*All archives* |  *Admin*

健全な野党と狂気の桜
相変わらず大小の余震が続いている。
7日深夜に発生した宮城県沖の地震で我がウサギ小屋も揺れに揺れた。
またこれで家が潰れて死ぬのかと思ったが、
金運も男運もないのに、悪運と命運だけはまだあるらしく、
再びなんとか生き延びられた。

その地震で女川原発と東通原発も綱渡り状態に陥ったらしい。
危機一髪でなんとか事故だけは避けられたようだが、
地震と津波だけは人類の英知を結集しても制御はできない。
なにしろ、エライ学者先生がのたまわれるように
想定外の出来事で対処できないこともあるそうなので、
数基同時原発事故による東日本沈没なんて
有り得ないで欲しいと願う日々である。


首都圏では生鮮食品の価格が徐々に上がってきた。
極一部の商品については今も品薄状態が続いている。
インフレ、もしかしたらハイパーインフレになるのでは?
と危惧しているが、
哀しいかな、これもどうすることもできない・・・。



さて、明日は統一地方選の投票日。
読む時間が無駄だと思いつつも、
新聞に折り込みされていた選挙公報の各候補者のマニフェストを読んでみた。

「わたくしが当選しました暁には、県は市は町は理想郷にしてみせます。」
のごとき、絵に描いた餅、又は絵空事を並べ立てたと思われる
美辞麗句を連ねただけの空虚な言葉が並んでいる。

昨日までは原発に対しては明言を避けていた
我が県の公明、民主、自民相乗りの知事候補が、
明日投票日という前日になってコロッと態度を変えて脱原発を掲げ、
「エネルギー問題に重点を・・」などと言い出した。
あんれまぁ、さすがはタレント候補。
仮面ライダーのごとき瞬時の変身ぶりにびっくらこいてしまった。

私が選挙権を得て数十年。
一度たりとも、ユートピア的マニフェストが実行されたり、
完成された形になったことはない。
間違えてでもいいから実行して欲しいと願ったこともあったが、
そんなことも今は昔の一炊の夢・・・・・
そんなものだと思って今まで生きてきた。
そしてこれからもそうだろう。


100億円をポンと寄付したIT長者の孫正義氏みたいな
極一部のお金持ちは、元々金持ちという、
下々の者には手の届かない「理想郷」にいるのだから、
資本を元手にすぐに100億円ぐらい取り返せるだろうが、
私のように孫に100円しかお小遣いを上げられない年金生活者の貧乏人には、
この世に生きてる限り、生き地獄は続き、
理想郷も桃源郷も息絶えるまで訪れることはない。

そんな中、
大連立に否定的=「健全野党」、谷垣氏に求める―小泉元首相2011年4月5日21時6分
自民党の谷垣禎一総裁は5日午後、都内で小泉純一郎元首相と会い、
党派を超えて東日本大震災の復興に取り組むため、
党内で容認論が広がる民主党との大連立について、意見を求めた。
小泉氏は「今は健全な野党の在り方をしっかり発揮すべきだ」と述べ、
政権の外から協力するのが望ましいとの考えを伝え、
谷垣氏は「全くその通りだ」と応じた。
会談後、谷垣氏は記者団に「政策の擦り合わせもない連立はない。
野党として徹底的に震災対応に協力すると言っており、
これをきちっとやる」と強調しつつ、
「これからも、いろんなことを見ないといけない」と述べ、
情勢を見極める姿勢を示した。  [時事通信社]


を読んで思った。

単に私が見逃しているだけかもしれないが、
自民党から、今回の災害と原発事故に対する発言をあまり見聞きしない。

自公政権時代にさんざん原発を推進しておいて、
その利権で甘い汁を吸いまくり、
食糧自給率を40%まで落とし、高齢者や障害者の福祉を削り、つまり弱者は切り捨て・・
大企業だけを優遇してきて、そして今、
にっちもさっちも行かなくなった原発事故にはだんまりを決め込み、
さらに、野落ちする前の自公連立政権時代の
過去の原発推進政策の責任を認める姿勢もほとんど見えてこない。

おまけに、自公連立政権時代の数々の悪政のせいで
未知との遭遇(防災の甘さと原発事故)に見舞われ、
悪戦苦闘しながら後始末させられている民主党を、
公明党の顔色を伺いながら、こき下ろすだけ・・。
元々は「同じ穴のムジナ」なのに、
今さら自分の党だけを「健全野党」などと強調し、
虚飾の言葉を使って健全を装う神経に呆れている。

呆れる・・というよりも、
初めから呆れているので何も期待はしていないが・・・。

健全の意味は、
[1] 体や精神に悪いところがなく、元気なさま。
[2] 状態や考え方が片寄らず普通であるさま。堅実で安心できるさま。
である。

顔の見えないことを良いことに、私がここで自称美人・・と冗談を言うのとは
言葉の意味のレヴェルが全く違う。


単に政府与党である民主党の暴走を阻止し、
監視することを意味するだけの健全野党発言なのであるならば、
それなら他の野党でも同じことになるが、
わざわざ自分の属する党だけを健全と名乗り強調するところに
この震災までをも利用しようとしている党利党略と、
もう水面下では画策しているであろう震災特需から得られる利権を狙っての、
狡猾な狸ジジィたちの意識した悪意を思わずにはいられない。



今、日本に対する世界の視点は地震や津波の被災状況ではなく、
原発事故の行方になっている。
震災前までは前政権の自民党、公明党が推進していた「原発ルネッサンス」が
民主党政権に於いても、言葉のオブラートに包み込み、明言は避けつつも、
基本的には原発推進は継続中である。

「原発難民」になってしまったフクシマの人々を思うとき、
土着民という農耕民族のDNAを持っている日本人が、
愛着のある故郷をに戻れずに根なし草にされてしまった
悔しさと切なさと虚しさは計り知れないだろうと推測できる。

一夜にして崩れ落ちるこの国の科学技術に対する危機管理意識と
その脆弱さを露見してしまったにも関わらず、
その自らの責任には触れもせずに、そっぽを向き、
未だに政権の座を虎視眈々と狙うことだけに執着する自称健全な野党がいるという現実・・。

いつだったかは忘れたが、
「己を見つめ、反省する心を持ち、恥を知る人は、
政権与党の政治家や大企業のオーナーにはなれない。」
と言っていた人がいた。
なるほど、見てる人は見てるものだと思った。
110409ri
遠き日の春に誰かと見たサクラあの日を忘れまた桜見ゆ
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : シニア・エッセイ ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

Re: NoTitle
あじさい様、お返事が遅くなりまして申し訳ありません。

> 「健全な野党と狂気の桜」から、文章を一部抜粋して載せてもよろしいでしょうか。


少し、考える時間を頂けるとありがたいのですが・・・。
NoTitle
共感しました。「老婆は一日にしてならず」を私のブログで紹介してもよろしいでしょうか。それと、「健全な野党と狂気の桜」から、文章を一部抜粋して載せてもよろしいでしょうか。まったく同感なので、あなたのブログの存在を私の読者にも知らせたいのですが…。
検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ