*All archives* |  *Admin*

我欲と共に妻害も忘れた頃にやってくる。
今日、小雨降る時間帯に市営プールに行ったら、
震災後初めて顔を見せたケバメイクで有名なお婆様がいた。

爺婆の仲間内では一ヶ月も顔を見せないと、
不治の病に罹っていてもう長くないらしいとか、
もう鬼籍に入ったらしいとかの、風評被害的噂が流れるのが常なので、
まだ元気で生きているというのに勝手に仏様にされてはたまらないと、
生きているという証拠を見せに来たらしい。

ところが、いつもご夫婦で見えるのに、今日は奥様(70歳)が独り。
「あら、今日はご主人様は?」と訊ねたら、犬も食わないケンカ中とか。
そのケンカの原因を聴いて大笑いしてしまった。

あの3.11.PM2:46には、ご主人様(78歳)はパチンコ屋にいて、
他の客はすぐ店外に逃げたのに、
ご主人様だけは店内に散らばったパチンコ玉で、
何回も滑って転んで店外に出られず、
おまけに足をくじき、
パチンコ屋の店員二人に抱えられて家まで送って貰ったそうな。

そして、くじいた足も治りかけた頃に来た4月11日17時16分の強大な余震のときに、
妻の身も案じないで、ご主人様が犬だけを抱え、一目散に外に逃げ出したとか。
妻よりも飼い犬の命のほうが大事なの~!
と立腹し、今もケバメイクお婆奥様からは口を聞いていないとか。

そして、堰を切ったように、ご主人様への不平不満を言うわ言うわ。


「今までね、気持ちは尊敬するマザー・テレサ
顔はあのお綺麗なデ○ィ夫人のつもりで主人を支えてきたけど、
もう我慢の限界よ。
それでね。ナス代さん。
いつも主人がライバル視してる都知事の石原さんは主人と同い年なのよ。
同じ歳で同じ人間なのに、どうしてこうも違うのかしらね?
主人は日がな一日パチンコ屋に入り浸りで、
パチンコ屋を儲けさせるだけ儲けさせて、
負けて帰って来ては、ムスッとして、
テレビが恋人とばかりにソファから動かずに
飯、風呂、寝る、しか言わないし、
おまけに頭はお寂し山で、みっともないメタボなのよ。
こんな甲斐性のない我欲だけの主人の為に
私が今までどれだけ泣かされてきたことか。
私のこれまでの人生ってなんだったのかしら?
無給の家政婦?それとも女奴隷?
あんな人との生活なんて耐えられないわ。
もう一度人生をやり直せるものなら、
石原○太郎さんみたいに頼りがいがあって、
素敵でバイタリティ溢れるような人とやり直したいわ。
だからね。
これからは自分に為にだけ生きることに決めたのよ。
先ずは若返りよね。
それで、内側と外側からアンチエイジングにせいを出そうと思って、
思い切って3万円の基礎化粧品とCoQ10を買ったのよ。
それに、今朝なんかね。私の機嫌を取るためだと思うんだけど、
普段は絶対に行かない犬の散歩に行って、
放射能雨に当たって頭がハゲたみたいだから見てくれないか?
なんて、バカみたいなことを言うのよ。
元々頭なんて磯野家の波平さんみたいに手入れするほどの毛もないのに、
月に一度は大枚を払って理容院に行くのよ。なんてバカな主人のかしら。
ホントにもう愛想が尽きたわよ。」

と、さんざん悪態を付いていましたが、
言うだけ言ったおかげでしょうか、
一方的な話を聴いて差しあげていましたら、
スッキリされたお顔をされておりました。

人生をやり直したいという気力だけは応援したいのですが、
老いてなお、大いなる野心が枯れもせず、
有り余る資産と政財界との太いパイプと人脈と麗しき美貌をお持ちの
デ○ィ夫人様のような、
華麗で優雅な経歴をお持ちのケバメイクのお婆様ならいざ知らず、
今さらどんなにアンチエイジングに励んでも、
無駄な抵抗としか思えない、
やたら化粧が濃いだけの、そこら辺の70歳のお婆様では、
もう他の殿方とやり直すのは無理でございましょう。

引き合いに出された、
聖女マザー・テレサ女史と
都知事の石原○太郎氏とデ○ィ夫人様の因果関係は、
彼女の思考形態の中に存在する事実ではあっても、
私にはその関連性を知る由はありませんが、
私は、聖女と言われるマザー・テレサも絶対神(主)にただ愛されたい、
そして、神に愛された徴(しるし)を感じたいという我欲から、
病める人々や貧しき人々や死にゆく人々を
神の子イエスに見立てていたのであろうと
勝手に解釈しています。


大震災の被災者にもならずに、70歳と78歳の老夫婦が
今もケンカをする気力があるほど元気で、
加えて「おふたりさま」で今を生かされているということに感謝したら?
と、怒れる鬼婆様を諌めるように、
老婆ながら老婆心を持って、
一回り近くも人生の先輩であるお婆様に、
若輩者の私が余計なお世話で善人ぶって、
ありきたりな言葉を駆使して、助言をさせて頂いたのですが、
所詮、人間は幾つになっても自らを顧みず、
自分にとって不都合なことは全て相手のせいにして、
都合の良いことだけを相手に求めるという、
我欲の塊」なのでございましょうか・・。
110419r
ただここにいるしかなくてここにおり篭の小禽が飛び出せぬごと
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : シニア・エッセイ ジャンル : 日記

tag : 我欲 我欲の塊 聖女 マザー・テレサ ケバメイク 風評被害

Secret
(非公開コメント受付不可)

Re: NoTitle
トントン様。はじめまして。

私が行くプールでは、
古い順にそれぞれのブループが出来上がっていまして、
何故か?どのグループにも女親分風な人がいて、
小さな小さな権力社会の構図が見え隠れしています。

私がプールに行く目的は自身の健康維持のためであり、
プール外での遊び仲間作りではないので、
属するグループ(単に気の合う人たちが集まっただけ・・)
以外の方々にはクールな態度で接して、
ひたすらスイミングに励んでいます。
 バシャバシャ______ヽ.゚o。___へ(;`O´)___ クロール  
NoTitle
はじめまして

痛快でございました。

我がスイミング仲間・・愚痴の聞き役から
挙句の果ては、助言が気に入らんと、陰口
まったくもって
女も男も友人、お仲間とは信用ならんもんだ・・が
正直な思いの日々

聞き役のあなたが賢明だからですね
検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ