*All archives* |  *Admin*

原発の是非を問う論文と漫画が電子書籍で無料公開
原発の是非を問う論文と漫画が電子書籍で無料公開中です。
もし、興味がおありでしたら、ご覧くださいませ。

岩波書店が雑誌『世界』『科学』の一部を期間限定で無料公開しています。

以下引用
雑誌『世界』『科学』の一部論文を、著者の方々の了解を得て、
当面の間、無料公開いたします。
今回の福島原発事故や原子力政策を考えるうえで参考にしていただければ幸いです。
(PDFファイルに直接リンクしています)

『世界』2011年1月号の特集「原子力復興という危険な夢」のうち、次の3論文

マイケル・シュナイダー/田窪雅文訳
「原子力のたそがれ──米・仏・独のエネルギー政策分析から浮かび上がる再生可能エネルギーの優位性」

明石昇二郎
「原発輸出──これだけのリスク」

葉上太郎
「原発頼みは一炊の夢か──福島県双葉町が陥った財政難」

『科学』の次の2論文
青山道夫大原利眞小村和久
「動燃東海事故による放射性セシウムの関東平野への広がり」(1999年1月号)

石橋克彦
「原発震災──破滅を避けるために」(1997年10月号)





他にも、潮出版社が原発の是非を問うた作品「パエトーン」を無料公開しています。



以下引用
漫画家の山岸凉子さんが、
チェルノブイリ原子力発電所の事故後に原発の是非を問うた作品
パエトーン」を、電子書籍の形で無料公開している。
福島の原発事故直後、ネット上で話題になったのがきっかけ。
先月25日の公開以来、15万回以上読まれている。
チェルノブイリ事故から2年後の1988年に発表した。
ギリシャ神話に出てくる高慢な少年パエトーンは、
太陽神の日輪の馬車を暴走させ、あわや地球を焼き尽くしそうになる。
作品はこのパエトーンを、原子力を制御できると信じる人間に重ねて描く。
さらに原発の仕組みや日本の原発分布、日本で事故が起きた場合の影響などを、
図入りで説明している。
公開した潮出版社によると、福島の事故直後、ネット上で
「まさにパエトーンの状態だ」と話題になり、山岸さんに知らせると、
「ぜひ無料公開したい」と返事があったという。
チェルノブイリ事故後、山岸さんは原発について本で学び、
「今、日本で起きてもおかしくない」と危機感を覚えたという。  
「原発は、ひとたび事故が起きれば人間の力で制御できないほどのエネルギーを持つ。
メリットに対するリスクが大きすぎ、25年前と危険は少しも変わっていない。
原発について、一人でも多くの人に考えてもらいたい」と話す。
潮出版社のホームページ(http://usio.feliseed.net/paetone/)









今まで、原発のことなど気にも留めず、また興味も関心もなく、
安全神話を信じ、いたずらに歳を重ねてきてしまいました。
そして、この未曾有の大震災に遭遇して初めて、
原発に警鐘を鳴らされていた方々が大勢いらっしゃったことを知りました。

目と鼻の先にある隣町の海沿いには某大手企業の原子炉研究施設があり、
教育訓練の為の臨界状態を観察するのが目的の「研究用原子炉」が存在し、
小規模ながらも、年間50~60日程度稼働しているということも知りました。

烏合の衆であり続けたことを恥じながら、
最期の日が訪れるまで、少しでも人間として成長できれば・・
と思っています。

明日も私がこの地に存在しているかどうかは定かではありませんが、
これからも、私という愚かな人間がこの時代に存在していたという証として、
また、遺稿変わりに、拙い世迷言を綴っていきたいと思っています。

稚拙な記事ながらも、アップ後に訪れてくださる皆様に感謝しつつ・・・。
110417r
一生(ひとよ)とは邯鄲の夢かもしれぬ極彩色の花見るごとく
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : みんなに知ってもらいたい ジャンル : 日記

tag : パエトーン マイケル・シュナイダー 明石昇二郎 葉上太郎 青山道夫 大原利眞 小村和久 石橋克彦

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ