*All archives* |  *Admin*

市場の拡大と技術革新によって風力の発電コストは下がってきていて、世界計では風力発電能力が原発を上回る。発電量は3分の1。日本ではイチエフの過酷事故を体験したにも関わらず、原子力ムラのカネの亡者共が原発利権に群がる。彼らとそのおこぼれにあずる人々は、カネよりも大切なものがあること目覚めることはないのだろうか・・。

Before__wind

RT @remember919: TPP参加により、庶民は病院に行けなくなります。TPP賛成派の東京のテレビ局は絶対に言わない真実です。ぜひ皆さんの口から、テレビしか見ない人たちへこの事実を。 https://t.co/jtv9YeUntj
01-02 15:06

RT @x__ok: 【速報】朝生で自民党議員が一般人(建築板金業)を装って「民主党政権時代よりよくなった」と発言 | netgeek https://t.co/shdOAZidtr これもそうだが、もっと何でもやっているキタナイ自民党。
01-02 15:07

RT @akahataseiji: 元日の夕暮れ、一駅離れた神社へ初詣する前に見てしまった。党名と党首を変える前のポスター。見てはならないものを見た感じ。過去も未来もない政党がある。神社出口の広報板には、あのポスター。署名用紙は見当たらなかった。(津) https://t.co
01-02 15:08

RT @remember919: 自民党の通した国民投票法では「国民の過半数」ではなく「有効投票総数の過半数」で憲法改正されてしまう。しかも一括投票方法だと、環境権には賛成でも緊急事態条項には反対といった声がすべて「賛成」扱いに。組織票を持つ権力者に極めて有利だ。https:/…
01-02 15:09

RT @ihayoichi: 「AERA」インタビューで古舘伊知郎氏が「もう口にさるぐつわした状態で10年たったわけです」といきなり不満。政府が報道ステーション見直しを示唆との情報もあり、古舘伊知郎氏は潰される前に言いたいことをぶち撒けたという感じなのだという。 https:/…
01-02 15:17

東京新聞:防衛装備庁、中古武器輸出を検討「無償・低価格」特例法で:同庁装備政策課は新興国を念頭に「関係を強化して安全保障環境を安定させる上でも、新たな法整備は必要だ」とするが、「日本周辺国の軍備増強を助長する」と懸念する声もある。 https://t.co/WhUWoezDjd
01-02 15:45

RT @alexbk09: @Showamamma かつて「朝まで生テレビ」は文字通り朝6時まで生放送を続け論議自体がタブー視されていた天皇制を主題にきっちりと論じ合ったものだった。そこに政党の都合など入り込む余地などなかったものだ。が、今回、自民党の恥ずべき愚行が番組自体…
01-02 15:52

RT @kouzai2007: 慰安婦問題の解決に向けて前進。ただし真の解決のためには歴史に誠実に向き合うことが大切。お詫びと10億円で「忘れて」「水に流して」という態度、ましてやあの侵略戦争を美化する総本山の靖国神社を参拝し、ヘイトスピーチなど続けるのなら、みずから「日韓新時…
01-02 15:54

風力発電能力、原発を上回る。世界計、発電量は3分の1:朝日新聞市場の拡大と技術革新によって風力の発電コストは下がってきている。昨年は1キロワット時あたり6~9セント(約7~11円)で、火力発電の4・5~14セントと並んでいる。 https://t.co/ORiym0brqz
01-02 17:36


にほんブログ村ブログランキング
関連記事

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ



テーマ : みんなに知ってもらいたい ジャンル : 日記

Secret
(非公開コメント受付不可)

検索フォーム
人気ブログランキング
にほんブログ村
福島は今...
プロフィール
Author:千風
気が付けば、シニア.........。 老眼鏡無しには新聞も本も読めず、 体の各部位が少しづつ、 壊れゆく 今日この頃、 この世での 残り時間を思うと、気持ちだけはアセアセ、ジタバタ、 ドタバタ。 心に反比例して 体の動きは うだうだ、だらだら、 とろとろ、のんべんだらりん、だらだらりん・・ついでに座布団に つまづいて すってんころりん。 ころころりん・・。 そんな明日をも知れぬ シニア女が老いと死の狭間で 揺れ動く、 切なくも哀しい乙女心。 じゃなかった・・(^_^;) 「お婆心?」を 時には超真面目に、 また或る時はユーモラスに、 独断と偏見思考で綴っています。
最新の世迷言
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
お気に入りブログ
ブロとも申請フォーム
読書メモⅠ
商品紹介
Twitter
読書メモⅡ
永遠の世界への旅立ちグッズ