*All archives* |  *Admin*

「この地域にゲリラ攻撃の可能性があります。屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください」の誤報が配信されたようですが、日本のすべての行政はゲリラ攻撃やテロ攻撃も想定しているってこと?

11日夕方、埼玉県加須市が市民を対象に行っている
防犯や災害情報のメール配信サービスで、
「この地域にゲリラ攻撃の可能性があります」
などと誤った情報を配信していたことが分かり、
市はおよそ1時間後に訂正のメールを送って謝罪しました。
加須市によりますと、市は11日午後4時すぎ、
市民を対象に行っている防犯や災害情報などのメール配信サービスで
「この地域にゲリラ攻撃の可能性があります。屋内に避難し、
テレビ・ラジオをつけてください」などという情報を
登録している4250人に誤って配信したということです。
配信されたコメントは、国が自治体に情報を伝える
「J-ALERT」の文面で、
委託された業者がシステムを改修中に誤って送信してしまったということです。
加須市は、サービスに登録している職員からの連絡で誤送信に気づき、
およそ1時間後に訂正メールを送って謝罪しました。
加須市の危機管理防災課は、「ご利用の皆様方に多大なるご迷惑をおかけし、
大変申し訳ございませんでした」とコメントしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140911/k10014540991000.html


【熊野】熊野市は十一日、
同日午後の全国瞬時警報システム(Jアラート)改修作業中、
業者の操作ミスでシステムに登録している市民四百七十三人に対し、
地震速報や大規模テロ情報などを誤って送信したと発表した。システム自体に故障はなく、
市は誤送信後、登録者に誤報であることを連絡し、大きなトラブルには至っていない。
市防災対策推進課によると同日午後一時二十二分、
市役所本庁舎にある行政無線放送室で災害やテロなどの
情報を市行政情報として流すJアラート設備の取り換え作業を実施していたところ、
業者が操作を誤り、実際には発生していない
震度4―7までの地震速報六項目や高さ別の津波警報二項目のほか、
ゲリラ攻撃航空攻撃ミサイル攻撃大規模テロ―の四項目の計十二項目の
情報が一分おきに登録者の携帯電話やパソコンのメールアドレスに送信されたという。
同システムによる市行政情報は、地震速報などの緊急速報が
登録者に瞬時に伝わるメール配信サービス。
平成二十一年五月の運用開始以来誤送信は初めてで、
同課は「登録者の方には大変ご迷惑をお掛けし、深くおわびしたい」としている。
http://www.isenp.co.jp/news/20140612/news02.htm





こういう警報システムメールのひながたを、
いつ送信しても良いように用意してあるということは、
既に国からの命令で行政が防災無線や災害情報メールで
いつでも送信できる準備が為されている・・ということになる。

だけど、そのようなメールが届いたら、
緊急地震速報なんかより、パニック間違いなしよね。

ところで、ゲリラ攻撃航空攻撃ミサイル攻撃大規模テロ
を仕掛けて来るのは何処の国なのか?
また国内だとしたら、何という過激武装組織を想定しているのか?
どうしても知りたいものだわ。

ところで、日本はいつの間に、現実的事実として、
ゲリラ攻撃テロ攻撃のターゲットになっていたのでしょう?
考える間もなく、死を覚悟しなけれればならないような
ゲリラ攻撃」や「テロ攻撃」にさらされる可能性があったんて!

ワタシ・・あくまでも願望として、100歳前後で老衰で死ぬつもりなんだけど、
「ゲリラ攻撃」や「テロ攻撃」で死ぬのかしら?
即死だったら構わないけど・・。

ところで、急に思いついたんだけど、
「この地域にエイリアン攻撃の可能性があります。
屋内に避難し、テレビ・ラジオをつけてください」
の緊急警報メールのひながたも準備してあるのかしら?

にほんブログ村ブログランキング
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : ひとりごとのようなもの ジャンル : 日記

tag : 緊急地震速報 ゲリラ攻撃 航空攻撃 ミサイル攻撃 テロ攻撃 大規模テロ 過激武装組織 エイリアン攻撃

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ