*All archives* |  *Admin*

カネ持たぬ介護が必要な老人とカネ持たぬ在宅介護者と障害者は早く死んでください国のため.....選挙終わり弱者イジメ再開…安倍政権が進める「介護崩壊」の私の周りの現実。

選挙が終わった途端、弱者イジメだ。
安倍政権が、介護サービス事業者に支払われる
「介護報酬」を15年度から引き下げる方針を固めた。
下げ幅は2~3%が軸になるという。

 介護職員の平均賃金は月22万円弱。ただでさえ、
他業種に比べて10万円も低いのに、
さらに賃金が低くなれば、働き手はほとんどいなくなるだろう。
 政府は職員の人件費は下げない措置を取ると打ち出しているが、
どこまで実現するか疑問だ。
 現状でも、有効求人倍率(10月)は2.41倍と、慢性的な人手不足状態だ。
働く人が集まらなければ、結果としてサービスの質が低下し、
高齢者の側も、満足な介護を受けられなくなる。

■介護スタッフの多くがワーキングプア

「崩壊する介護現場」の著者で、ルポライターの中村淳彦氏はこう言う。
「現在、介護の現場で働く多くがワーキングプアに陥っています。
介護報酬を下げれば、サービスの質の低下どころでは済みません。
将来的に事業者の半数が破綻し、職員の多くが路頭に迷うことになる。
自殺者も出るかもしれません。
高齢化が進み、2025年にはさらに100万人の
介護人材が必要になるというのに、
全く逆行した政策です。介護業界はトドメを刺されるようなものです」

 そもそも、消費税率アップは、
福祉を充実させるために行われたはずだ。
「社会保障と税の一体改革」という謳い文句だった。
なのに、安倍首相は介護報酬を引き下げようというのだから、
国民だましもいいところだ。
そのくせ、消費税増税で得た税収で大企業の
法人税を引き下げようとしている。
しかも、法人税減税の恩恵を受ける大企業は、
その見返りとして安倍自民党に巨額な政治献金をしている。

 こんなことが許されていいのか。
総選挙で自民党を大勝させた国民は、よく考えるべきだ。
引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/9589252/







12月14日に、どこのどなた様が自民党と公明党の公認候補に投票したのかは
存じあげませんが、
安倍政権は、国民の信を得た!とばかりに、おおっぴらに弱者イジメを始めました。
公明党は平和と福祉の党を自認していますが、
私に言わせれば「どこが福祉の党よ。笑わせないでよ。(  ̄っ ̄)ムゥ」
でしかありません。




先日、寝たきりのご尊父様(86歳 要介護4 月に5万以下の国民年金を受給)
の介護をしながら、近くのスーパーの調理惣菜部門でパートで働いている、
同い年の古い友人と久しぶりに逢って、短時間ではありますが、
3年ぶりにお茶の時間を持ちました。

彼女は今年の4月にペースメーカー埋め込み手術をしたのですが、
ペースメーカーを埋め込めば、
申請後は即、身体障害者1級の手帳保持者になり、
医療費(窓口負担分)は無料(我が市の場合)
になるので少しは家計が楽になる。
と思っていたそうなのですが、
今年4月から障害認定見直しで認定基準が厳しくなり、
身体障害者4級に認定され、医療費の窓口負担は今まで通りだそうです。
また彼女はペースメーカー埋込みに至る病気の初診日は、
無年金状態だったため、障害厚生年金も障害年金も該当しないのです。




平成26年3月までにペースメーカー埋め込みをした人は一律1級に認定。

平成26年4月以降にペースメーカー埋め込みをした人は1級、3級、4級のいずれかに認定。






彼女は、「病院も医師も看護師も、
今年4月からの認定基準見直しを知っていたはずなのに、
なぜ、そのことを教えてくれなかったの!?
基準見直しを知っていたら去年の3月中にペースメーカーを入れてたわよ!
の恨みと共に、「認定基準見直しを知らないワタシがバカだった・・(/ _ ; )」

と悔やみに悔やんでいると同時に、
言葉に表せない不公平感に憤っていました。


彼女の知り合いで、昨年3月にペースメーカーの埋め込みをした人は、
身体障害者1級の手帳を取得し、 初診日に厚生年金に加入していたので、
障害厚生年金も給付され、今は好きな登山と温泉旅行に勤しんでいるのだそうです。


一生涯、ペースメーカーには縁がない?かも知れない私でさえも、
この、たった一日というボーダーラインを境にしての
年度違いという差には不公平感を禁じえません。
彼女は長年、通院をしていたのですから、医療機関は、
いずれはペースメーカー埋め込み対象者として、
認定基準の見直しがあることを教えてあげる余裕も時間も
確実にあったはずです。(ーー;)

厚労省は認定基準を厳しくする!ことを前提として、
識者とやらに頼んで、勝手に認定基準の見直しをして、
その情報を行政の広報誌でも知らせず、
ホームページ上?だけに公開しています。
司法書士や行政書士という専門職の方々ならいざしらず、
パートと介護に追われ、パソコンもスマホもガラケーも持たず、
新聞も購読していない(購読できないほど貧しく、また読む時間もない)
彼女が自分の病気とその後の福祉関係に関する情報を得る術は
通院していた病院で会話を交わす生身の医師と看護師だけです。
医療従事者である彼らは彼女にとっての重要な情報を
事前に教えてはくれませんでした。
そして、厚労省の通達だけを重要視して、
同じ症状の患者同士を一日違いで差別、分断しています。



人は老いれば体のあちらこちらが錆び付き、徐々に壊れてきます。
彼女のような事例は明日は我が身であり、
持病を持つ者が老いを生きるということは、
とにもかくにも常にアンテナを張り巡らせて、対抗手段を持つことだと
つくづく思いました。
情報伝達手段を持たないものは、泣き寝入れを余儀なくされ、
良いように利用されるのみです。

彼女のご尊父様は要介護4の認定を受けているので
いつでも特養に入れそうなものですが、
現在3箇所に申し込み中ですが、
順番待ちが、もう3年目に入っているそうです。

彼女は前夫の下に子供を置いて離婚したという経由もあり
他に頼れる親族もありません。
更には加齢と介護によって、
両膝関節にもときどき激痛が走るようになってきたそうです。



老老介護共倒れも覚悟しているの...
午後2時までのパートの仕事から帰宅したらどこへも出かけないから、
1ヵ月に一回で良いから、夕方から夜にかけてワタシに電話をしてくれない?
もし父の介護中で電話に出られなかったら、
留守電に『生きてる?』って入れといて欲しいの。
折り返しあなたに「まだ生きてるわ」って電話をするわ。
でも、その日にあなたに電話がいかなかったら、
多分、父娘共に家で死んでるかも....そのときは事後の手配をお願いね。

と頼まれてしまいました。(。-_-。) マジな顔で・・。

私は彼女に生活保護受給を勧め、そういう申請に詳しい人を紹介するから。
と言ったのですが、
彼女にとっては生活保護は恥ずべきことであるようで、
「保護を受けるくらいなら父と二人で餓死したほうがマシよ!」
と返されてしまいました。

今は彼女とご尊父様が最悪の事態に陥らないように
生活保護受給は日本人として当然の権利である!」
と、彼女の180度の思考転換を願うのみです。


欲望に抗えない人間であればこそ、いくら自分が莫大な富を得ても
少しは貧乏人に回してやろう。などという考えは持つはずもなく、
ますます独り占めしたくなるのが、生身の人間であり、世の常でもあり、
トリクルダウンなど、100%有り得ないことを大人の皆様は知っているはずです。

td.png

国がこれ以上補助金等でおカネのかかる障害者や高齢の被介護者を
増やしたくない魂胆なのは見え見えです。
首相が選挙中に盛んに繰り返していた言葉で、「国民の命を守る
というのは、富裕層の命なのです。
ですが、富裕層の命を守るその前に、富裕層ではない数多の
名も無き人々の生活と暮らしを・・
特に上記の彼女のような人の生活と暮らしを最優先に守らなければ、
札びらという紙切れを数字上だけ動かして莫大な利益を得ている
富裕層の命も守れないと私は思いますけどね・・。

にほんブログ村ブログランキング
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : ひとりごとのようなもの ジャンル : 日記

tag : 障害認定見直し 老老介護共倒れ 生活保護受給 国民の命を守る トリクルダウン

Secret
(非公開コメント受付不可)

Re: いじめ屋アベ政権

>やっぱりジミントウが勝ってしまう変な国、日本。生きながらえるのもあと僅かにしましょうっと。

BABA様~ そんなことおっしゃらずに、ものすご~く長生きして、
いじめ屋アベが病死するのを見届けてニンマリしませんか?(笑)


いつも胸がスカッとしてユーモア溢れるコメントをありがとうございます。

良いお年をお迎えくださいませ。(*^_^*)
Re: 介護報酬
こんばんは。

おっしゃること、ごもっともです。
知り合いに要支援2の人がいます。
本人は股関節の人工関節置換後のリハビリと称して、
杖なしで、一人で電車とバスを乗り継いでプールに来て、
目いっぱい泳いで帰り、介護保険を使って掃除と食材の買い物は
ヘルパーさんに頼んでいるそうです。

まさに、ご指摘の『必要のないと思われる人が介護保険を使っている現状』
を目の当たりにしています。

利用する側も安易に利用すると、年下様が危惧されるように
「このままでは介護保険は続かないのでは・・」になりかねませんね。

>介護度の重い人と、その人を介護する職員に配分を多くして欲しいと思います。
   ↑ については大賛成です!

的確なご指摘をありがとうございました。
どうぞ、良いお年をお迎えくださいませね。 (*^_^*)
いじめ屋アベ政権
選挙が終わって、介護報酬云々と新聞の見出しを目にした私貧未亡人は、"おお、ようやく報酬アップなのね、良かった!!と勝手に勘違い。 なぬーよくよく老眼鏡を掛けて読んでみたら、正反対のことが書かれていた!全くあの連中の考えていることが分からん。なんで介護報酬が削減なんだろう?あれだけ大変でも心を尽くして御世話してくださる方々に。それに引き換え 訪問看護の医者どもには文句がある。二十四時間対応などとうたっておきながら、実は往診を頼んでも、御宅は木曜日の五時に決まっていますので、それまでお待ちください、と答えるばかり。それも火曜日の朝に具合が悪いので頼んでいるのに。そしてとうとうお医者様に見ていただくより先に命が尽きてしまったのだ。そしてその報酬は一回につき2万円以上。何にもせずに死に顔を見に来ただけ。何なのこれは?介護の方たちの報酬は五百何十円でしたよ。たっぷり時間を掛けて御世話してくださって。しかも二回分で。あまりの格差に目がテンに。これでは介護を仕事にしたい人が居ない訳だ。重労働の上に安月給。ひどすぎる。ひどすぎる。それなのに ああ それなのに やっぱりジミントウが勝ってしまう変な国、日本。生きながらえるのもあと僅かにしましょうっと。
介護報酬
 時々、読ませてもらってます。
内容には納得することも多いです。
介護報酬改定は一部仕方ないかな。。とも思います。
必要のないと思われる人が介護保険を使っている現状(私は介護職です)があるので、どうしても国は介護報酬の配分に対して厳しくするようになると思います。
 介護度の重い人と、その人を介護する職員に配分を多くして欲しいと思います。
杖なしで歩けて、自分で食べてトイレに行って、昼から帰るまで仲間とマージャン三昧。
このままでは介護保険は続かないのでは・・と見ていて思います。
検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ