*All archives* |  *Admin*

脱原発と太陽光発電の不都合な真実
開け放した窓からは心地の好い温い風が部屋を吹き抜け、
どの桜樹から散ってきたのか、
窓からも桜の花びらがひとひら、ふたひらと舞い込んでくる。
瞬時には桜吹雪の光景も見える卯月半ば・・。
こんなにも平和で綺麗で澄んだ青空の許、
今なおニュースで見るTUNAMIが浚っていった東北の町の光景は、
どこか異次元世界で見た白昼夢であったかのような感覚に陥ることがある。

続く余震と先の見えない原発事故・・の渦中にありながら、
3.11から一ヶ月以上の月日を経た今、非日常であった日々が
そのことさえもすでに常態化し、今や日常になりつつある。
慣れとは怖いもので、震災関連のニュースを見聞きしていても、
どこか無感動になっている自分に気づき唖然とすることがある。


世間では、今はまだ脱原発志向の気運が強いが、
人の心は熱し易く覚め易く・・そして移ろい易い。
この社会が常に死というものを覆い隠すように、
明日には自分が被災者になるかもしれないということからも目を逸らし、
そしてやがては、被災地や被災者のことも見ないようにして、
徐々に脱原発熱は冷めてゆき、
また再び原発に頼る煌々とした明るさを求め、
欲望を満たしてくれる享楽の世界に浸りたいと願うのだろうか・・。


基本的に原発は国の政策である。
原発事故を目の当たりにしていながらも、
先の統一地方選では原発を推進or容認する政党
(自民、民主 公明)の議員が上位当選した。

大多数が今も原発を容認していると見ていいのだろうか・・?
それとも、候補者の実現不可能な良いことばかりを
並べ立てた表向きの目くらまし策略に騙された?

結果が出てしまったので今さらどうでもいいが・・・
それでも脱原発を願うのなら、
今までの便利で快適な生活の半分を切り捨てる覚悟がなければ、
原発に頼らない生活は成り立たない。

医療関連施設とかは別にして、
一般家庭の人々が計画停電ごときに苦情を言うようでは、
今の生活を捨てる覚悟はないと見做され、脱原発は叶わない。
大地震と想定外のTUNAMIと放射性物質の飛散と汚染の恐怖に怯えながら、
原発から送られてくる電気で、今までと同じ生活を送るしか道はない。

それでも、過去に原発裁判を起こした人々が大勢存在したように、
今後は声高に脱原発、反原発を叫び続ける人は増え続けるだろう。

私自身は、今後は時間をかけて脱原発を目指し、
自然利用のエネルギーに徐々にシフトして行って欲しいと願っている。

原発に代わる代替エネルギーには課題も多く、
どのぐらいの時間と費用を要するのかも判らないが、
私にはもう時間がないので、次世代の人々の為に、
是非とも熱意ある若い研究家or専門家の方々に、
一部の政財界人の懐だけが潤う形ではない、ローコスト、ローリスクの
自然利用のエネルギーの研究とその実現を進めて頂きたい。



そんな折り、この夏の電力不足の不安を煽るかのように、
某太陽光パネル販売会社から、
セールスマニュアルを棒読みしているかのような勧誘電話が来た。

「福島第一原発事故の影響で、
今年の夏は東京電力管内では確実に電力不足になります。
この夏までにお宅様の屋根に太陽光パネル設置を間に合わせることができます。
つきましては、ソーラー発電とエコキュートについて是非とも説明に伺いたい。
補助金などの申請ができるのでお得です。
今は特典期間中です。必ず元が取れます。」


等々の、一方的に美味しい言葉だけを並べたてられた。

これも当たり前だが、
太陽光発電パネルの寿命や設置後のメンテナンス、
発電量のチェックや点検の煩わしさ、
パネル交換発生の割合や耐用年数などの不都合な真実は絶対に言わない。



今年の夏の電力不足など、わざわざ他人様に言われんでも判っとるちゅうに、
どこでどう調べたのか?我が家の契約アンペアまで知っている。
さては、東京電力の関連会社か?またはその手先か?回しものか?
それとも、膨大な額になる原発事故対策費にかこつけて、
少しでも利益を出すために東京電力が故意に顧客名簿を流している?

友人が、「電気代がほとんどいらなくなる。」と勧められて、
屋根に太陽電池パネルを付け、同時にオール電化にして数年が経つが、
「初期投資に見合うほど電気代が安くならないし、メンテナンスも大変なのよ。」
といつもこぼしている。


倹しい年金生活ではウサギ小屋に太陽電池パネルを取りつける
初期投資費用など逆立ちしても出てこない。
出先で無料で貰って来た団扇がいっぱいあるけん、
ソーラー発電もエコキュートも余計なお世話じゃて。( 一一)


10日に我が県の知事様になられたお方が、
選挙公約で無料で4年間で200万戸の太陽光発電パネル設置を目標とし、
今夏までに5万~15万戸に設置するとのたまわれていたので
仄かな期待?をしていたが、
電光石火のごとく、11日には「公約は修正させていただく。」
とのたまわれた。
あんれまぁ・・・当選した翌日にはあんなに美味しそうな餌(公約)
をただちに反故にするとは。さすがは自公民の相乗り推薦知事様。
故大沢親分が言っていたように「あっぱれ!」と言うしかない。
まぁ、政治とは物心付いた頃からそんなものであると思っているので、
別に今更驚きもせず、どうということはないが・・・。
110416r
ひとひらの桜花となりて風に舞ふ夢よ覚めるな四月のアンニュイ 
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : シニア・エッセイ ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

Re: 悲観的?
michyさん。コメントありがとうございます。

> 国が次の地震で壊滅するより光、風、バイオマス、地熱などに技術を傾注すべきでしょうね。

はい♪是非ともそのようになることを願っています。
次世代の為にも・・。v-354
悲観的?
おっしゃることはわかります。国が次の地震で壊滅するより光、風、バイオマス、地熱などに技術を傾注すべきでしょうね。
Re: NoTitle
山猫軒様。はじめまして。

山猫軒様の「詩の料理店」をじっくりと拝読させていただきました。

> 適度なへそ曲がりでどちらかといえば悲観論者です。

「適度」とおっしゃるところがなんとも言い得て妙で、
さすが、詩人様。言葉の達人とお見受け致しました。

私はさしづめ、「ニュートラルなひねくれ人」であり、
「ファジーなたそがれ人」でしょうか・・。

コメント感謝致します。ご訪問ありがとうございます。v-252

NoTitle
はじめまして。山猫軒と申します。
老いぼれのネコ好き詩人でもあります。
適度なへそ曲がりでどちらかといえば悲観論者です。
タイトルが面白くて訪問いたしました。
原発事故のことなど共感するところがおおいにあり、コメントの書き込みを致しました。
TVと大マスコミに愛想を尽かして新聞TV雑誌をやめてしばらくたちます。

これから時々お邪魔いたしますのでご迷惑でしょうが見て見ぬふりをお願いいたします。
検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ