(民主党・県民連合)24万円
小田毅(自民)       7万2千円
立石幸雄(自民)      1万6千円
徳安淳子(無所属)     1万750円
黒田一美(民主党・県民連合)1万380円
松田一成(公明党・県民会議)2千円

※徳安淳子議員は現在は日本維新の会所属

兵庫県議だけでこれだけの人数(判明しただけで)ですが、
これらは氷山の一角で、他の地方でも、
市民団体がもっともっとほじくり出せば、
兵庫県以外の地方議員も同様のことをしている事実が
明らかにされることでしょう。
また、切手代以外にも、交付を受けるための、
ほかの交付金泥棒の方法も、抜け道もたくさん持っていると思われます。

それにしても、自民党公認の議員がずば抜けています。
他の県議も政権擦り寄り党公認の県議ばかりです。
彼らは、一応は有権者に選ばれた?
出来損ないのトンデモセンセイ方ではありますが、
実際には不正選挙システム「ムサシ」を使用しない地方選挙では
自公は勝てない仕組みになっているのです。
そして、不正選挙システムを独占している
ムサシの社長は自民党に多額の献金をしています。
彼らは公正な選挙で選ばれた人たちではない・・
ということも否定できないわけです。
税金で私腹を肥やすために政治屋になった!
としか私には思えません・・。
不正がバレなきゃ、センセイ、センセイと崇め奉られ、
ふんぞり返っていられる。(笑)
バレたら、野々村竜太郎氏のように谷底へ突き落とされる。
それでもシラを切り続ければなんとかなる。
また、失言を発しても、撤回すればそれで事が済む。
いったいどこが民主主義国家なのでしょう?

トップの安倍閣下総統大センセイ(笑)から地方の議員センセイまで、
自民党公認のトンデモ議員センセイばかりが溢れている日本ですが、
栄枯盛衰は世の常です。政権与党もそのことを気にしているのか、
最近焦りを見せ始めています。
ガチガチの安倍教盲信者創価公明信者は別にして、
きっと、これではいけない!と気づき始めた人が増えていることの
証なのだと思いたいものです。

にほんブログ村ブログランキング
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと ジャンル : 日記

tag : 野々村竜太郎 政務活動費 自民党公認 不正選挙システム「ムサシ」トンデモ総理 安倍閣下総統大センセイトンデモ議員センセイ 安倍教盲信者 創価公明信者

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ