*All archives* |  *Admin*

朝日新聞の池上彰氏のコラム不掲載問題が一転掲載に・・「過ちがあったなら、訂正するのは当然。でも、遅きに失したのではないか。過ちがあれば、率直に認めること。でも、潔くないのではないか。過ちを訂正するなら、謝罪もするべきではないか」
今日の朝日新聞。
えげつなくて下品なタイトルばかりの朝日バッシングをメインとする
週刊新潮週刊文春の広告も載せていて、
先週とは打って変わって、他の新聞を読んでいるかのようだった。

また、池上彰氏のコラム不掲載問題が一転。掲載することになったそうな。
どれどれ?池上彰氏は何を書いてもいいという契約のコラム「新聞ななめ読み」で、
朝日新聞にとっては、どんなにかショッキングな内容を書いたのか?
と胸躍らせて読んでみたら、なんのことはない。
ごもっとも・・と思うことしか書いてなかった。

過ちがあったなら、訂正するのは当然。でも、遅きに失したのではないか。
過ちがあれば、率直に認めること。でも、潔くないのではないか。過ちを訂正するなら、
謝罪もするべきではないか。


朝日新聞は、8月5日付と6日付朝刊で、「慰安婦問題を考える」と題し、自社の過去の慰安婦報道を検証しました。これを読んだ私の感想が、冒頭のものです。

 6日付紙面で、現代史家の秦郁彦氏は、朝日の検証について、「遅ればせながら過去の報道ぶりについて自己検証したことをまず、評価したい」と書いています。これは、その通りですね。

 しかし、今頃やっと、という思いが拭い切れません。今回の検証で「虚偽」と判断した人物の証言を掲載してから32年も経つからです。

 今回、「虚偽」と判断したのは、吉田清治氏の証言。氏が自らの体験として、済州島で200人の若い朝鮮人女性を「狩り出した」などと証言したと朝日新聞大阪本社版朝刊が1982年9月2日に報じました。その後も朝日は吉田氏に関する記事を掲載しました。

 これについて今回、「読者のみなさまへ」と題し、「吉田氏が済州島で慰安婦を強制連行したとする証言は虚偽だと判断し、記事を取り消します。当時、虚偽の証言を見抜けませんでした。済州島を再取材しましたが、証言を裏付ける話は得られませんでした」と書いています。裏付けできなければ取り消す。当然の判断です。

 ところが、この証言に疑問が出たのは、22年前のことでした。92年、産経新聞が、吉田氏の証言に疑問を投げかける記事を掲載したからです。

 こういう記事が出たら、裏付け取材をするのが記者のイロハ。朝日の社会部記者が「吉田氏に会い、裏付けのための関係者の紹介やデータ提供を要請したが拒まれたという」と検証記事は書きます。この時点で、証言の信憑(しんぴょう)性は大きく揺らいだはずです。朝日はなぜ証言が信用できなくなったと書かなかったのか。今回の特集では、その点の検証がありません。検証記事として不十分です。

 検証記事は、「慰安婦」と「挺身隊(ていしんたい)」との混同についても書いています。「女子挺身隊」は、戦時下で女性を労働力として動員するためのもの。慰安婦とは別物です。91年の朝日新聞記事は、女子挺身隊と慰安婦を混同して報じたものだと認めました。

 これについて「読者のみなさまへ」というコーナーでは「当時は、慰安婦問題に関する研究が進んでおらず、記者が参考にした資料などにも慰安婦と挺身隊の混同がみられたことから、誤用しました」と書いています。

 ところが、検証記事の本文では「朝日新聞は93年以降、両者を混同しないよう努めてきた」とも書いています。ということは、93年時点で混同に気づいていたということです。その時点で、どうして訂正を出さなかったのか。それについての検証もありません。

 今回の検証特集では、他紙の報道についても触れ、吉田氏の証言は他紙も報じた、挺身隊と慰安婦の混同は他紙もしていたと書いています。問題は朝日の報道の過ちです。他社を引き合いに出すのは潔くありません。

 今回の検証は、自社の報道の過ちを認め、読者に報告しているのに、謝罪の言葉がありません。せっかく勇気を奮って訂正したのでしょうに、お詫(わ)びがなければ、試みは台無しです。

 朝日の記事が間違っていたからといって、「慰安婦」と呼ばれた女性たちがいたことは事実です。これを今後も報道することは大事なことです。

 でも、新聞記者は、事実の前で謙虚になるべきです。過ちは潔く認め、謝罪する。これは国と国との関係であっても、新聞記者のモラルとしても、同じことではないでしょうか。

■池上さんと読者の皆様へ

 今回のコラムは当初、朝日新聞社として掲載を見合わせましたが、その後の社内での検討や池上さんとのやり取りの結果、掲載することが適切だと判断しました。池上さんや読者の皆様にご迷惑をおかけしたことをおわびします。

■池上さんのコメント

 私はいま、「過ちては改むるに憚(はばか)ることなかれ」という言葉を思い出しています。今回の掲載見合わせについて、朝日新聞が判断の誤りを認め、改めて掲載したいとの申し入れを受けました。過ちを認め、謝罪する。このコラムで私が主張したことを、今回に関しては朝日新聞が実行されたと考え、掲載を認めることにしました。
http://www.asahi.com/articles/ASG935H4GG93UPQJ008.html

池上氏のコラムが未掲載にならなくて良かったとは思うけれど、
8月5.6日の「慰安婦問題を考える上下」の特集記事中で、
吉田証言は誤報でした」だけのあっさりお詫びだけではなく、
いっそのこと、社長名での謝罪文があったなら、
納得のいく読者も多かっただろうに・・
加えて、大新聞としての奢りが多々あるのだろうな・・
と考えると購読者としては残念でもある。
↑朝日新聞記者(自民党担当)

それにしても、今までは嫌韓嫌中で埋め尽くされていた週刊誌広告・・
今度は、朝日新聞バッシングに的を絞るのだろう。
shin
bun
私は櫻井よしこや百田尚樹の顔を紙面で見ることはおろか、
二人の書いたものなんて、読むのも汚らわしい!と思っているので、
間違えても週刊誌なんて買わないけど、
他メディアにとって、朝日新聞の不幸は蜜の味!
しばらくの期間は、安倍政権と財界応援団週刊誌の
過激なヘイトスピーチ的見出しに釣られて、
思考停止している人たちや、安倍教の信者たちには
売れに売れて、笑いが止まらないかもね。

それにしても、なんとも情けない国家とメディアと国民性だこと。
少子高齢化の行きつく果ての前に、
日本という国が世界から孤立→消滅する日も近いわね・・・。

にほんブログ村ブログランキング
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : 伝えたいこと・残しておきたいこと ジャンル : 日記

tag : 週刊新潮 週刊文春 朝日バッシング 池上彰 新聞ななめ読み 慰安婦問題を考える上下 吉田証言 嫌韓 嫌中 櫻井よしこ

Secret
(非公開コメント受付不可)

Re: タイトルなし
たかの様。こんばんは。

朝日新聞に限らず、他のすべての新聞も戦中は大本営発表ばかりを載せ、
国民に真実は伝えませんでした。
そして現在、奢りとスクープ欲しさに、誤報記事(私から言わせれば捏造記事)
ばかりがマスメディアに氾濫しているように思います。

>真実は何か、どこにあるのか。それを見極められる自身であれますように。

このような鋭い視点をお持ちの「たかの様」なら、
どの新聞を購読していらっしゃっても、
活字の裏に隠された真実を見極められることと信じています。


>突き詰めればすべては「人」です。

このお言葉に100%賛同共感します。
そうです。すべては「人」なのですよね。
我が家は只今産経です。年間を通して朝日、読売、毎日の4紙でローテーション購読してきましたが、近くの毎日の販売店がなくなり3紙になりました。

バッシングの類いには全く興味がありません。蜜の味だろうが何であろうが、叩き過ぎていく過程は見苦しく醜いものです。独自でスクッと立っていていただきたいものです。
週刊誌等も含め、本来の報道から外れていく様には、こんなことを行なっている国から いじめがなくなるわけはないな、大人がこれでもかと見本をみせているようなものだものなと、とても冷めた思いで俯瞰しています。
突き詰めればすべては「人」です。
真実は何か、どこにあるのか。それを見極められる自身であれますように。
会社、肩書き、役職等々の鎧を外したその人はどうなのかに尽きます。
正々堂々さと、潔さに魅力を感じます。

Re: No title
tomoko様へ
朝日新聞の誤報問題についてですが・・
奢りに因る失態続きの感は否めませんが
かと言って朝日新聞の購読を止める気は気はありません。
と言いますのは夫が朝日新聞しか読みたくないという考えの人なので、
夫が生きている限りは朝日新聞を購読し続けるだろうと思います。

それから、私自身の考えでは、朝日新聞が廃刊にでもなり、
世の中の新聞が読売と産経だけになったら、大本営発表ばかりになって、
メディアの存在意義は無くなり、自公政権の思う壺になってしまいます。


生物学者の池田清彦氏がツィートしておられます。
まさに↓の通りだと思います。

「朝日は間違っていたことを謝るだけまとも。
いい気になってバッシングしている読売や産経こそ、
そのうちつぶれると思う。新聞の使命は政権の片棒を担ぐことではありません。
池田清彦  (@IkedaKiyohiko) 2014, 9月 12」
検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ